瀬戸内海に浮かぶ離島「大崎下島」にある御手洗へ旅行してきました。
離島とは行っても道が繋がっているので、呉市からバスでも行けちゃいます。(もちろんフェリーでも行ける)

この島の御手洗は、昔ながらの町並みが保存されている地区で、とてものんびり過ごせる場所でした。

御手洗へのアクセス

御手洗の町並み

御手洗へのアクセス
  • フェリー

    竹原港(竹原駅から徒歩20分)からフェリーで大長港まで45分。大長港から御手洗地区までは徒歩20分程度。

  • バス

    広島駅・呉駅・広駅などから、さんようバスで御手洗港まで行けます。本数が少ないので注意。

*この他にもアクセス方法はあるので、詳しくは呉市の案内サイトでチェックして下さい。

御手洗にある観光客向けのお店やカフェは週末だけ営業のお店がほとんどなので、土日にお出掛けすることをオススメします。

御手洗の町並み

御手洗から見える海

大長港から御手洗まで歩いて海沿いを歩いて行くと、生絞りみかんジュースが売られていたり、袋詰めのみかんが売られていたりします。

スポンサーリンク

大長みかん

大長みかん

大長みかん

みかんは、だいたい1袋100円!!安すぎる!!
甘くて美味しいみかんなので、これが1袋100円は相当お買い得です。
しかも、無農薬栽培です。(たぶん)

レモンも同じく1袋100円で売られていました。
かなり美味しいレモンだそうですよ!
ここから直接仕入れているレストランもあるんだとか。

大長レモンとみかん

しかし、収穫する人手が足りていないらしく、鈴生りのみかんの木やレモンの木がそこらじゅうから見えます。

町並み保存地区

御手洗の町並み保存地区

歩いて20分くらいすると、御手洗の町並み保存地区です。
民家はもちろん、時計屋さんや電気屋さんなど古くて美しい建物が並んでいます。

御手洗の土産物屋かんばん
写真を撮ると5%オフになるお土産屋のかんばん

週末の昼間だったので、観光客もチラホラいました。
それでも、かなり静かな観光地です。

御手洗の町並み

古い看板も味があって良いですね。

御手洗での宿泊

御手洗港

御手洗には宿泊施設は数件しかありません。
船や車であっという間に来れちゃうので、日帰りの観光客が多いみたいです。

みはらし食堂・旅館

みはらし旅館

私は「みはらし旅館」というレトロな宿に宿泊しました。

場所は御手洗港のすぐ前です。
素泊まりにしたんだけど、夕食は旅館と同じ所にある「みはらし食堂」で食べました。
浴槽のフタの上で猫が暖をとっていたり、全部串に刺さったおでんがあったり、夕食のあとにみかんをたくさんくれたりと、非常に暖かみのある旅館でした。
旅館も食堂もレトロすぎて面白かったんだけど、うっかり1枚も写真を撮っていません。

なんと「みはらし食堂・旅館」の公式サイトもあるので載せておきます。
みはらし食堂・旅館
でも、予約は電話ですのでご注意ください。
あと、この宿は日曜日はお休みです。

御手洗グルメ

みかん以外にも美味いもの有りますよ☆
御手洗のカフェと、鍋焼きうどん屋をご紹介します。

御手洗のカフェ

船宿cafe若長

まずは、船宿cafe若長です。
古い建物を改装した古民家カフェです。

船宿cafe若長2階
海が見えるので2階の席がおすすめです。

ここのカフェでは、島で取れる美味しい食材を使ったメニューが多い様です。
ということで、まずは大長レモンを使ったデザートを2品・・

檸檬ぜんざい

レモンぜんざい
これはレモン感が凄い。
甘いのにさっぱりしていて、レモンを感じられるぜんざいです。

レモンハニートースト

レモンハニートースト
ぜんざいに比べるとレモン感は少なかった。
これはこれで美味しいんだけど、ぜんざいがヒットすぎたので普通に感じた。

大長アボカド

大長アボカド(メイプルシロップ&シナモン)
大長産のアボカドのデザート?!です。
実はアボカドって甘くして食べても美味しいんですよ。
(東南アジアのデザートでもアボカドが使われている物がある)

元々アボカド好きという事もあって、ペロリと食べてしまった。
まいう〜
あと13杯くらいは食べられる感じです。

肉みそごはん

船出土産の肉みそごはん
デザートのシメはご飯です。
限定10食ランチの肉みそごはんです。

濃厚なミートソースの洋風どんぶりですが、豆腐も入っているのでちょいヘルシー。
粉チーズとタバスコを丼にかけると更に美味しいです。

船宿カフェ若長ホームページ

御手洗名物?鍋焼きうどん&がんす

鍋焼きうどん尾収屋

次は、鍋焼きうどん尾収屋です。
御手洗のファーストフードだそうです。

鍋焼きうどん尾収屋メニュー

鍋焼きうどんは分かるけど、がんす??がんすって何??

がんすとは、広島県で主に生産されている魚肉練り製品のひとつ。かまぼこ原料のすり身に野菜や一味唐辛子などを混ぜ、長方形に成形し、パン粉を付けて揚げた製品 (by wikipedia)だそうです。

尾収屋の鍋焼きうどんにも「がんす」が入っています。

鍋焼きうどん尾収屋
ノーマルの鍋焼きうどん

うまい!!
寒かったので、尚更美味しく感じました。
更に、正月に作った餅の残りがあったようなので、うどんを食べ終わったら雑煮にしてもらいました。
炭水化物愛してます。

鍋焼きうどん尾収屋のがんす
これが、気になっていた「がんす」です。

う、うまいよ、がんす!!
気に入ったよ。

鍋焼きうどん尾収屋のがんす

ということで、食べ歩き用に単品のがんす(¥200)も買って帰りました。
これ凄い気に入ったので、広島というか、もう御手洗名物にしたらどうですかね、レモンとか練り込んで。

鍋焼きうどん尾収屋facebookページ

御手洗は、保存地区の町並みも素晴らしいけど、食べ物がけっこう美味しかったです。
あとは、安くて美味しいみかんを大量買いして、背負って帰るのがおすすめです。

sponsored link