プッタネスカのイラスト
私の大好物プッタネスカのレシピです。
プッタネスカは、娼婦のパスタとも呼ばれる、刺激的なパスタです。

*前に作ったのがしょぼかったので、作り直しました。(2020/3/28)

プッタネスカ(娼婦のパスタ)

プッタネスカのレシピ

あんまり日本では「プッタネスカ」って、聞かないですよね。
プッタネスカは、にんにく・アンチョビ・黒オリーブ・ケッパー・トマトなどを入れた刺激的なパスタです。
イタリア語で娼婦のパスタという意味らしいです。

スポンサーリンク

材料

プッタネスカの材料

1人分の材料
  • パスタ 1人分(100g)
  • トマト缶 100g
  • 小さいトマト 1個
  • アンチョビ 1〜2尾
  • にんにく 2片
  • 鷹の爪 2本
  • ケッパー 小さじ1
  • ブラックオリーブ 4〜5粒
  • パセリ 適量
  • 黒こしょう 適量
  • 粉チーズ 適量
  • オリーブオイル 適量
  • (パスタを茹でる時の)塩 小さじ1

作り方


①材料を切る
にんにくはみじん切り、唐辛子は輪切りにして、アンチョビも細かく刻んでおきます。
トマトとパセリも適当な大きさに切っておきます。
ケッパーとオリーブは、小さく切ってもいいしそのままでもOKです。(お好みで)


②パスタを茹でる
ソースの調理と同時に、たっぷりのお湯でパスタを茹でます。(塩も入れてね)


③オリーブオイルを入れる
鍋に刻んだニンニク・唐辛子・アンチョビを入れて、オリーブオイルをたっぷりと注ぎます。
オイルは、「入れすぎかな?」ってくらい多めに入れると美味しく仕上がります。


④炒める
ニンニクに軽く火が通るくらいまで炒めます。


⑤オリーブ、ケッパー、トマト缶を加える
黒オリーブとケッパーを加えて炒めます。
次に、トマト缶のトマトを加えてしばらく煮詰めます。


⑥茹で汁を加える
途中でパスタの茹で汁を大さじ1くらい加えて、さらに煮詰めます。
ここで味が足りなければ、茹で汁か塩を加えて調節します。


⑦パスタを加える
鍋に茹でたパスタを入れたら、パセリとトマトを加えて全体を混ぜます。
最後に黒こしょうをたっぷりと振りかけて、お皿に盛りつけます。


⑧粉チーズとオリーブオイルをかける
粉チーズを振りかけてから、オリーブオイルをかけます。


⑨仕上げ
これでもか!と追いオリーブオイルをしたら出来上がりです。

加熱用にはピュアオリーブオイルを使い、生食用にはエクストラバージンオリーブオイルを使っています。

完成!

プッタネスカの作り方

プッタネスカはシンプルなレシピだけど、すごく本格的で美味しいパスタなんです。

しかし、油が美味しい...
最近パスタにオリーブオイルをたっぷりとかけるのが好きで、だいぶ過剰摂取しています。

プッタネスカのレシピ

ここにシーチキンを入れるレシピもあります。
シーチキンを入れれば、もっと濃厚でうまみのある味になるでしょう。
(でも、私は入れないバージョンの方が好き)

インドで食べたベジタリアン用プッタネスカ

私はインドのイタリアンレストランで、初めてプッタネスカを食べました。
そして、ハマりました。
にんにくたっぷりのトマトソースにケッパーの刺激がくせになり、しょっちゅう食べていました。

インドで食べていたプッタネスカは、アンチョビは使っていませんでした。
ベジタリアンの店だったので!

ベジプッタネスカの材料は、トマトソース、ニンニク、唐辛子、オリーブ、ケッパー、チーズですね。
これでもとても美味しかったので、今度はベジプッタネスカも作ってみようかな?

sponsored link