魯肉飯のレシピ
2人分 500円 90分

台湾のローカルフード魯肉飯(ルーローファン)を作ってみました。
魯肉飯のレシピは色々とあるけど、出来るだけ本場の味に近づけたかったので気合いを入れて作ってみたら、割と本格的な味に仕上がりました。

台湾の屋台飯といえば魯肉飯らしい

上海の魯肉飯
上海の台湾料理屋で食べた魯肉飯

本場の味に・・とか言いながら、実は本場の台湾で魯肉飯を食べた事がありません。
でも、上海の台湾料理の店で食べた事があります。
味はなんとな〜く想像していたのと同じ味でした。
独特のスパイスの香りと甘みがあって濃厚な味なので、凄くお腹にたまる。
もしかして、どこかで食べた事があるのかな??この味は何か知ってる味なんだよなぁ〜

スパイスの香りは、八角(スターアニス)ですね。
八角を使うと台湾って感じの香りになりますねぇ〜

本来は、脂身の多い豚肉を使う様ですが、これ以上トドっちゃうと困るので、脂身が少ないカレー用の肉で作りました。
バラ肉とかが美味しいみたいですよ。
あと、先に豚肉を茹でてから作るバージョンと、そのまま炒めて作るバージョンがあるみたいなんだけど、これも少しでもヘルシーにしようと思って茹でてから作るバージョンにしました。
(ただ、「この、ゆで汁もったいない・・」と思って、スープにして飲み干してしまい、余す所無く豚肉を食べてしまったので、無意味だったんだけど。)

sponsored link

材料

魯肉飯の材料

  • 豚肉 200g
  • ゆで卵 2個
  • 赤玉ねぎ 1/3個
  • ネギ 20センチ×2本くらい
  • にんにく 1片
  • 八角(スターアニス) 1個
  • シナモン 一片
  • 五香粉 小さじ1
  • しょうゆ 大さじ2
  • 黒砂糖 小さじ1
  • 紹興酒 大さじ1
  • パクチー お好みで

五香粉は、中国のミックススパイスです。
シナモン・クローブ・花椒・スターアニス・陳皮の5種類のスパイスが入っている。
(フェンネルが入っている事もある)

ベンガル料理に使われるパンチフォロンも5種類のミックススパイスだったけど、5種類ってバランスがいいのかな??

関連記事 >>> 【ベンガル料理】パンチフォロンというベンガル地方の5スパイス

作り方

玉ねぎを揚げる
【1】玉ねぎを揚げる
赤玉ねぎとネギを細かく刻みます。
フライパンに油をひいて、弱火〜中火で焦げない様にカリカリになるまで揚げます。
揚がったら油をしっかりと切って、置いておきます。

豚肉を茹でる
【2】豚肉を茹でる
豚肉を10分くらい茹でます。
豚肉が冷めたら、1センチ角くらいの大きさに切っておきます。

豚肉を炒める
【3】豚肉を炒める(煮込むので土鍋を使うのがオススメ)
鍋に油をひいて、にんにくと豚肉を炒めます。
途中でスパイス(八角とシナモン)を入れて、油に香りを移す様に絡めます。
豚肉に軽く焦げ目が付いて来たら、五香粉を混ぜる。

30分間煮込む
【4】30分間煮込む
水(2カップ程度)を入れて、しょうゆ、砂糖、紹興酒を入れます。
最初に揚げておいた玉ねぎ&ネギを入れて全体を良く混ぜます。
そのまま15分煮込みます。
15分煮込んだらら、ゆで卵を入れて、さらに15分煮込みます。

さらに煮込む
【5】15分冷まして、さらに5分煮込む
火を止めて、フタをして15分ほどそのままにします。(土鍋だと沸騰し続けると思うけど、それでOK)
15分経ったら、最後にまた5分間煮込んで出来上がりです。

盛りつけ
【6】ご飯に乗せて完成
白いご飯に乗っければ出来上がりです!!
刻んだパクチーを肉の上にトッピングして、卵などをまわりに飾ります。
あとは、茹でたチンゲンサイを乗せたりします。

ルーローファンのレシピ

今回はキュウリの塩漬けを乗せました。
塩揉みしたキュウリに、ごま油といりごまをふりかけて・・あ、うっかり韓国風きゅうりになってしまった。
けど、なかなか美味しいですよ。

ルーローファンのレシピ

とにかく煮汁が絡んだ白いご飯が美味しい。
この汁で何杯でもいけちゃいます。

おまけのスープ

豚肉ゆで汁スープ

豚肉のゆで汁は捨てるのが勿体なかったので、スープにしました。
ゆで汁に、刻んだネギと生姜をいれて、塩こしょうで味を整えただけです。

最初に豚肉を茹でる時に生姜を入れておいても良かったかも。