木の枝で歯ブラシするトド江

インド料理屋で売られていた天然の歯ブラシ(・・ていうか木の枝なんだけど)を買って試してみた。

ミスワク体験

そういえば長澤まさみ主演の「ガンジス河でバタフライ」でも、木の枝で歯を磨くシーンがあった。
あのドラマではニームというインドハーブの木の枝を使っていたけど、今回試すのはニームではなくミスワクという木の枝だ。

ミスワクというのは、主にイスラム教徒の間で使われているものらしい。
歯ブラシの木とも呼ばれているミスワクというハーブの木の根っこで、殺菌作用の他にホワイトニング効果もあるそうだ。
どうやらイスラム教では、歯を清潔にすることと、歯を白く保つ事はとても大切な事なんだそうですよ。

sponsored link

ミスワクで歯を磨いてみたら・・トラウマになりそうな味だった

ミスワク体験

袋から出してみると、木の枝(根っこか)に粉が振りかけられていて・・クサい。
この時点でとてもクサい。個人的にとっても苦手なニオイだ・・。

ミスワク体験

でも、せっかく買っちゃったんだから試してみないと勿体ない。
包丁で切って・・

ミスワク体験

勇気を出して口に入れる・・

・・と・・

まっず!!オエッ

やっぱ、クサッ!!
吐きそうなくらいクサかった。

ニオイの系統は、新品の革製品の臭いというか、濃厚なしいたけの臭いというか・・そんな感じの臭いです。
苦手な臭いだったので、口に入れただけでも涙が出そうだった。

こうなったら・・

ミスワク体験

歯磨き粉をつけて臭いをごまかすことにした。
これで天然歯ブラシの意味が全く無くなりました・・。

でもやっぱりまずい・・つーか、くっさい。

ケミカル歯磨き粉のミントフレーバーではごまかせないくらい強烈だった。
これ以上ミスワクを口に入れるのは不可能と判断してミスワクで歯磨きは終了・・。

この臭いが苦手じゃなければ、素敵なナチュラル歯ブラシなんでしょうね。
私は5,000円くれるって言うなら、頑張ってこれで歯磨きます。4000円じゃやりません。そんなレベルのクサさでした。

口直しにその辺に落ちてる木の枝で歯を磨いてみた

木の枝ブラシ

くやしいので、外に落ちてる木の枝でも歯を磨いてみることにした。

木の枝ブラシ

ちょうど良いのが2本落ちていたので、試してみます。
藤の枝と、サクラの枝かな??

まずは、細い方のサクラの枝っぽい方から。

木の枝ブラシ
固いっ!!

固すぎて歯を磨けません。
そりゃそうだ、ただの木の枝だもの・・
いくら枝先を噛んでほぐそうとしても、固くて無理。
無理に磨くと口の中が血まみれになりそうです。
でも、無味無臭なのでミスワクよりも口の中に入れていられるので、結果的にはミスワクよりも歯を磨けている。

次は、もう少し柔らかそうな藤の木の枝で磨いてみる。

木の枝ブラシ
あ、これも固・・

サクラの木の枝よりは若干柔らかいけど、やっぱり噛みほぐせる程の物ではない。
しかも、ただの木の枝では薬効効果などは全くないので、木の枝で歯を磨く意味が全く無い。
とりあえず、時間をかけて歯を磨いてみたけど、普通にナイロンの歯ブラシで磨いた方がいいよね、っていう当然の事に気がついた。

ボエボエ。

sponsored link