ダバダ〜・・
美味しい珈琲豆探しをしながら、日々の珈琲ライフも楽しんでいるトド島です。
今回は愛用中のコーヒーミルをご紹介します。

コーヒーミルは絶対フタ付きがイイヨ!!

カリタのコーヒーミル

私の使っているコーヒーミルは、カリタの手挽きコーヒーミル(KH-5)です。
フタ付きで、値段も手頃だし、形も可愛いのでコーヒー初心者にはおすすめのコーヒーミルです。

最初は、どんな風に豆が挽かれるのかを見たくて、フタを空けてゴリゴリ豆を挽いてみたのですが、豆が飛びまくって大変でした。
フタがないコーヒーミルも売られているけど、コツをつかめばうまく挽けるのかな??
私がフタ無しのミルを使ったら、挽き終わる頃にはほとんどの豆が飛び散っちゃってると思います。

だから、初心者は絶対にフタ付きのものがイイですよ!!

実際に珈琲豆を挽いてみます。
まずは、珈琲豆をミルに入れます。

コーヒーミルの使い方1

コーヒー1杯分は10gです。
メジャーカップを使うと、1杯がちょうど10g分なので便利です。

コーヒーミルの使い方2

コーヒー豆がこぼれない様にコーヒーミルに入れます。

コーヒーミルの使い方3

このままフタを閉めずに豆を挽いてみたら・・飛び散りました。

コーヒーミルの使い方4

フタはキチッと閉めてから、ハンドルを回して珈琲豆を挽きます。
最初は楽しいんだけど、この作業が以外と大変です。
1杯分の豆を挽くだけでも、思ったよりも時間がかかります。
特に細挽きは、かなり時間がかかります。

豆の挽き方の設定は、ネジの所をいじって調節できます。
カリタのミルの場合はカリタのサイトに方法が載ってます ▷ カリタの手挽きミルの挽き目調整方法

コーヒーミルの使い方5

挽いた粉は、下の部分にたまっています。
出来るだけ同じ力加減と同じスピードでハンドルを回して挽くのがポイントです。

コーヒーミルの使い方6

その後は、普通に挽いた粉でコーヒーを入れます。
この時点でかなりコーヒーの良い香りが部屋中に漂っています。
お店で挽いてもらった珈琲豆では、ここまで香りを楽しめないので、これも自分で珈琲豆を挽くメリットです。

コーヒーの入れ方

う〜ん、良いかほり♪

sponsored link

コーヒードリッパーと計量スプーン

カリタのドリッパーとスプーン

コーヒードリッパーとメジャーカップもミルと同じくカリタで揃えました。
カリタの陶器製ドリッパー(ロト)は、ブラウンとホワイトとブラックの3種類あるのですが、なぜかブラウンだけは日本製です。
3つとも値段は手頃なのに、ブラウンだけ日本製だったので当然ブラウンを購入しました\(^o^)/

こうやって、道具を揃えることが楽しくなって来ちゃうと、もっと良いやつを・・とかなっていって、コーヒー貧乏になるのかもしれません。

sponsored link