大根干すトド江

自作の切り干し大根を作ってみようと思います。
今思えば、以前に100均のブラジャーネットを使って干しキノコを作った経験から、「大根も適当に干すだけで出来るでしょ。楽勝。」と思って舐めてかかったのが失敗の原因でした・・・

適当に大根を干してみた

大根

使い切れない大根が余っていたので、切り干し大根にしてみようと思います。

大根を切る

適当な大きさにカットして・・・

カットした大根

ザル1杯分弱の大根を干すんだけど、さすがに今回は洗濯ネットでは入りきらない。
何か適当な物ないかな〜と探してみると、玉ねぎが入っていたネットが何個かあった。

これだ。
これなら風通しよさそうだし、いけるでしょ。

てことで、玉ねぎネットに、大根を3つに分けて入れ、干してみました。
なんか凄く重なっちゃってるけど、天気も良いし、あっという間に乾燥しちゃうでしょう。

大根を干す

それにしても、臭い。
大根は、干している間ひじょうに臭いです。
風が吹くと、部屋の中に異臭が漂ってきます。

「何だこの酸っぱい様な変なにおい・・腐ってるのか?」
と思って、干し大根についてようやく調べてみた所、大根を干すと臭いのは普通みたいです。

干し大根を作ってる

晴天の日に干せば、1日で乾いちゃうんじゃないかと思ったけど、大根は意外と乾かないです。
そのまま3日くらい外に干し続けました。(運良く晴れの日が続いたので)

その結果。

大根にカビ

見事にカビが生えました。

黒いカビに赤いカビまで、綺麗ですねぇ・・・
しかも、あいかわらず異臭を放っています。

大失敗です。
大根を無駄にしてしまいました。

やっぱり、干す時に重なっていたのが良く無かったみたいですね。

sponsored link

再挑戦

ダイソーの野菜干しネット

悔しいので再挑戦。
今度は、ちゃんと野菜干し用のネットを購入しました、ダイソーで。

大根の皮をむく

大根の量も前回の半分程度にしました。
大根の皮は、むいた方が早く乾燥するそうなので、もちろんむきました。
(前回もちゃんと、むいたんだけどね)

大根を切る

前回同様に、適当な大きさに切って、野菜干し用のネットに入れて干します。

ダイソーの野菜干しネットで干す

これで、どうだ!!

やっぱり、ちゃんとしたネットを使うと、風通しが全然違います。
1日干しただけで、かなり乾燥しました。

昼間は干して、夕方に室内に取り込むという作業を4日間繰り返した結果・・・
(途中で雨の日があったから、1日は部屋干しした。部屋干しは臭い!!けど、前ほどではない)

成功しました。
かなり小さくなったし、ところどころ茶色っぽくなっちゃったけど・・・(乾かし過ぎたかな)

ジップロックに乾燥剤と一緒に入れて、保存が出来ます。

大根は少しでも干した方が良い

大根に限らず野菜類は干した方が、味&栄養が濃くなるんです。

干しきのこを作った時は、味の濃さにビックリしました。
普通に食べると全くクセのないエリンギが、干すとキノコっぽい変な味になったりします。(だめじゃん・・)
とにかく、干す事によって旨味や甘みが増すんです。

栄養に関しては、大根の場合は干すとビタミンやカルシウムが増える!!
これは嬉しい。

何日もかけて完全に干さなくても、半日くらいだけ干してみるだけでも味&栄養素がアップするらしいですよ。
キムチを漬ける時も、事前に白菜を軽く干しておくと美味しくなるって聞いた事あります。

切って干すだけで簡単に出来るので、是非ためしてみてね。
くれぐれも、重ねたまま干さない様に!!野菜干し用ネットを使ってね。

sponsored link