銭湯トド江たん
西武池袋線の池袋駅から保谷駅までの銭湯めぐりをしました。
保谷から先にも銭湯はあるみたいなんだけど、お風呂の王様以外は行った事がないのです。ボエ。
(あと、タイトルには練馬区のって書いちゃったけど、東長崎〜池袋は豊島区ですね。)

西武池袋線の銭湯マップ

銭湯名をクリックしてね♪
銭湯マップ

たつの湯 美寿々湯 三原台富士の湯 友の湯 豊宏湯 栄湯 貫井浴場 【廃業】ニュー銭湯和倉 中村浴場 辰巳湯 久松湯 浅間湯 南湯 江古田湯 【廃業】モダンバス 【廃業】紅梅湯 妙法湯 湯〜ランドあずま

西武池袋線の各駅から歩いて行ける範囲の銭湯に限定しています。

東京都の2016年現在の入浴料金は460円!!
高いよなぁ〜と思うし、もう少し出せばスーパー銭湯に行けちゃうよな〜とか思うけど、古くて味のある銭湯が無くなっちゃうのはイヤなので、なるべく銭湯に行く様にしてます。
でも、すんごいスピードで銭湯は廃業していってます・・。悲しいなぁ。

あと、富士山の絵がある銭湯も減って来てますね。
やっぱ大変なんでしょうね、維持費が。

▼「番台式かカウンター式か」「風呂の中に絵が有るか」「駅から歩いてどのくらいか」などをチェックしてみました。

sponsored link

1.たつの湯(保谷・大泉学園)

01tatsunoyu

たつの湯
住所:東京都練馬区石神井台6丁目19−26 fingerGoogleマップ
OPEN:16時〜22時
定休日:月曜日
たつの湯トド ◎番台式
◎絵有り(ただし、富士山は男湯)
◎駅から遠い
◎だいたいお湯が熱い

保谷駅から、もしくは大泉学園駅から歩いて30分近くかかるので、ちょっと不便。
お湯が熱めで私は好きでした。(熱かったら薄めてねって書いてあるけど)銭湯らしい銭湯です。

▼ブリキの兵隊が見張っています
たつの湯

2.美寿々湯(大泉学園)

美寿々湯

美寿々湯
住所:東京都練馬区大泉町6丁目10−2 fingerGoogleマップ
OPEN:16時〜23時
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
美寿々湯トド ◎カウンター式
◎絵有り(タイル)
◎駅から遠い

大泉学園駅から、歩いて20分くらいかかる。大泉インターの近く。

▼住宅街の中にあります。良い雰囲気。
美寿々湯

3.三原台 富士の湯(大泉学園・石神井公園)

三原台富士の湯

三原台 富士の湯
住所:練馬区三原台1-30-1 fingerGoogleマップ
OPEN:16時〜23時
定休日:月曜日
三原台富士の湯トド ◎番台式
◎絵は無い(タイル)
◎駅から遠い
◎立派な銭湯

大泉学園駅から歩いて20分以上、石神井公園からだと15分ちょっとくらいかかる。

▼立派で清潔な銭湯。
三原台富士の湯

4.友の湯(石神井公園)

友の湯

友の湯
住所:練馬区石神井町7-3-3 fingerGoogleマップ
OPEN:15時半〜24時
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
友の湯トド ◎カウンター式
◎小さな富士山の絵が4枚飾られている
◎駅から近い

古い銭湯です。座風呂・寝風呂など4つ程ある。小さな富士山の絵が飾られているのが面白い。

▼駅から近い!
友の湯

5.豊宏湯(石神井公園)

豊宏湯

豊宏湯
住所:練馬区石神井町3-14-8 fingerGoogleマップ
OPEN:15時半〜24時半
定休日:木曜日

◎(たしか)番台式
◎(たしか)絵あり
◎駅から近い

以前に2,3回行った事があるんだけど、ちょっと記憶が曖昧・・。小さいけど薬湯もある銭湯です。
友の湯と同様に、駅から近いので便利。

6.栄湯(石神井公園・練馬高野台)

栄湯

栄湯
住所:練馬区下石神井2-15-18 fingerGoogleマップ
OPEN:15時45分〜23時
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
栄湯トド ◎カウンター式
◎絵は無し(タイル)
◎駅から遠い
◎お湯は熱め
◎毎週日曜日はハーブ湯

石神井公園、もしくは練馬高野台駅から歩いて20分以上の住宅街の中にあります。
毎週日曜日はハーブ湯の日で、ラベンダー・ローズマリー・桃の葉・ヨモギなどを使ったハーブ湯を楽しめます♪これはかなりオススメです。
あと、ここの銭湯のおっちゃんは何故か100円玉を耳に入れていて面白い。良く入るなぁ。と、思ってやってみたら入った。

▼住宅街の中で分かりにくいけど、煙突が目印!
栄湯

7.貫井浴場(中村橋)

貫井浴場

貫井浴場
住所:東京都練馬区 貫井2丁目20−16 fingerGoogleマップ
OPEN:15時〜24時(日曜・祝日は13時から営業)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
貫井浴場トド ◎カウンター式
◎絵は無し
◎風呂の種類が多くて豪華
◎飲める場所も有り

色んな種類の風呂があって、スーパー銭湯に近い感じの銭湯です。ここなら460円でも安いと感じるかも。

▼建物もキレイです。
貫井浴場

8.【廃業】ニュー銭湯和倉(中村橋)

ニュー銭湯和倉

ここも、貫井浴場みたいに露天風呂や薬湯など、とっても豪華な銭湯だったのですが・・残念ながら閉店してしまいました。

9.中村浴場(中村橋)

