トドダルマ
タコとだるまの町「三原」に春を告げるお祭り、三原神明市が開催されました。
てことで、ふらりとパトロールして来ました。

だるま祭りだよ!三原神明市の様子

三原だるま市

三原神明市は、三原駅の北側一帯で開催されます。
普段はほとんど人通りのない道に、ぎっしりと露天が並びます。

三原だるま市

この道がこんなに人で埋め尽くされるなんて!!
休日の十条銀座よりも人がたくさんいて賑わっている三原を見ると、何だか嬉しい気分になります。

三原だるま市

植木市も来ています。

三原だるま市の八天堂

そして、三原と言えば八天堂!
八天堂の屋台も出ていました。

他にも三原の地酒(酔心)や、タコ天・たこ飯の店など、三原らしい屋台が出ていました。

しかし、思ったよりもだるまを売っている店が少ないですね。
まあ、だるまなんて何個も買うもんじゃないので、食べ物の出店が多い方が楽しいですよね。

三原だるま市

だるまは、毎年ひとまわりずつ大きな物にしていくって聞いたけど、創業100年とかの店はどうするんだろう?

スポンサーリンク

日本一のだるま

日本一の大だるま

なんと、三原には日本一の大だるまがいるんです。
このとぼけた顔した奴です。

三原の大だるま

日本一と書いてあるので、日本一なんでしょうね。
私も腹に日本一って書いておこうかな。(何が?)

三原だるま市

古いだるまを供養する、だるま供養塔も設置されていました。

三原だるま市

色んなだるまがいるなー

三原だるま市

1回100円の「だるまくじ」というのが大人気で、凄い行列を作っていました。
はずれは無しとのことだったけど、景品交換を見てたら微妙な商品もありました。
でも100円は安いですね。
だるま関係ないけど。

極楽寺の達磨記念堂

三原だるま市

露天の通りを少しだけ抜けて、坂道を上がって行くと極楽寺と言う寺があります。

ここには、達磨記念堂があります。
全国の達磨を収集して展示しているんです。

三原だるま市

7000個の達磨が展示されていて、これが期待してなかっただけに、かなり面白かった!!
米粒の達磨や、鉱石の達磨、30万円もする根付け達磨、のらくろ達磨、トーテムポール達磨などなど・・・
日本全国の珍しい達磨コレクションが見学できました。
おすすめです。

食べ歩き(甘酒とタコ)

祭りの甘酒

酔心の出店で甘酒を買いました。

祭りの甘酒

甘酒は飛ぶ様に売れていて、買うのが大変でした。
しかし冬の祭りには、甘酒ですね。
体が温まって最高です!

三原たこコロッケ

大好物の、たこコロッケを見つけたので買い食いしました。
写真は漁協が売っていた、たこコロッケです。
他に別の店でもう2種類ほど、たこコロッケを食べたんだけどどれも美味しかったです。
たこコロ最高!!!

見覚えのあるお化け屋敷

祭りのお化け屋敷

何だか凄く見覚えのあるお化け屋敷がありました。
この呼び込みの声に・・・この作りは・・・

レトロお化け屋敷

間違いないと思います。
これは、私の地元のお祭り(川越祭り)にも来ていた、あのお化け屋敷です。
以前は見世物小屋とセットだったやつです。
きっと、こうやって全国のお祭りを回って、子供達を楽しませているんでしょう。
素晴らしい!!

エセトトロ

これにてパトロール終了。
いくつになっても、お祭りは楽しいね!

sponsored link