魚醤と言えばナンプラーが有名ですが、実はアジア各国にその国オリジナルの魚醤が存在しています。
もちろん日本にもありますが、私が好きなのは韓国の「エクジョッ」と呼ばれている魚醤です。

今回は、韓国の魚醤と家庭菜園で作った唐辛子を使って「生唐辛子とにんにくの魚醤&しょうゆ漬け」を作ります。
もちろんナンプラーでもOKなのですが、ナンプラーだとアジア料理には合うけど、普段の料理には癖が若干強いかも!?

【漬物】韓国の魚醤は使いやすい

韓国の魚醤

「エクジョッ」はキムチを作る時に使われたりするのですが、ナンプラーほど癖が強くなくて、ラーメンや雑炊に入れても美味しいのです。
韓国ではクッパの隠し味に使ったりもします。
これを使って、簡単に漬物を作ったりもできるので、基本の調味料として1本あると、とっても便利です!!

韓国魚醤で漬物

漬物にする野菜は、酵素たっぷりの白菜が1番おすすめ。
キュウリや大根なんかも、エクジョッで簡単に漬物が作れます。

まず切った野菜に、軽〜く塩をまぶして、容器に入れます。
そして、昆布などを入れてからエクジョッを少量(だいたいいつも目分量なのです)入れて、手で混ぜて、フタをしてしばらく置いておく。
これだけ。

エクジョッ自体も塩っからいので、塩&エクジョッは入れ過ぎに注意です。
足りないかな?くらいでOK。

エクジョッで漬物

浅漬けで食べてもいいけど、私はチビチビと1週間くらいかけて食べています。
そして、エクジョを使った漬物を食べていると、ウ○コの出がすこぶる良いです。

sponsored link

生唐辛子とにんにくの魚醤&しょうゆ漬け

生唐辛子しょうゆ漬け

今度は、エクジョッを使って、辛い調味料を作ってみました。
イメージとしては、マレーシアとかでシンガポールの屋台で出てくるやつです。
チキンライスとか麺類にかけて食べる「唐辛子の漬かった醤油」みたいなやつ。

あれ、辛いけど、ラーメンとかチャーハンに入れると美味しいんだよね〜♪

材料

  • 生唐辛子 適量
  • にんにく 1片
  • 醤油 100ml
  • 韓国の魚醤 30ml

唐辛子は家庭菜園(トドFARM)でとれた唐辛子です。
赤くなっていない緑の状態のも混ぜます。
緑の方が辛いんだとか!?

生唐辛子
【1】唐辛子を適量
生の唐辛子を使ったけど、乾燥したやつでもOK。
乾燥唐辛子の方が辛味が強くなる、

空き瓶は熱湯消毒
【2】ビンを用意
空き瓶を熱湯で消毒しておく。

唐辛子を刻む
【3】唐辛子を刻む
唐辛子を、こんな感じに輪切りにします。

にんにくみじん切り
【4】にんにくを刻む
にんにくを荒めのみじん切りにする。

唐辛子にんにくの魚醤漬け
【5】醤油&エクジョに浸ける
醤油100mlにエクジョッ30mlくらいを入れて、その中に刻んだ唐辛子とにんにくを入れる。
これで完成!!

醤油だけよりも、エクジョッのうま味が加わるので、美味しいソースになりました。
ラーメンやチャーハン、餃子・雑炊・炒め物・焼き魚なんかに、スプーン1杯弱くらいのソースをかけるとまいう〜です。
和食にも合います。

sponsored link