タコ江ちゃん

三原で飲むなら「六文銭」という居酒屋が1番美味しい
と、色々な人から聞いていたので、友人くちびるげと行ってきました。

漁協推薦の居酒屋「六文銭」

三原・六文銭

下町の居酒屋 六文銭
住所:広島県三原市城町2-2-21 浮城ビル1F Googleマップ
OPEN:17時〜0時
定休日:日曜日

駅から徒歩3〜5分くらいかな?
漁協推薦の看板もあるので、魚介類に期待できそうなお店です。

スポンサーリンク

店内の様子

三原・六文銭店内

17時の開店直後に入ったので、最初は客は少なかったけど、あとから続々と客が押し寄せて来ました。
しかも、ほとんどが会社帰りの男性客で、ここはインドか!!ってくらい男だらけでした。
2つあるトイレも「男性専用」と「男女共用」なことから、このお店の男女比がよくわかります。(とはいえ、女性だけで行っても全然だいじょうぶです!)

三原・六文銭
でっかい六文銭

この六文銭を持っていれば、三途の川の渡し船に乗れるらしいです。

メニュー

三原・六文銭メニュー

三原・六文銭メニュー

思ったよりも、お手頃なお値段ですね。

通貨の単位が文になっているのですが、円ではなく文で払わなければならないのでしょうか。
1文は現代のお金で約12円らしいので、100文は120円になります。
でも、安心して下さい。
六文銭では、円を文で表記しているだけですので・・・つまり普通に円で払えます。

食べた料理

三原・六文銭のお通し
お通しと生ビール

まずは、お通しと生ビール。
実は「みはらし温泉」で温まった後だったので、ビールがうまいッ!!
(みはらし温泉には三原駅から無料のシャトルバスが出ています)←潰れました

三原・六文銭
酢がき(580円)と、みはら神明鶏たたき(480円)

神明鶏のたたきは、この値段でこの味!?
新鮮だし歯ごたえも良くて、すっごく美味しいです。

三原・六文銭
たこ酢(480円)

三原・六文銭たこの卵煮
たこの卵煮(300円)

どれもこれも、新鮮でまいう〜です!

最後のたこの卵煮は、想像とかなり違うものが出て来ました。
「たこ」の「卵煮」だと思っていたのですが、「たこの卵」を煮たものみたいです。
鶏そぼろみたいで美味しいです。

たこコロッケが旨すぎてリピート

三原・六文銭たこコロッケ
地だこコロッケ(380円)

このコロッケが、かなり美味しいのでおすすめです。

三原・六文銭たこ

コロッケの中にも、た〜っぷりとタコが入っていて、歯ごたえがいいコロッケなのです。
コリコリとしているけど、柔らかいタコです。

三原・六文銭タココロッケ

美味しすぎてコロッケおかわりしました。
あと15個くらい食べられる美味しさです。

三原ハイボール

三原・六文銭ドリンクメニュー

三原ハイボールというのが気になったので頼んでみました。
醉心は日本酒なので、ちょっと心配だったけど少量ならいけるでしょう。
(日本酒は体に合わなくて、すぐにゲロロ将軍になってしまう)

三原ハイボール
三原ハイボール(480円)

ハイボール感は全く無く、ジュースみたいな飲み物です。

ところで、この醉心と一緒に入っているスマック??ってなんなんだろう?
くちびるげは「なんか知ってる」と言ってるけど、私は初めて聞きました。
そこで、くちびるげがスマック単品を注文してみました。

三原のスマック
スマック(200円)

三原・六文銭でスマック

調べてみると、桜南食品という三原の会社が出しているクリームソーダみたいです。
くちびるげは愛媛出身だから、もしかしたら普通にスーパーとかで売られていたのかな?
一時は全国で売られていたものらしいのですが、私は聞いた事も見た事もありませんでした。

魚介だけでなく、ドリンクも三原の味を堪能できる六文銭でした。
地だこコロッケが超おすすめなんで、ぜひ15個くらい食べてみて下さい。

sponsored link