暑くて弱るトド江

ジメジメした梅雨が明けたら、暑〜い夏ですよ。
弱冷房車の意味が分からないトド江たんにとって、もっとも過酷な季節です。
エアコンをガンガンに入れたいけど、健康志向な弟子にエアコンのリモコンを隠されてしまったので今年はノーエアコンで過ごすしかありません。

そこで、エアコンなしでも涼しくなるこんな方法を試してみた。

sponsored link

虫除けにも効くハッカ油の効果

ご存知の通りハッカにはスーッとする清涼感があります。
このハッカ油をカラダにつけると、かなりの涼しさを感じられるらしいんです!!

涼しくなる以外にも効果があります。
以前にヒバ油を使って、ナチュラル蚊除けスプレーを作りましたが、このハッカ油にも同じ様な効果があるんです。
でも、効き目は断然ヒバの方だった(BYトド調べ)ので、蚊除けだけが目的ならヒバ油をおすすめします。

参考記事▶︎ 蚊に刺されない究極の方法☆手作り虫除けスプレーの効き目

あと、ハッカはゴキブリ対策にも使えるんです!!
ハッカの香りをゴキブリは嫌うらしいので、部屋にスプレーをまいておけばゴキブリ除けにもなるみたい。

今回の目的はハッカ油で涼しくなることなんだけど、清涼効果だけじゃなく虫除け効果もあるってことです。

ハッカ油で涼しくなるスプレーを手作りしてみた

では「天然のクーラー☆ハッカ油スプレー」を作ってみます。(てゆうか、作ったのは弟子です。)

ハッカ油
北見(北海道)のハッカ油です。

ペパーミントでもなんでもいいんだけど、100%天然由来のハッカ油を用意します。
だいたいミント系の精油は1,000円も出せば買える物が多いので気軽に試せるよ☆

作り方は簡単で、ハッカ油を水に混ぜるだけなんだけど、水と油ではよく混ざらないので、エタノールを入れると良いんだって。
エタノール自体もアルコールなので、揮発する時にスーッと涼しくなるよ☆

ハッカ油スプレーの材料
エタノールは薬局で買えます。

ハッカ油スプレーの分量

割合としては、水9割に対してエタノール1割くらいにします。
で、ハッカ油はお好みでいいんだけど、だいたい5〜10滴くらい。

ハッカ油スプレー完成

こんな感じの小さめのスプレー容器に入れます。
なんで小さめの容器にするかっていうと、ハッカオイルは揮発性が高いからです。
あんまり大きな容器に作りだめは出来ないのです。

実際に涼しくなるかを試してみた

実際にハッカ油スプレーを肌につけてみると・・

涼しいです。非常に!!

涼しいし、爽やかだし、これは良い。
あと、ハッカって、ほのかに甘い香りなんですね(´▽`)

足や腕やお腹・首・顔などにスプレーしてみました。
で、色々な部位にスプレーしてみた結果、効果のある場所と、あんまり無い場所があった。

清涼スプレー
まず、効果がないのが足の裏

効果がないって言うよりも、すぐに乾いちゃって涼しさが持続しない。
足の裏って皮が厚いから、清涼感も感じにくいしね。

清涼スプレー
そして、1番涼しさを感じるのが首の後ろです。

首の後ろにスプレーするとホントに涼しいし、持続も長いのでおすすめ。

これならクーラー病にもならないし、電気代節約にもなるハッカ油の清涼スプレー。
気になる人は試してみてね☆

sponsored link