焼肉食べるトド江たん

私は決して「おひとりさま」が好きなわけでは無いのだが、一緒に行ってくれる人がいないので結果「おひとりさま」になることが多い。
今日も「安楽亭のランチに行くぞ♪」と誘ったのだが、弟子にハッキリと断られたので、1人焼肉ランチをすることになった。

安楽亭

安楽亭のランチは、500円台からあります。
ランチタイムは、なんと夕方の17時まで!
しかも土・日・祝日もやってます。

安楽亭menu

1番安いのが540円(税抜き)の豚カルビランチで、豚カルビ100gにご飯とスープとキムチがついてきます!!(2015年7月現在の情報)
今日は豚カルビを150gに増量して、50円プラスでキムチにサラダも付けて、昼間っからビールまで注文してみました。
しめて1,382円です。

安楽亭ランチ
注文の品は全部でこんな感じです。

焼肉焼いて
はい、焼いて〜

タレに付けて
つけて〜

ご飯に乗せて食べる
乗せて、食べます。

白いご飯と焼肉・・幸せだなぁ。

sponsored link

焼肉に乗ってるネギの焼き方

焼いて食べて飲んでを繰り返していると、ふと気になる問題が発生。
もうね、これは昔っから思ってたんですけどね・・

焼肉のネギ問題
この肉に乗っているネギはどうやって食べたらいいんでしょうか?!

生肉の上(しかも豚)に乗っているので、火を通さないと嫌なんですが・・

肉の上のネギを焼く

1.ネギを網に置いて焼く

ネギが網に落ちる

2.ネギが網から落ちるorz

結局ネギは網の下に落ちて終わります。
しかし、今日は諦めずにネギを焼いて食べてやるぞ!と決めて、どうやったら正解なのかを考えた。

結果・・

焼肉の上のネギ問題

肉の上に置いてジワジワ火が通るのを待つ事にしました。
肉から伝わる熱でじっくりとネギに火を通す作戦です。

焼肉の上のネギ問題
焼けてきたら一旦ネギを横に置いて、肉を裏返して、またネギを乗せる。

強火だと肉が先に焼けてしまい、ネギに熱が通らないままなので、隅の方でじっくりと「ネギ乗せ肉」を焼きます。
こうした地味な作業を繰り返し、どうにか肉の上に乗っているネギを食べる事に成功したのであります。

1人で焼肉ってどうなの!?

ちょっと前までは「いやいやいや、1人で焼肉なんて(笑)」という感じだったが、最近は良く見かけますよ「1人焼肉」。
高級店で1人は、さすがに入りにくいけれど、安楽亭レベルなら余裕だし、他にも「おひとりさま」がいることが多いのでおすすめです。

安楽亭の席は基本的に4人以上の広い席なので、1人で使用するのはちょっと申し訳ない・・
と思うかもしれないが、混んでいる店でも昼時を外せば割と空いているので気にする事はない。
しかも敷居が高いので、他の席のお客さんと目が合う事などなく、1人でも堂々と焼肉を楽しむ事が出来る。

1人焼肉完食

ごちそうさまでした。

詳しい情報は安楽亭の公式サイトを見てね。
安楽亭のランチメニュー

sponsored link