暑いトド

いや〜毎日、暑いですね。
全身からトド汁が湧き水の様に溢れ出しているトド島です。
こんなに暑がりなのに、エアコンなしで生活しているので、どうにかして涼しくなる方法を日々模索しております。

そんな私が最近ヘビーユーズしている商品がタイ製のボディパウダー。
なんと振りかけるだけで涼しくなる魔法のお粉です。

涼しくなるボディーパウダー

タイの涼しいボディパウダー

現在愛用中のボディパウダーはタイのプロテックスというメーカーのクーリングパウダーです。
タイ語が読めないので、良くわからないけど、とにかく涼しそうなパッケージです。

プロテックスのクーリングパウダー

説明によると、「湿度が高く平均気温が30度を超えるような、夏場に最適です」とのこと。
30度以下で使ったら凍えるぜ?って事かしら。

さらに、「シャワーを浴びた後の濡れている肌にたっぷりかけて扇風機にあたるとスースーするとありますが、私はちゃんと肌を拭いてから使っています。

なんかね。
濡れた肌にパウダーかけると、乾いた時に見た目が汚いんですよ。
黒いTシャツ着てて汗かいて塩みたいに白っぽくなっってる感じに固まる。

なので、ちゃんと肌を拭いた後にパウダーをかけています。
そもそも、濡れたままの身体で扇風機に当たれば粉つけてなくてもスースーするから、違いがわかりにくい。
この粉は、乾いた肌に使ってもスースーするのが凄いのですよ。

タイのクーリングパウダー

乾いた肌にかけると、スーーーーーーーッとする。
これは、メントールやミントが入っている効果みたいです。
タイは暑い国なので、効き目もかなり本格的です。

sponsored link

効き目が凄すぎるというデメリット

タイのボディパウダー
ひじの内側です。脇じゃないよ。

とにかく効き目が凄いので、暑がりさんにはオススメなのですが、デメリットが2つ程あります。
まずは、香り。
ちょっと男性用の香水の様な香りなので、女子には向いていないかも。
アジアの男の子がつけていそうな香水の香りです。

香りに関しては、別の種類なら違う香りかもしれないし、タイには色々なメーカーからクーリングパウダーが販売されているので、女子向けの香りの物もあるかもしれない。
プリックリーヒートっていう別の有名ブランド(スネークブランド)のパウダーは香りも良いみたいです。

▼プリックリーヒート 

そして、もうひとつのデメリットが効き目が凄すぎて沁みる事があるということ。
首にあせも等がある人は要注意です。
私は、あせもまではいかないくらいの、首がちょっと汗で赤くなる程度だったんだけど、そんな時にこの粉をたっぷりとかけたらイデデデデデデデ!!た〜すけて〜イデデデデデとなりました。
スースーしすぎて痛かったんです。

日本の製品じゃありえないくらい、スースーするので用注意です。

タイのスースーアイテム「ヤードム」

ヤードム

タイはスースーする商品が多いですよね。
このスティック(ヤードム)もタイのスースーアイテムで、私のお気に入りです。
これは、主に風邪などで鼻が詰まっている時に使っています。

花粉症アイテム

こっちの部分を鼻に近づけてクンクンすると、スーーーッと強烈なミントの香りで鼻が通るのです。

タイのヤードム

さらに、反対側にはミント系のオイルが付いていて、鼻の下に塗ったりします。
この使い方合っているのかは不明ですが、シンガポール人がそう教えてくれたのできっと合っているはずです。

このスティックも色々なメーカーから販売されているんだけど、これは夏用というよりも、風邪を引いた時や、花粉症シーズンに役に立つアイテムです。
鼻の下にメンタム塗るよりも5倍くらい強烈です。

sponsored link