カルグクスのレシピ
2人分 60分 250円

韓国風うどんとも呼ばれるカルグクスを、手打ち麺で作ってみます。
ポイントはきな粉で、きな粉を入れる事によって香ばしい麺になります。

それと、普通はカルグクスって言うと韓国料理の中ではあっさり系で辛く無い料理って言われてます。
しかし私は、常に刺激と辛味を求めているので、今回も「ニンニク&唐辛子」で刺激の強いカルグクスを作ります。
(実際にこういうカルグクスも結構あります)

カルグクスの材料

カルグクスの材料

麺の材料

  • 小麦粉(中力粉) 2カップ
  • きなこ 大さじ1
  • 水 150ml
  • ごま油 大さじ1
  • 塩 少々

※この分量だと、4人分くらいの量の麺が出来上がってしまったので、使ったのは半分です。

スープ

  • だし汁(煮干し等) 3カップ
  • あさり 15〜20個
  • じゃがいも(小) 1個
  • 青唐辛子 1本
  • 白ネギ 10センチくらい
  • 海苔(トッピング) 少々
  • 白ごま(トッピング) 少々
  • にんにく 2片
  • 生姜 少々
  • しょうゆ 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2

sponsored link

カルグクス麺の作り方

カルグクス麺の作り方
【1】材料を入れる
ボールに、水以外の麺の材料をすべて入れます。

カルグクス麺の作り方
【2】材料を混ぜる
水を少しずつ入れては、かき混ぜるを繰り返します。

カルグクス麺の作り方
【3】こねる
ちょうど良い固さになったら、手でこねます。
頑張ってこねなくても、だいたいでOKです。

カルグクス麺の作り方
【4】生地を寝かせる
乾燥しない様に、生地にラップやフタをして30分以上寝かせます。
(生地がなめらかになっていなくても、時間がたてば馴染みます。)

カルグクス麺の作り方
【5】切る
打ち粉をしなから、生地を麺棒でのばしていき、二つ折りにして包丁で切っていきます。

カルグクス麺の作り方
【6】出来上がり
こんな感じに出来上がりました。
不揃いなのも、手作り感があるということで。

カルグクスの作り方

切る
【1】材料を切る
じゃがいも、ネギ、青唐辛子を食べやすい大きさに切ります。
ニンニクと生姜はみじん切りにします。

煮る
【2】スープを作る
鍋にだし汁、アサリ、ニンニク、生姜を入れて沸騰させる。
アサリは貝が開いたら一旦取り出しておく。

煮る
【3】野菜と麺を入れる
野菜と麺を入れて10分〜15分くらい煮ます。
最後に取り出しておいたアサリを戻し入れて一煮立ちさせたら完成です。

韓国海苔&白ごまをトッピングして…

カルグクスのレシピ

優しそうな味に見える色合いだけど、辛くてニンニクが効いております。

韓国風うどん

この、小麦粉が溶け出してドロリとしたスープがカルグクスの特徴でもあります。
麺も適当に作った割には、適度に弾力があって良い感じ。

カルグクスとうどんの違い

カルグクスは、カル(包丁)グクス(スープ)という意味です。
多分、生地を包丁で切るからかな?中国の刀削麺みたいな事かな??

最初にカルグクスを食べた時は「韓国風うどん」っていう説明を見て、うどんだと思って食べたので、「何だこりゃ!?」となりました。
全然コシがないし、スープはドロドロだし…全然うどんじゃない!と。

で、カルグクスに慣れて来た頃に、日本のうどん麺でカルグクスを作ってみたら、またまた「何だこりゃ!?」となりました。
弾力ありすぎだし、スープはドロドロしてないし…全然カルグクスじゃない!!と。

うどんとは全然別ものの料理なんですよね。

今回作ったカルグクスは、ニンニクや唐辛子が入っているので、そのままでも味が濃いんだけど、あっさり系の薄味カルグクスにキムチを入れながら食べるのも美味しいです。