ラポッキ
1人分 300円 20分

ラーメン+トッポッキで「ラポッキ」です。
軽食というか人気のジャンクフードですね。

ポイントは、少しだけ即席ラーメンの粉末を入れると、ジャンクらしい味になります。
とろけるチーズを乗せても美味しい♪

ラポッキの材料

ラポッキの材料

  • 韓国の即席麺 1個
  • 韓国餅 100g
  • 韓国オデン(さつま揚げで代用) 50g
  • ゆで卵 1個
  • 玉ねぎ 1/6個
  • ネギ 10cm程度
  • 青唐辛子(省略可) 1本
  • 白ごま 適量
  • 水 2カップ

ヤンニョム

  • 韓国即席麺のスープ粉 1/3袋
  • コチュジャン 大さじ1
  • コチュカル 大さじ2
  • にんにく 1片
  • 砂糖 小さじ2
  • ごま油 大さじ1

※必ず韓国製の即席ラーメンを使います。日本の即席ラーメンを使うと、麺がのび過ぎて美味しく無い。
※ラーメンのスープが無い場合は、だしの素などを使います。煮干しや昆布等でダシをとっても良いけど、丁寧に作る料理でもないので即席綿スープが1番合う。

sponsored link

ラポッキの作り方

切る
【1】材料を切る
玉ねぎ、ネギ、さつま揚げ、唐辛子を、それぞれ適当な大きさに切ります。

ヤンニョム
【2】ヤンニョムを作る
ヤンニョムの材料をすべて合わせておきます。
ニンニクは、すりおろすか、みじん切りにしてヤンニョムに混ぜます。

沸かす
【3】スープを作る
鍋に水(2カップ)を入れて、ヤンニョムを入れて良く溶かしてから、火をつけます。

沸かす
【4】野菜類を入れる
最初に切っておいた材料と韓国餅を入れて、沸騰させます。

麺をゆでる
【5】麺を入れる
沸騰して来たら、即席麺を入れてさらに煮込みます。

ゆで卵
【6】卵を入れる
麺がほぐれて来たら、ゆで卵を一緒に入れて煮込む。
水分が少なくなって来たら、火を止めて器に盛りつけ、白ごまを振りかけて完成です。

ラポッキの作り方

コチュジャン、コチュカルに加えて青唐辛子まで入れているので、非常に辛いです。
そして、餅に麺なのでかなりのボリューム。

ラポッキのレシピ

本来は、辛味と同じくらいに甘味も強い料理なんだけど、甘味が苦手なので控えめにしちゃいました。(この分量なら砂糖大さじ2〜3くらい入れる)
癖になる辛さで、大変美味しいです。

日本人が苦手な韓国料理ベスト5

こちらの記事によると、日本人が苦手な韓国料理の3位にトッポッキが入ってます。
>>> 日本人が苦手な韓国料理ベスト5

1位はポンテギ(蚕の蛹)
2位はスンデ(豚の腸詰)
3位はトッポッキ(餅の甘辛炒め)とプルコギ
4位はトトリムク(どんぐりのでんぷんをゼリー状に固めたもの)
5位は朝鮮人参

私も1位〜3位までは苦手です。(プルコギは大好きだけど)
特にトッポッキは「凄く辛くて凄く甘い」という訳の分からない味なので脳が混乱します。

でも、今回作ったラポッキは何故か好きなんですよね。
あ、「炭水化物 on 炭水化物」だから好きなのかな。

そういえば「トッポッキ」を「トッポギ」と発音する人が多いけど、それだと「老眼鏡」と言う意味になってしまうので、韓国では「トッポッキ」と発音しよう。