弟子がスーパーに行こうとして、玄関でサンダルを履こうとしたら・・・

「イデー!!!☆;p△o☆g!!e!!!!」

と、悲鳴を上げた。

足の小指に激痛が襲ったらしいんだけど、何が起きたのか分からずにパニクっている弟子。
すると、サンダルからササササーッと素早く小さなムカデが逃げていった。

どうやら弟子は、サンダルに潜んでいたムカデに噛まれてしまったらしい。
マッチ棒くらいのサイズの赤ちゃんムカデだったんだけど、「タンスの角に、足の小指をぶつけたくらいの痛みがずっと続いている感じ。かなり痛い。」と言っていた。

赤ちゃんムカデでそのレベルかぁ・・・怖いよ、ムカデ。

ムカデに噛まれたらやること


噛まれたとこ小さっ・・・。これでも超痛いらしい。

まずは、患部を石けんで洗ってから、熱いお湯で10分〜20分間温める!!噛まれてからすぐにやるのが効果的。

皮膚の表面についたムカデの毒は、アルカリ性の洗剤や石けんで洗い流します。(弱酸性とかのお肌に優しい系の洗剤では効果なし)
そして、ムカデの毒はたんぱく質で出来ている酵素なので、43度以上の熱で失活させることが出来るらしいのです。

あんまり熱いとヤケドしちゃうので、ギリギリやけどしないくらいの45度くらいのお湯を患部にシャワーする。
(ぬるま湯だと逆効果なので要注意。毒を活性化させてしまう可能性がある。)

ムカデに書かれた部分が、ズキズキと痛んで腫れて来るかもしれないけど、まずは熱いお湯でムカデ毒をやっつけます。

sponsored link

病院に行った方がいいのか

1番気になるのが、コレでした。
何人かの友人は「噛まれたら必ず病院」って言ってたんだけど、調べてみると必ずってわけでも無いみたいです。
ムカデの毒自体で死ぬ事は無いので。

ただし、ムカデの毒で強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)が出る事があります。
特に2度目に刺される時に、反応が出やすいらしいのです。

だから、ムカデに噛まれた患部以外に、少しでも異常が現れた場合(息苦しかったり、じんましんが出てきたり、吐き気がしたり・・・)は、すぐに病院。
っていうか、アナフィラキシーショックは緊急事態なので救急車を呼びましょう。

そうでない場合は、患部を高温のお湯で温めてから、市販の薬を塗ります。
弟子は特にアレルギー反応が無かったため、そうしました。

ステロイド系の薬を塗る

ムカデには、強いステロイド系の塗り薬を塗るのですが・・・家に常備してなかったので、買いにいきました。
とりあえず、ムカデに効く市販薬をネットで調べてメモってからドラッグストアへ・・・
液体タイプでは無く、クリームや軟膏タイプの物が良いとの事。

  • ムヒアルファEX
  • ベトネベートN軟膏AS
  • プレバリンα

んで、薬局が閉まるギリギリの時間だったんだけど、どうにかムヒアルファEXを購入。
薬局の駐車場に座って、速攻でムヒアルファを患部に塗り込みました。
弟子は強力なステロイド剤を塗るって事に抵抗があったみたいだけど、常用しなければ問題ないと思いますよ。

ムカデは夜行性なので、夜に被害に遭う事が多いと思われます。
なので、ステロイド系の虫刺され薬は、こういう時の為に常備しておくとイイですな。

ムヒアルファEXを塗って数秒くらいしたら、ほぼ完治したみたいです。
凄い威力です。

もともと赤ちゃんムカデだったので毒が弱かったのかもしれないけど、噛まれてから速攻で石けんを使って洗い流し、お湯攻撃で毒を失活させたのが効果大だったんじゃないかな。
そして、ムヒを塗ってあっという間に治っちゃったので、病院には行く必要ありませんでした。

どうしても痛みが治まらない時は、バファリンなどの鎮痛剤を飲むか、場合によっては皮膚科を受診すると良いみたいですよ。

ムカデを始末

最後に、赤ちゃんムカデを始末しておきました。
私の大好きな桜玉吉先生の漫画では、たびたび伊豆の自宅にムカデが出現していて、その都度ポットで沸かした熱湯をかけて退治しています。
それを真似して、熱湯をかけました。

そしたら、あっという間にご臨終。

よく見たら青っぽい種類のムカデで、お湯をかけたらさらに鮮やかな青?ていうか緑色に変色しました。
そんで、庭にポイッと捨てておいたら、翌日には消えていたので、アリが処分してくれたんだと思います。

めでたし。

sponsored link