タイ風さばサラダ
2〜3人分 30分 450円 

タイ風さばサラダを作ります。サラダ…っていうか、和え物かな?
パクチーたっぷりのエスニックサラダです。

材料

  • サバの切り身 2切
  • ニンニク 1片
  • パクチー 2株くらい
  • 玉ねぎ(中) 1/2個
  • 唐辛子 1~2本

タレ

  • ナンプラー 小さじ1
  • パームシュガー 小さじ1
  • レモンorライム 1/2個

トッピング

  • ピーナッツ
  • フライドオニオン

sponsored link

作り方


【1】サバを焼く
フライパンにたっぷりの油をひいて、加熱します。
サバに、スライスしたニンニクを乗せて、しっかりと焼きます。(焼くと言うよりも揚げる?)
だいたい15分くらいかな。


【2】野菜を切る
サバを焼いている間に、玉ねぎ・パクチー・唐辛子を切っておきます。
ピーナッツも、細かく砕いておく。


【3】サバの身をほぐす
サバの骨と皮を取りながら、身を細かくほぐして、ボールの中に入れます。


【4】味付けをする
ほぐしたサバに、調味料(砂糖・ナンプラー・レモン)と、切った唐辛子を入れて良く混ぜます。
手で混ぜた方がしっかりと混ざります。

この時、レモンを絞った後に残った果実も、グリグリッとほじって一緒に入れちゃいます。


【5】混ぜる
次に、玉ねぎを混ぜてから、最後にパクチーを混ぜます。
皿に盛りつけて、ピーナッツとオニオンクリスプを振りかけたら完成。

パクチーが強すぎるかと思ったけど、全然いける。
むしろ、もっとパクチーを入れてもいいかもしれないくらい。
それくらいサバの味は強いです。

これは、夏のビールのお供にピッタリ。
ラープにも似ているので、もち米と一緒に食べても美味しそうだな。(てゆうか、ラープなのか??)

そういえば、海老とか鶏肉はよくあるけど、サバのサラダって珍しいんじゃないかな?
魚は焼くのが面倒って思ってたけど、こうやってフライパンで焼くだけなら、煙も出ないし、手間も海老や鶏肉と変わらないんで、いいですな。

あ、このサラダに使うサバは、少し焦げるくらいまで火を通した方が美味しいと思う。

タイ語でサバは、サバらしい

タイでは、サバの事を「サバー」で通じるらしいですよ。
日本語の鯖をそのまま使っているみたいです。
英語のTempura(テンプーラ)、Sushi(スーシ)、SUKIYAKI(スキヤーキ)みたいな感じ?

でも、この鯖サラダをタイ語で言うと、「Yum Pla Tu」って出て来る。
Yum(ヤム)は、和えるの意味で、ヤムウンセン(春雨サラダ)のヤムですね。
で、Pla(プラ)は、魚の意味で、ナンプラー(魚醤)のプラーですね。
そして、最後のTu(トゥ?ツ?)は…どうやら、ツナのツみたいなんですよね。

ツナって、マグロじゃなかったっけ??

スーパーに売ってるツナ缶って、だいたいマグロか、たまにカツオだった気がする。
それとも、鯖もツナの仲間なのか?
※調べてみたら、マグロもカツオも鯖も、スズキ目サバ亜目らしいです。

まあ、魚の種類は良く分かんないけど、サバーは、臭くなりやすいけど、安くて美味しいよね。
このサラダには、青リンゴや青パパイヤを合わせても美味しいですよ!(青パパイヤなんて簡単に手に入らないけど)