DIYトド江たん

最近マクラメ編みを始めました。
そんで、作る時の作業台(タブレロ)が欲しくて通販で探したんだけど、バカ高くないっすか?
あんなカマボコ板くっつけたようなもんがウン千円もするなんて・・
ということで、貧乏根性丸出しのトド江たんはタブレロを手作りしてみたよ☆

切ってもらった木

まずは、ホームセンターに行って適当な厚みのある安い木(200円くらい)を買って、切ってもらいます。
自分で切るとガタガタになるので、やってもらえることは頼みます。ちなみに近所のホームセンターでは30円で1カットしてくれました。

長さが45センチの板だったので、26センチと7.5センチを2枚に切ってもらいました。
(接着すると両サイドの板の厚みもあるので26センチだとちょっと長過ぎかも・・なので26センチ以下がいいかも。)

タブレロ作りの材料

ホームセンターで木工用ボンドと紙ヤスリ(荒いのと細かいの)を2枚購入。
あとは、100円ショップで足りない材料を購入。
(トンカチがなかったのでゴムハンマー、釘セット、のこぎり)

ヤスリがけ
1.まずは、切ってもらった木の断面をヤスリで整える。

切り目に目印
2.切り込みを入れる部分に、鉛筆で線を引いて行く。

切り込み
3.ノコギリで切り込みを入れて行く。その後、軽くヤスリで整える。
(ちなみに私は間違って金属用のノコギリを買ってしまったので、作業が超大変でした☆)

釘を打つ
4.両サイドの真ん中に釘を打つ。
(ヒモを止める時に使う釘です。)

ボンドで固定
5.木工用ボンドで仮止めして、固定出来たら、釘を打ってしっかりと固定する。

手作りタブレロ完成
6.はい、タブレロ完成。合計700円くらいで出来ました。

割と簡単に出来上がってしまいましたが、素人が作ったので近くで見ると作りが汚いです。
でも、インドで出会ったマクラメ職人は、先割れスプーンにヒモを通してマクラメ制作してたので、この程度でも充分にマクラメは編めるのです。

自作のタブレロ

実際に使ってみました。
特に何の問題もなく使えます。

このように、割と簡単に作れるので、マクラメにハマるか分からない初心者の人は、手作りでタブレロを作ってみるのがいいかも。
マクラメにハマって、もっとちゃんとしたのが欲しいと思ったら買えば良いのですボエ。
インドのマクラメ職人が使っていた先割れスプーンに比べれば、手作りでも充分だと思われます。

sponsored link