卵の殻とトド江

卵の殻で種からハーブを育ててみます。
「eggling」っていう卵の殻風プランターで育てるキットもあるけど、私は本物の卵の殻でやってみます。

種と卵の殻を用意する

卵の殻を再利用してプランターに

卵の殻をキレイに洗って、日干ししました。
そこに、ハーブの種を植えていきます。

植える種は、本家の「eggling」にあるハーブの中から選びました。
商品化されているということは、小さな容器でも育ちやすいってことだろうな、と思いまして。

バジルとレモンバームとイタリアンパセリの種

で、選んだ種は「スイートバジル」と「レモンバーム」と「イタリアンパセリ」です。
どれも初心者向けのハーブということらしいですが・・うまく育つかな??

▼卵の殻に土を入れて
卵の殻を再利用して植物栽培

▼種を植えたところ
卵の殻を再利用

注意する点は、
水切りが出来ないので、水はあげすぎないように。
でも、卵の殻は小さいので土が乾きやすいから、こまめに水あげする。

さてさて、ちゃんと発芽するかなぁ♪
スタート日は6月8日(水)です。

sponsored link

6月19日(くもり・最高気温29度) 発芽しはじめてる

卵の殻でハーブを育てる

ます、発芽したのがバジル!!
その次にレモンバームが発芽しました。

▼レモンバームが発芽
レモンバーム発芽

バジルとレモンバームは発芽まで1週間もかからなかったんだけど、イタリアンパセリだけはまだ1本も発芽しません。

6月25日(くもり・最高気温29度) イタリアンパセリ発芽

イタリアンパセリ発芽

やっとイタリアンパセリも発芽した!!
種を植えてから発芽まで約2週間もかかりました。

7月7日(晴れ・最高気温37度) 順調に成長中

卵の殻をプランターに

だいたい発芽しました。バジルが1番元気かな。

7月14日(晴れ・最高気温33度) 狭くて可哀想・・

卵の殻で植物栽培

卵の殻で植物を育てるのは、可愛いけど・・やっぱり、狭いところでは成長が遅いみたいです。
ちょっと可哀想になってきちゃったなぁ。
植え替えてあげようかなぁ。

▼バジル
卵の殻でバジル栽培

このバジルも、もう少し広い場所に移してあげたい。

7月22日(くもり・最高気温22度) 植え替え

バジルとレモンバームとイタリアンパセリ栽培記録

どうにか卵の殻でも育っていますが、狭くて可哀想なので植え替えをする事にしました。
卵の殻で栽培は見た目は可愛いんだけど、ハーブ達が「トド江さん、もっと広い部屋に引越したいよ!相部屋でもいいからもっと広くて水はけ出来る所に移して!!」と訴えて来るので、植え替えてあげる事にしました。

▼卵の殻なら植え替え簡単♪
ハーブ植え替え

プランターの数が足りないので、卵の殻を割って寄せ植えすることにしました。
調べてみたら、どのハーブも寄せ植えの相性は良さそうだったので。

▼プランターっていうか空き缶
植え替えたハーブ

元気に育ってくれるといいなぁ。

8月3日(晴れ・最高気温32度) 急成長!!

バジルとイタリアンパセリ栽培

レモンバームは、うまく育ちませんでした・・。
そのかわりバジルの勢いが凄い!!

8月16日(曇り・最高気温33度) バジルを摘心

バジルとイタリアンパセリ栽培

バジルは摘心をするらしいので、カットしました。

▼バジル摘心
バジル摘心

あ、あれ??
なんか、このバジルおかしいぞ!!!
スイートバジルを育てているはずなのに、なんか様子が違うのがある。

もしかして、レモンバーム・・?
いや、違う。
香りはバジルなんだけど、スイートバジルと、ちょっと違う。

茎の色が違う。
もしかして・・タイバジル??

バジル摘心

実は、心当たりがある。
このバジルの種はヤフオクで落札したもので、私はタイで生産されたスイートバジルを落札した。
そして、その時の出品者は、同時にタイバジルも出品していたのだ。

だから、もしかしてスイートバジルの種にタイバジルも混じっちゃってた??のかもしれない。

スイートバジルとタイバジル

葉っぱの形も微妙に違う。
スイートバジルは丸くて、しっとりとしている。
一方タイバジルと思われる方は、ちょっとトゲトゲしていて、硬い。
香りもタイバジルの方が強い。ちょっとだけミントっぽい香りもする。

トマトソースパスタにバジルを添えて
とりあえず、摘心したスイートバジルはパスタと一緒に食べた。
でも、タイバジルはパスタに合わないみたいなので、炒め物に使ってみようかと思う。

9月29日 引越のため、ハーブの栽培記録終了・・

お引越をするので、家庭菜園を中断・・今まで育てていたハーブたちは、庭に植えた。
0929herbs

ハーブ(特にバジル)は育てやすいし、秋蒔きも出来る様なので、引越先でも種から植える予定。

ハーブ栽培記録は、ここで一旦終了ボエ

sponsored link