友人(くちびるげ)と2人で、淡路島へ日帰り旅行してきました。
陰謀論好きな我々の間では、淡路島には様々な陰謀が渦巻いているホットスポットなのです。

【注意】タイトルにある通り、淡路島に行ったのに何もせずに帰ってきたので、この記事を読んでも観光の参考には一切なりません。

淡路島へのアクセス

なんと、我々は青春18きっぷで広島から明石駅まで行きました。
明石にある港から、ジェノバラインというフェリーに乗って淡路島へと向かいます!

明石営業所〜岩屋港(淡路島)

  • 淡路島までの所要時間は約13分
  • 片道500円
  • 1時間に1〜3本の便が出ている

(詳しくはジェノバラインの公式サイトで確認してね。)

明石駅から、潮風の吹く方へ歩いて5分でジェノバライン明石営業所へ着きます。

淡路島旅行記

11時40分の船に乗った我々は、島に着くとちょうどお腹が空いたので、昼食にしました。
食事の時間だけは、規則正しいのです。

スポンサーリンク

ランチは浜ちどりで

お食事処 浜ちどり
兵庫県淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル2F
営業時間:11時〜20時15分
定休日:火曜日
公式サイト:浜ちどり(facebook)

船着き場(岩屋港)の建物(岩屋ポートビル)の2階にあった食堂に、そのまま入りました。
この昭和レトロな感じの岩屋ポートビルには、他に喫茶店もあって、そちらもなかなか良さそうでした。

冬の平日ということで、観光客はほとんどいない状態でした。
我々は、窓際の海が見える席に座った。

なかなか良い眺め。


(メニューの写真撮り忘れちゃったけど、こんな感じ。)

浜ちどりのオススメは、生しらす丼みたいです。
生しらすってことは、新鮮なしらすが食べられるという事ですな。
なかなか、食べられるもんじゃないので、2人とも生しらす丼を注文。


ついでに、タコの唐揚げも注文。旨い。

生しらす丼も、新鮮で美味しい!

ツヤツヤと透き通った生しらす。
いや〜、これは旨い。

生しらす丼を食べただけで、もう淡路島観光やり尽くした感が出てきてしまった。
まだ、船着き場に到着しただけなのに、やばいやばい。

生しらす丼の型に入って記念撮影したら、伊弉諾神宮行きのバスの時刻表を調べに観光案内へ向かいました。

しかし...

観光はやめた

案内所の方にも行き方を考えてもらったんだけど、既に昼過ぎだったので、日帰りでも行けない事も無いけど、ちょっと厳しそうだったんですよね。
というよりも、まったく土地勘が無いので、丁寧な説明を聞いても理解出来ない、パーな我々。

「伊弉諾神宮は、次の機会にしようか」

という事で、伊弉諾神宮はキャンセルw
日帰りじゃなくて、泊まりだったら行ってたと思うんだけどね。

とりあえず、淡路島を歩いてブラブラしてみることにしました。

岩屋港から歩いてすぐの所に見える小さな島。

絵島というそうです。
この小さな島も、国生み神話に登場するそうですよ。

続いて、絵島のまたすぐ近くにある神社。(を背にして、海の方向を撮った)
石屋神社というそうです。
淡路で最も古い神社のひとつだそうですよ。

以上。

え?

明石へ戻る

淡路島を満喫した我々は、日が暮れるかなり前に明石へ戻ってきました。
予定よりもかなり早い時間だったので、とりあえず喫茶店で珈琲でも飲みますか。

明石駅周辺をプラプラ

喫茶店ソアラで休憩

ソアラ
兵庫県明石市本町1丁目2−4 Googleマップ
営業時間:8時〜23時(18時以降はスナックになるらしい)
定休日:日曜日、祝日の月曜日

サイフォン珈琲が飲める喫茶店に入ってみました。
COFFEE&CURRYって書いてあるので、カレーもやってるのかな?

やっぱり、カレーもありますね。
日替わり弁当まである。

私はカフェオレ、くちびるげは珈琲を注文。

テーブルにはメダカがいます。
メダカ...見えないけど、います。

親父が入れてくれた美味しいサイフォンコーヒーを飲んで、楽しかったね〜なんて言いながら、淡路島旅行を締めくくりました。

明石焼きを食べて解散

明石焼き ゴ。明石焼きを食べに行って、まさかの漢字テスト。

さてさて淡路島はまた今度ということで、明石に来たんだから明石焼きを食べないとね!
この後はくちびるげが調べてくれた、美味しそうな明石焼き屋へと向かいました。

これにて淡路島日帰り旅行&明石駅周辺散策は終了。
いったい何をしに行ったのやら...

sponsored link