トド江トマト
前回に引き続き、またまた既製品の真似をしてみます。
今度は、ペットボトルでも育てられるプチトマト「ペットマト」のマネをして、プチトマトを栽培してみます。

↓これのマネ

背丈が大きくならないプチトマト「レジナ」

レジナ栽培記録

ペットボトルでも育てられるプチトマトの品種は「レジナ」です。
他の品種はプチトマトでも、背丈がかなり大きくなるんだけど「レジナ」なら15〜20センチにしかならないみたいです。

種はネット通販で300円くらいで購入。

スポンサーリンク

レジナの栽培方法

今回は、ペットボトルとプランターの両方で育ててみます。
(あ、プランターと言っても、いつもの空き缶プランターです。)

レジナのタネまきは、東京の場合はだいたい3〜4月みたいです。
もう6月なので、本当はちょっと遅いんだけど・・やってみましょう!!

タネを植えてから、だいたい3ヶ月くらいで花が咲いて、開花後1ヶ月くらいで実が色づいてくるみたいです。

プチトマト「レジナ」の栽培記録

スポンジで発芽

まずは、スポンジに種を2粒ずつ植えて発芽させます。
100均の台所用のスポンジを、こんなかんじに切って、バッテンに切り込みをいれます。

スポンジで発芽

2粒ずつ種をまきました。
発芽までは、スポンジが乾かないように気をつけます。

スポンジで発芽
これなら、発芽してそのままペットボトルに植えられます。

タネを植えた日は6月10日です。
ちゃんと美味しいトマトが出来るかなぁ。

6月17日:発芽したので植え替え

レジナが発芽した
(晴れ・最高気温29度)

発芽したので、ペットボトル(水耕栽培)と空き缶プランターに植え替え。

▼ペットボトルを切って水耕栽培
レジナをペットボトル栽培
初めての水耕栽培です。
肥料が必要みたいなので、本家のペットマトの肥料と同じ「微粉ハイポネックス」をヤフオクでを購入。

プチトマト栽培記録
こちらは普通にトマト缶の空き缶などで栽培。
屋外で普通に育てます。
肥料は特に無し。成長が悪かったら肥料使います。

6月30日:やっぱり土は成長が早い

ミニトマト栽培記録
(くもり・最高気温27度)

ペットボトルに比べると、プランターに植えた方が成長が早い。
成長のスピードが全然違う。
室内と屋外という違いも大きいのかもしれない。

7月12日:追加

ミニトマト栽培
(晴れ・最高気温32度)

西日しか当たらない場所でも、順調に成長中。

レジナを栽培
こっちは、パクチーが枯れて空いたプランターに植えたトマトです。
7月3日頃にタネを土に直まきしました。
「ペットボトル・空き缶」よりもかなり遅くに種まきしたのに、1番成長が早いです。
やっぱり、「午前中にたっぷりと日があたる」というのは重要なのかもしれない。

7月22日:順調

▼ペットボトル栽培
レジナをペットボトル栽培
(くもり・最高気温22度)

成長してないな・・・

▼空き缶プランター
レジナを栽培
割と順調です。

▼通常プランター
レジナを栽培
凄いスピード!!しかも茎も葉っぱも立派です。
肥料も与えてないのにこんなに順調です。

8月3日:ハモグリバエ被害

0803レジナ栽培記録空き缶
(晴れ・最高気温32度)

ハモグリバエに少し葉っぱを食われた。ハモグリバエの幼虫は潰したけど、不安なので黄色い虫取りシートをぶら下げた。

黄色い虫取りシート
虫は取れるけど・・なんと可愛いヤモリまで引っかかってしまった・・
剥がすの凄く大変だったし、ベタベタは取れないまま・・ヤモリに可哀想なことをしてしまった。
虫取りシートは、もう二度と使いません。

0803レジナ栽培記録プランター
こっちはもう、つぼみが出来ている。

8月16日:レジナ開花

0816レジナ栽培記録ペットボトル
(くもり・最高気温31度)

1番成長の遅いペットボトル軍団。
その中ではマッコリの空容器に入れたレジナが1番良く育っている。

花が咲いた0816レジナ栽培
こっちは、花が咲いた\(*^◯^*)/
茎も立派だし、おいしいトマトが出来る予感♪

9月29日:引越のため、レジナ栽培記録終了

0929tomato

お引越をするので、家庭菜園を中断します。
今までプランターやペットボトルで育てていた植物たちは、アパートの庭に植えました。

ミニトマト「レジナ」栽培記録はここで中断です。

sponsored link