冷やし飴とトドタコ

イオンに三原で作られているドリンクコーナーがあったので、買ってみた。
「冷やしあめ」と「梅蜂スカッシュ」と「スマック」・・・。
スマックは前に居酒屋で見かけたから知っていたけど、冷やしあめとスカッシュは聞いた事もない飲み物だった。

桜南食品株式会社

「冷やしあめ」と「梅蜂スカッシュ」と「スマック」

「冷やしあめ」と「梅蜂スカッシュ」と「スマック」を販売しているのは、三原市にある桜南食品という所。

桜南食品ホームページ >>> 桜南食品株式会社

桜南食品から販売されているものは、どれも昭和っぽいパッケージでイイですねぇ。
ペットボトルに入った清涼飲料水よりも、昔ながらの瓶に入った飲み物の方が、夏っぽくて好きです。

sponsored link

冷やしあめ

冷やしあめ

関西地方を中心に普及している「冷やし飴」。
私は関東生まれなので、「冷やし飴」なんて聞いた事も無かったし、最初に想像したのはキンキンに冷やしたペロペロキャンディーでした。

wikipediaによると、冷やし飴は・・

麦芽水飴(または米飴)を湯で溶き、生姜の搾り汁や卸し生姜を加えた飲料を冷たい状態で飲むもの。

らしいです。

水あめを冷やして飲む夏の飲み物??よくわかんないけど美味しそう〜(^q^)

▼確かに麦芽飴が入ってる
冷やし飴の原材料

冷やしあめを、さらに冷蔵庫で冷やしてから飲んでみました。
未知の味との遭遇〜・・と、グビッと飲んでみたら・・・


甘い!!オエッ。

良くスーパーとかで売られてる、安い生姜湯と同じ味だった。
とにかく甘くて甘くて・・とても夏に飲む物とは思えなかった。
もしかして、割って飲む物なのかな??

と、思って炭酸水で割って飲んでみたけど、やっぱり甘い〜(T0T)
残念ながら、私には1本飲み干すのがかなり大変でした。(でも、残さなかったよ!!)
夏に冷やしあめを飲む習慣がないからなのかな・・小さい頃から飲んでる人なら、美味しいって思えるのかな。

でも、桜南食品の冷やしあめは、入れ物が昭和レトロな雰囲気で可愛い!!

▼バナナジュースを入れてみた
冷やしあめの空き瓶

飲み終わったガラス容器は、コップ代わりにも使えます。
私の買ったのはポピーの花の絵柄だったけど、他にも何種類か柄があって集めたくなる。
けど、激甘だからもう買えない・・

スマック

スマック

さて、お次ぎはスマック。
これはもう味を知っている(美味しい)んだけど、改めて飲んでみます。

実は、スマックは三原の桜南食品オリジナルという訳ではなく、日本全国に色々なメーカーから販売されている統一ブランドなのです。
当時、大流行していた大手のコカコーラに対抗して、三重県の鈴木鉱泉を中心に、中小企業が協力して開発したのがスマックなのです。
スマックは67年に誕生して、三原では70年代から製造される様になった様です。

▼桜南食品のスマックは独自ブレンドらしい。
スマックゴールド

調べてみると、関東でも作られていたみたいなのに、なぜか私は聞いた事も無い飲み物でした。
アンバサやスコールは知っていたんだけど・・

スマックの味は、書いてある通りのクリームソーダ味。
アンバサやスコールみたいな味。
カルピスソーダの酸味をソフトにした感じっていうのかな。

スカッシュ

梅蜂スカッシュ

最後に「梅蜂スカッシュ」。

そういえば、スカッシュってソーダと何が違うんだろう??
梅蜂スカッシュのパッケージにはウメソーダって書かれているけど・・

スカッシュは、炭酸水に果汁と砂糖を加えたもの。
で、ソーダって言うのは炭酸水の事みたいです。

だから、スカッシュもソーダの一種です。
つまり、梅スカッシュ=梅ソーダとも言うって事みたいです。
ということは、レモンスカッシュなんかもレモンソーダって事ですね。

ということで「梅蜂スカッシュ」は梅ソーダってことです。

スカッシュは梅ソーダ

梅ソーダなんて、どうせ駄菓子みたいな味だろうと思って、あんまり期待していなかったんだけど、実はこれが1番美味しかった。
夏にオススメできるのは断トツでコレ!!

どこかで飲んだ事のある懐かしい味なんだけど・・すんごく美味しかった。
このサッパリ感こそ夏の飲み物でしょう!!
グビグビ飲めます。ホント旨い。

sponsored link