ホップを持つトド江たん
シンガポールのタイガービール工場見学ツアーに行って来た。
見学の最後には、な、なんと45分間のビール飲み放題が、あるらしい。
とは言っても、ツアー料金が約1,550円(S$.18)かかる。
日本のビール工場見学では無料で3杯くらい飲めちゃったりするので、そう考えるとタイガービール工場見学はお得なツアーではないかもしれない。
でも、出来たてのタイガービールは超美味しい!という評判らしいので、期待して行ってみた。

タイガービール工場見学

料金:18シンガポールドル
アクセス:MRTのJooKoon駅から「182か182M」のバスで工場の目の前まで行ける。タクシーが楽。
申込方法:HPから申し込み&支払い https://www.tigerbrewerytour.com.sg/
住所:459 Jalan Ahmad Ibrahim, Singapore 639934
TEL:(65) 6860 3005
特徴:前半45分で工場見学ツアー、後半45分でビール試飲(タイガー他、数種類のビールが無料試飲できる。有料ビールも有り。)
※2015年12月の情報です。

シンガポールに住む友人(日本人)と彼氏(シンガポール人)がすべての手配をしてくれたので、私はお金を払ってビールを飲むだけだった。
まず、MRTの緑色のラインで終点のJooKoon駅まで行き、そこからバスに乗る予定だったが、バス乗り場が分からない&時間がギリギリだったのでタクシーで工場まで行った。タクシーでだいたい10分程度。

sponsored link

タイガービール工場見学ツアーの前半

前半の45分は工場見学ツアーです。
タイガービール工場に着くと、すでにツアーの参加者達が大勢集まっていました。

タイガービール工場見学

まずは、工場のパンフレットとトークンを渡された。
このトークンは試飲タイムの時に使うらしいが、パーチクリンな私にはいまいちシステムが良く分からなかった。

タイガービール工場見学

入場のスタンプ(?)を手の甲に押してもらってスタート。
このスタンプに何の意味が有るのかは、またしても不明。

タイガービール工場見学

この可愛いお兄さんが工場見学の説明をしてくれました。
英語が上手すぎて、私にはほとんど理解出来ませんでしたが、可愛いので真剣に見つめました。

タイガービール工場見学

タイガービール工場見学

まぁ、だいたいタイガービールの歴史的なこととか・・
そんな感じのことを説明していたようですね。

タイガービール工場見学

これはビールの原料です。実際に手に取って触れられます。
この麦芽(モルト)についても説明されましたが、またしても良く理解できなかったので匂いだけ嗅いでおきました。

その後は、実際にビールを作っている工場内へ案内されましたが、写真撮影は禁止でした。
あ、もちろん、ここでの説明も理解が出来ませんでした。
でも、お兄さんの事は真剣に見つめました。

工場内はとにかく蒸し暑いので、早く出て冷えたビールを飲み干したい!!とウズウズしてくる。
汗もダラダラ。早くビール飲みたい。

やっと蒸し暑い工場を出ると、工場の庭での記念撮影タイムです。
特に撮る物がなかったので、トラ柄のシャツを着たインド人客を隠し撮りしたりしてみた。

トラ柄シャツのインド人

多分タイガービール工場に合わせてタイガー柄のシャツを着て来たのでしょう。
素敵すぎます。

最後に美味しいビールの入れ方を教わって、見学ツアーは終了です。

タイガービールマーライオン

もちろん、その説明も理解出来なかったので、横にいたタイガービール缶のマーライオンと記念撮影をして終了にしました。

待ってました!生タイガービールの試飲ですよ!!

後半の45分間でビールの試飲が出来る。
飲み放題と聞いていたが、何だかちょっと様子は違った・・。

私たちは、英国パブっぽい作りのバーに案内されました。

タイガービール工場見学

ビリヤード台もあります。

ここでは、タイガービールに加えてハイネケンなど数種類のビールが飲めるらしい。
おつまみ(スナック菓子)も無料です。

タイガービール工場見学

最初はとりあえず生タイガービールをジョッキで!!
生で飲むタイガービールは超美味しい♪という噂でしたが、実際は普通の味でした。
もちろん美味しいんだけど、感動するほどの美味しさではなかったです。

ここで、最初に貰ったトークンを使うっぽいんだけど・・何だか良くシステムがわからない。
友達(英語ペラペラ)も彼氏(シンガポール人)も良く理解していない。
つまり、誰もちゃんと説明を聞いてなかったんですね。

1杯目はジョッキでビールを飲めたのですが、2杯目からはトークンを出してくれと言われました。
そして、2杯目でトークンは回収されてしまったので、3杯目を飲む場合は有料!?て事なのかな。
ということは、45分間の試飲タイムは飲み放題ではない様ですね。
私たちは2杯で十分だったので、詳細は良く分かりませんが。

帰りはタイガービール工場のすぐ近くにあるバス停からバスに乗って帰ったのですが・・バスだと結構時間がかかります。

ええっと、今回の記事をまとめると、ビール工場見学に行ったけど誰も説明聞いてませんでした。でも、説明をしてくれたお兄さんは可愛かったです。ということです。

あー、ビール飲みたい。

sponsored link