中村浴場

中村浴場
住所:練馬区中村北3-3-11 fingerGoogleマップ
OPEN:15時半〜24時
定休日:木曜日
中村浴場トド ◎カウンター式
◎絵は無し
◎駅から近い
◎狭め

マンションの1階にある銭湯で、ちょっと狭めです。薬湯があります。
それにしても、中村橋の銭湯は、何故「○○の湯」ではなく「○○浴場」なんでしょうか。

10.辰巳湯(練馬)

辰巳湯

辰巳湯
住所:練馬区桜台4-42-2 fingerGoogleマップ
OPEN:15時〜22時
定休日:水曜日
辰巳湯トド ◎カウンター式
◎絵は無し
◎ぬるめ

商店街の中にある銭湯です。
岩盤泉やJETバス・薬湯・にごり湯・(半)露天風呂などがあって、なかなか豪華。

11.久松湯(桜台)

久松湯

天然温泉久松湯
住所:練馬区桜台4-32-15 fingerGoogleマップ
OPEN:11時〜23時
定休日:火曜日
公式サイト:http://hisamatsuyu.jp/

◎カウンター式
◎絵は無し
◎オサレ銭湯
◎天然温泉
◎JETが強力

銭湯というよりも、オシャレなスーパー銭湯といった感じ。ボディケアなんかも有ります。
「癒しの音楽」や「光の演出」なんかもある銭湯で、かなりスタイリッシュな感じ。
カッコいい今風の銭湯。だけど、昔ながらの銭湯の雰囲気は皆無。
個人的にはオケとイスとか、ロッカーの中とかが真っ黒なのが清潔感が無いというか・・ラブホテルっぽくて好きじゃない。
やっぱ銭湯といえば、黄色のケロリンですよ。
潰れる心配が無いくらいお客さんが来ていて、特に土日は混み混みです。
でも銭湯の値段で、露天の天然温泉に入れるのは嬉しい^^

12.浅間湯(江古田)

浅間湯

浅間湯
住所:練馬区栄町38-3 fingerGoogleマップ
OPEN:16時〜24時
定休日:金曜日
浅間湯たぬき ◎カウンター式
◎絵は無し
◎注意書きが多い
(体を拭く、タオルはココ!みたいの)
◎たぬきの目がヤバい

牛丼チェーン・松屋の1号店がある商店街の中にある銭湯。
入口にいる「たぬき」が目印。
あの目つきのヤバさは何なんでしょうか。

▼たぬき
浅間湯たぬきの目つき

13.南湯(江古田)

南湯

南湯
住所:練馬区栄町19-5 fingerGoogleマップ
OPEN:16時〜23時50分
定休日:土曜日
南湯トド ◎カウンター式
◎絵は無し
◎薬湯が小さい

地下鉄・新桜台駅のすぐ近くだけど、江古田駅からも歩いて10分弱で行けます。
天井の高い、昔ながらの銭湯です。

14.江古田湯(江古田・東長崎)

江古田湯

江古田湯
住所:東京都練馬区旭丘1丁目17−3 fingerGoogleマップ
OPEN:16時〜23時50分
定休日:土曜日
江古田湯トド ◎番台式
◎絵は無し(レトロな看板あり)
◎あつあつ

江古田と東長崎の間くらいにあって、どちらからでも歩いて10分くらいで行けます。
この銭湯自体も古くて雰囲気のある銭湯だけど、隣にある商店(駄菓子屋?)も味が合って良い雰囲気です。
風呂の中にはレトロな手書き看板があって、いい味出てます。

15.【廃業】モダンバス(東長崎)

モダンバス

ここも閉店です・・。この銭湯のすぐ近くに住んでいた事があって、良く通ったのですが、残念。

16.【廃業】紅梅湯(東長崎)

紅梅湯あと

なんと、ここも閉店して、もうマンションが建ってます。
東長崎から銭湯が2つも無くなってしまった。
紅梅湯には苦い思い出も有るのですが、お気に入りの銭湯だったので非常に残念です。

17.妙法湯(椎名町)

妙法湯

妙法湯
住所:豊島区西池袋4-32-4 fingerGoogleマップ
OPEN:15時半〜24時45分(日曜日は14時半〜)
定休日:月曜日
ゆっポくん ◎カウンター式
◎絵は無し
◎駅からすぐ

椎名町駅からすぐの場所にあって便利です。まぁ、普通の銭湯って感じです。

18.湯〜ランドあずま(椎名町・池袋)

湯〜ランドあずま

湯〜ランドあずま
住所:豊島区西池袋4-13-9 fingerGoogleマップ
OPEN:15時半〜25時半(日曜日は14時半〜)
定休日:火曜日

◎カウンター式
◎絵有り(タイル)
◎岩風呂が凄い

椎名町駅からは10分程度、池袋からは15分程度の場所にあります。
岩風呂はなかなか良い。岩盤泉は体の芯から温まります♪薬湯も有り。

銭湯の思い出

銭湯のポスター

銭湯大好きなので、銭湯には色々な思い出があります。
1番強烈なのが、今はもう廃業してしまった東長崎の紅梅湯・・
なんと、女湯と男湯を間違ってしまったのです。
番台式の銭湯だったので、勢いよくガラガラッと扉を開けたら着替え中のおじちゃん達が目を点にしながら、動きを止めました。
よく行く銭湯(モダンバス)は女湯が右側だったので、確認もせずに飛び込んだら、紅梅湯は右側が男湯だったのです。
お着替え覗いちゃって、ホントすみません。

sponsored link