トドとマック
エックスサーバー使ってるブログってアクセスが多そうで格好いいよね!
という理由だけで、さくらからエックスサーバーに変えました。

その時の「サーバーお引越し」のメモ書きです。

さくらからエックスサーバーへ移転の流れ

  1. エックスサーバーと契約する(さくらは、まだそのまま契約しておく)
  2. さくらから、ブログのデータをダウンロードする
  3. エックスサーバーに、ブログのデータをアップロードする
  4. wp-config.phpを書き換える
  5. 動作確認
  6. ネームサーバーの変更
  7. エラーが出る場合はPHPの設定を確認

ここまで終わってから、旧サーバー(さくら)を解約します。

サーバーを契約する




まず、新しいサーバーと契約します。
私はエックスサーバーのX10スタンダードプランにしました。
だいたい、どこのサーバーも無料お試し期間があるので、気になったらとりあえず使ってみましょう。
(私は過去に、お試し期間でやめたサーバーが2個あるので、やはり実際に使ってから決めた方がいいですよ)

ブログのデータをダウンロードする

次はサーバーに保管している全てのデータをダウンロードします。
wordpressブログの場合は、ブログデータをダウンロードして、データベースをエクスポートします。

(ブログデータをダウンロード)

FTPソフトを使って、自分のPCへダウンロードします。

(データベースをエクスポート)

次に、データベースをエクスポートします。
さくらのコントロールパネルにログインして、MySQLにログインします。

必ず構造の1番上の欄にチェックを入れてから、エクスポートを実行します。

これでダウンロード作業は完了です。

ブログのデータをアップロードする

次は、新しいサーバーにデータのアップロードしていきます。
ドメインの追加→ブログデータのアップロード→データベースのインポートの順に進めます。

(ドメインの追加)

まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

ドメイン設定を開いて、ドメイン名を追加します。
(まだ、ネームサーバーは変更しません!)

(ブログデータのアップロード)

続いて、FTPソフトでエックスサーバーに接続します。

先ほど、ドメイン名を追加したので、エックスサーバーのフォルダの中に自分のドメインフォルダが出来ているはずです。
そこから更に先に入っていき、public_htmlというフォルダを開きます。


ここに、先ほどダウンロードしたデータをアップロードしていきます。
(この作業はかなり時間がかかった!)

(データベースのインポート)

最後に、データベースのインポートです。
エックスサーバーのサーバーパネルから、データベースの画面に行き、MySQL設定→追加をします。

データベース名を入力します。(文字コードがUFT-8になってるのを確認してね)
その後、MySQLユーザの追加にIDとパスワードを新しく入力して追加をします。


MySQL一覧のアクセス権未所有ユーザから、作ったIDを選択して追加ボタンを押します。
(そうすると、隣のアクセス所有権ユーザに名前が出て来るはず)

続いてMySQLにログインします。(MySQL設定の下の、phpmyadminからログインできます)

インポート画面から、先ほどエクスポートしたファイルを選択してインポートします。

これでデータの移動は完了です。

wp-config.phpを書き換える

最後にwp-config.phpのデータベース名なんかを書き換えます。
wp-config.phpをテキストエディターで開きます。


メモ帳で開いちゃダメですよ!
ちゃんとテキストエディターで開いてください。


「データベース名」「ユーザ名」「パスワード」「ホスト名」を、新しいものに書き換えてください。

動作確認

エックスサーバーには、動作確認URLという機能があるので、これを使います。

移し替えたブログが、ちゃんと表示されるのかを確認しましょう。

ネームサーバーの変更

動作確認をして問題がなければ、最後にネームサーバーを変更します。

エックスサーバーのネームサーバーは以下の5つがあります。

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

私はムームードメインでドメインを取っているので、ムームードメインのコンパネにログインしてネームサーバーの変更を行いました。

ネームサーバーの変更をして、しばらく経てば、ブログデータは新しいサーバーから反映されます。
これは即時に切り替わる事もあれば、数時間かかることもあるようです。

反映されたかを調べる方法

私はこの「ウェブ調査」というサイトを使って調べました。
自分のURLを入力すると、逆引きホスト名というのが出てきます。
そこのホスト名が、エックスサーバーに変わっていたらOKです。

エラーが出る場合

基本的にエラー確認は、動作確認の時点で分かるはずです。

何かしらのエラーが出て、サイトが正しく表示されない事があります。
私はPHPの設定のせいでエラー出まくりました。
これは、さくらの時に使っていたPHPのバージョンとエックスサーバーで設定してあるバージョンが違った事により出るエラーでした。
その場合は、旧サーバーで使っていたPHPのバージョンと同じに変更すれば、表示は元通りになります。