むしょうにピータンと紹興酒を飲みたくなったので、北京という中華レストランに行ってきました。
三原で中華料理屋に行くのは、前回の上海軒以来、今回で2回目です。

中華レストラン北京

中華レストラン 北京
広島県三原市宮浦4丁目6−26 Googleマップ
OPEN:11時30分〜14時/17時〜21時(ラストオーダー:8時)
定休日:月曜日
ホームページ:中華レストラン北京

三原駅からはちょっと離れていますが、歩けない事もないです。
徒歩だと、三原駅から本郷方面に向かって20分くらいかな?
タンドール三原店のすぐ近くです。

駅からバスも出ています。
(三原駅5番乗り場から西野、県立大学行きに乗って約5分。宮浦中央で下車。)

平日に行ったんだけど、けっこう混み合っていました。

メニューは、こんな感じ↓

ピータン(360円)あるある♪
早速、紹興酒(380円)と一緒に注文しました。

sponsored link

紹興酒とピータン

何種類かある紹興酒のうちの、古越龍山というのを頼んでみました。
とっても美味しいのですが、残難ながら私には紹興酒の味の違いなどが一切分かりません。
どんな紹興酒でも美味しく感じる、幸せな舌を持っています。

ピータン…想像と違うサラダ風な感じのが出て来ました…ピータンはピータンだけども。
ちゃんとキャベツの上にピータンが乗っています。

ピータンをチビチビ噛みながら、紹興酒を飲む。たまらんのぉ〜

チャーハン(並・700円)は、量が凄かった。
大盛りと迷ったけど、小でも充分だったかもしれない。
味はまあ、普通です。


これは、揚げそば(700円)…だったけな?
とっても、美味しいです。

そして、餃子(360円)。
これも、なかなかおいしい餃子でした。

高そうな店構えの中華屋だったので、高級店なのかと思ったら、意外とリーズナブルに感じました。
ラーメン500円とかって、かなり激安ですよね。
味は、本格的な中華というよりは、ちょっと家庭的な馴染みのある味付けです。

次は、麻婆豆腐を食べてみたいです。

sponsored link