足湯するトド江たん

ちょっと時間が空いた時に利用している、池袋の足湯カフェ「もみの気ハウス」。
元々はアーユルヴェーダなどのマッサージをしてくれるお店なのですが、池袋店には足湯コーナーがあって、足湯のみの利用が出来るのです。
しかも、アーユルェーダの国スリランカのハーブティ!!

歩き疲れたら足湯カフェで休憩「もみの気ハウス」

足湯カフェもみの気ハウス

もみの気ハウス 池袋店
住所:東京都豊島区南池袋1-27-8 大庄池袋東口ビル7F fingerGoogleマップ
OPEN:AM11:00~翌朝5:00
定休日:年中無休

45分間の足湯+ハーブティーで1,080円です。
お昼時にはお得なランチセットもあって、玄米カレーなんかが食べられるみたいです。

足湯カフェもみの気ハウス

さて、ここのハーブティーは女性が興味津々のアーユルヴェディックなスリランカハーブティです。
私はここで飲んだ「サマハン」というジンジャーの効いたハーブティにハマってしまい、常に常飲しています。

▼サマハン
スリランカのサマハン

スリランカでは風邪の引き始めなんかにも飲むハーブティで、かなりスパイスが効いたほんのり甘いお茶です。
私は大好きな味なのですが、何人かに試飲させた所・・特に男性には評判が悪かったです。
ジンジャー効果なのか、このサマハンを飲んだだけでもカラダがポカポカしてくるのに、サマハンを飲みながら足湯をしたら冬でも汗だくになります。
(ちなみに、スリランカの葛根湯みたいな感じで、サマハンの強いバージョンみたいな風邪薬も売られていました。)

足湯カフェもみの気ハウス

インドは有名だけど、スリランカってあんまり想像がつかなかったのですが、調べてみるとアーユルヴェーダが発達しているみたいです。
アーユルヴェーダ製品(お茶とかオイルとか)もたくさん置いてあって、面白い。

もみの気ハウスでは、アーユルヴェーダの施術も受けられます。
でも・・・アーユルヴェーダってバカ高いよね。
インドでシロダーラっていう、頭にごま油を垂らす施術を受けた事があるんだけど、その後1週間くらいは髪の毛が油ぎったままだったなぁ。
日本でやったら、あんなことにはならないんだろうな。
でも・・・・・・高いよね。

足湯カフェもみの気ハウス

店内には漫画や雑誌もあって、1人でもくつろげそうです。

サマハン飲みながら足湯

ハーブティーを飲みながらの45分間は、以外と長い!!
カラダが温まって来て、途中で何度も足を出しました。

あちこち歩き回って疲れた時は、ハーブティを飲みながら足湯!!なかなか優雅でイイですよ。

sponsored link

足湯ブーム

数年前くらいから足湯カフェが増えて来て、最近はもう落ち着きつつありますが、もっと一般的になって欲しいです。
特に冬場は、会社帰りに1人でフラッと入れる様な足湯カフェがあったら女子達は喜ぶんではないですかね。
ついでに、ちょい飲みも出来たら最高ですね。
ついでのついでに、5分500円くらいで男子が肩マッサージしてくれるオプションなんかもあったら通っちゃいますね。
ッボ。

sponsored link