トド6兄弟とくちびるげ
東京に住んでるんじゃないかってくらいの出現率・くちびるげと赤塚不二夫会館に行って来た。
おそ松さんにどハマりしていたくちびるげと、台風で大雨の青梅駅で待ち合わせ。

しかし、「何で赤塚会館は青梅なの??」とくちびるげに尋ねてみたんだけど・・どうやら、青梅とはたいして深い関わりはない様ですね。

青海じゃないよ!青梅にある赤塚不二夫会館

最近のニュースで、青海と間違えて青梅に集合してしまったマラソン大会がありましたが、赤塚不二夫会館は青海ではなく青梅にあります。

青梅駅・赤塚不二夫

青梅駅には赤塚不二夫や、古い映画関連の展示物がたくさんあります。

青梅駅・赤塚不二夫

ちょうど駅の改札を出たあたりにあるバカボンのパパの置物の下あたりに、色々なパンフレット類が置いてあるのですが・・

赤塚不二夫会館割引チケット

そこに、赤塚不二夫会館を含む昭和を楽しむ三館めぐり割引券が置いてあります!!
青梅には赤塚会館以外にも「昭和レトロ商品博物館」と「昭和幻灯館」というのがある様です。
せっかくなので、この割引チケットを使って三館めぐりすることにします。

肉は一松

青梅駅から歩いている途中に「肉は一松」という肉屋を発見。
おそ松さん好きな腐女子たちの萌えポイントだと思われます。
くちびるげも鼻息を荒くしながら写真を撮っていた。

sponsored link

赤塚不二夫会館の中

赤塚不二夫会館

まず、若かりし頃の赤塚先生が迎えてくれます。
俳優並みにカッコいいです。

赤塚不二夫会館イヤミ

おそ松さんでは、おそ松兄弟が主役だけど、私の世代のおそ松くん(平成版おそ松くん)ではイヤミが主役だったのです!多分。

▼「正直者はバカざんす。マヌケざんす。アホざんす。」
赤塚不二夫会館

▼そして、当時の6つ子は全員が全く同じ顔でした。
赤塚不二夫会館

イヤミと言えば、おフランス帰りという設定(?)ですが・・
履歴書によると、フランスには行っていない様です。

▼イヤミの履歴書
赤塚不二夫会館イヤミの履歴書

しかし、イヤミのシェーポーズはヨガのポーズに取り入れたいくらい素晴らしいポーズですね。

赤塚不二夫会館

ヒザを曲げて、片足つま先立ちです。
難易度高い!!

+ + + + +

のぞき穴がありました。

赤塚不二夫会館のぞき穴

穴があると覗きたくなるのは、何故なのか。
不思議ですね。
そんな、覗きたい欲求を満たしてくれる「のぞき穴」です。

赤塚不二夫会館

覗いてみると、赤塚先生の裸体が・・

赤塚不二夫の天才的な表現力

最近の漫画って、どれも絵が上手で素晴らしい作品が多いですよね。
ネットの普及で、素人の絵もたくさん見られる様な時代になりましたが、本当に上手だなぁって思います。
これが素人なの!?ってレベルの人が多い。

でもね。

下品で下手な絵しか描けない私が言うのも何ですが、画力や構図なんてのは、練習すれば誰でもある程度は身に付くもんですよね。
でも「感性」と言うか「表現力」と言うか・・そういったもんは、なかなか練習しても身に付かない。

と、赤塚先生のこの漫画を見て、あらためて感じたんです。

それが、これ。

赤塚不二夫会館の馬糞漫画

この表現力・・デスピサロ級ですよ。
才能ってこういうもんだよな、と。

馬のケツの穴で1コマ埋める、とか。
でも、それだけで何か面白い、とか。
よ〜く見ると、保安官の顔はアウトなんじゃないか・・、とか。
もう、芸術が爆発しまくってますよね。
天才って凄いなぁ〜

赤塚不二夫会館うなぎ犬

憧れのトキワ荘

2階の展示スペースには、トキワ荘のジオラマや、貴重な漫画の原画等が展示されていました。
(原画の方は撮影禁止なので、省略。)

トキワ荘ジオラマ

トキワ荘は、西武池袋線の椎名町(池袋から1駅)のあたりに存在したアパートで、有名な漫画家たちが住んでいた有名なアパートです。
残念ながら、現在は取り壊されちゃってますが・・トキワ荘復活プロジェクトなどもあるらしいので、今後に期待。

実は、私はこの近辺に住んでいた事があるのですが、池袋の隣の駅なのに、ぜんぜん騒がしく無くて、良い感じの住宅街でした。
これといって洒落た店があるわけでは無いけど、とっても住みやすい地域です。

▼当時のトキワ荘のイメージ
トキワ荘を再現

私はずっと、こういう所に住んでみたいなって思ってたんです。
てゆうか、こういった感じの古いアパートにばっか住んでいます。
傾いた感じの木造アパートが好物なのです。

▼現在の私のアパート
トドの住処

古い家って、何でこんなに落ち着くんだろう。
トキワ荘が現存していたら、間違いなく入居していただろうなぁ。

トキワ荘ジオラマ

トキワ荘ジオラマ

トキワ荘ジオラマ

トキワ荘ジオラマ

※ここのジオラマは、良く出来てるんだけど、展示の位置が良く無くて、反対側が見えないんですよね・・もったいないな。

赤塚不二夫会館の土産物

最後にお土産コーナーを見て終了。
バカ田大学のスリッパを買いそうになったけど、冷静に考えて使う所がないのでやめました。

「昭和レトロ商品博物館」と「昭和幻灯館」

昭和レトロ商品博物館の看板犬?

さて次は、おまけの「昭和レトロ商品博物館」に行ってみます。
「赤塚不二夫会館」のすぐ隣にあります。

昭和レトロ商品博物館

昭和レトロ商品博物館

昭和レトロ商品博物館

古い物が展示されてて、なかなか楽しめました。
さて、お次ぎは「昭和幻灯館」です。
でも、幻灯館ってなんだ??

幻灯館

・・・。
ここは、何なのか分かりませんでした。
勉強不足でスマン。
落ちぶれてスマン。
落ちぶれても元上流家庭なので、割引チケットを使って100円コーヒーを飲んでから帰りました。

青梅の三館めぐりチケット

青梅は東京とは思えない、のんびりとした雰囲気で、私の将来住みたい町ナンバー2くらいの良い町でした。

赤塚不二夫会館記念撮影

sponsored link