トド達磨

タコとだるまの町・三原に春を告げるお祭り「三原神明市」が開催されました。
トド島邸からすぐ近くで開催してたので、ふらりとパトロールして来ました。

だるま祭りだよ「三原神明市」

三原だるま市

「三原神明市」は三原駅の北側一帯で開催されます。
普段はほとんど人通りのない道に、ぎっしりと露天が並んでいました。

三原だるま市

この道がこんなに人で埋め尽くされるなんて!!
休日の十条銀座よりも人がたくさんいて賑わっている三原・・何だか嬉しい気分になる^^

三原だるま市

まずは植木市が出て来ます。

三原だるま市の八天堂

そして、三原らしく八天堂の出店も出ていました。
他にも三原の酒「酔心」や、タコ天・たこ飯の店も出ていました。

しかし・・

思ったよりもだるまを売っている店が少ない。
小さい頃に良く行っていた、だるま市はだるまだらけだったので、同じ様なのを想像してたんだけど、ちょっと違った。
でも、だるまなんて何個も買うもんじゃないので、食べ物の出店が多い方が楽しいね。

三原だるま市

今回だるまは買わずに、横目で見物するだけでした。
だるまって、毎年一回りずつ大きくしていくって聞いたけど、創業100年とかの店はどうするんだろう。

sponsored link

日本一のだるま

日本一の大だるま

なんと、三原には日本一の大だるまがいるんです。
このとぼけた顔した奴みたいです。

三原の大だるま

確かに「日本一」と書いてあるので、日本一なんだろうね。
私も腹に「日本一」って書いておこうかな。

古いだるまを供養する「だるま供養塔」も設置されていました。

三原だるま市

三原だるま市

色んなだるまがいるなぁ〜
そういえば、1回100円の「だるまくじ」っていうのが大人気で、凄い行列を作っていました。

▼だるまくじ
三原だるま市

はずれは無しとのことだったけど、景品交換を良く見てたら微妙な商品もあった(笑)
でも100円は安いね。だるま関係ないけど。

そして、露天の通りを少しだけ抜けて、坂道を上がって行くと極楽寺と言う寺があります。

三原だるま市

ここには「達磨記念堂」があります。
全国の達磨を収集して展示しているんです。

三原だるま市

7000個の達磨が展示されていて、これが期待してなかっただけに、かなり面白かった。
米粒の達磨や、鉱石の達磨、30万円もする根付け達磨、のらくろ達磨、トーテムポール達磨などなど・・日本全国の珍しい達磨コレクションが見学できました。

甘酒とタコ

祭りの甘酒

酔心の出店で甘酒を買った。

祭りの甘酒

甘酒は飛ぶ様に売れていて、買うのが大変だったけど、やっぱ冬の祭りには、甘酒っすなぁ。

そして、大好物の「たこコロッケ」を見つけたので買い食い。

三原たこコロッケ

写真は漁協が売っていた「たこコロッケ」。
他に別の店で、もう2種類ほど「たこコロッケ」を食べたんだけど、どれもうまかった。
たこコロ最高!!!

見覚えのあるお化け屋敷

祭りのお化け屋敷

何だか凄く見覚えのあるお化け屋敷があった。
この呼び込みの声・・この作り・・

レトロお化け屋敷

多分間違いないと思う。
川越祭りにも来ていたやつだ。
以前は見世物小屋とセットで来てたやつ。
こうやって全国のお祭りを回って、子供達を楽しませているんだろう。

エセトトロ

これにてパトロール終了。祭りはとっても楽しいね。

sponsored link