先日、メルカリでほぼ新品の豆乳メーカーを購入しました。
そしたら、壊れてました。


通電しませんでした。
お金出して粗大ゴミを買ってしまいました。
もう二度と中古の電化製品は買いません。

豆乳の簡単な作り方

豆乳メーカーは壊れていたけど、先走って大豆を1kg買っちゃってたんです。

ということで、
豆乳メーカーは使わずに豆乳を作りました!
これが意外と簡単だったんで、豆乳メーカーなんて買う必要ないんじゃないの?と思ってます。

材料

  • 大豆 100g
  • 水 1リットル

これで600mlの豆乳ができました。

スポンサーリンク

下準備

大豆を1晩水に浸けておきます。

これで、だいたい10時間くらい浸けました。

約二倍くらいになったのかな?
丸っこい形から、大豆らしい形になりました。

作り方

1.大豆をミキサーにかける
ミキサーでペーストを作ります。
水を少しずつ入れてまわすと、なめらかに仕上がるようです。

この時点では、豆特有の青臭いニオイがします。

2.加熱する
鍋に移して弱火で温めます。
焦げやすいので、かき混ぜながら...
(といいつつ、面倒なのでたまにかき混ぜる程度でした)

3.火を止める
青臭いニオイから、だんたんと豆腐の香りに変わっていくのがわかります。
だいたい10〜15分くらいしたところで、火を止めます。
(15分以上火にかけると風味が悪くなるらしい)

4.漉す(おからと豆乳をわける)
最後にガーゼなどのこし布を使い、おからと豆乳にわけます。

私はこの、シンクにあるようなステンレス製のアミを使いました。
これは、壊れた豆乳メーカーについていた部品です。
けっこう使えるんですよ。
(よかったよかった)

5.豆乳の完成
だいたい「豆乳600ml」と「おから250g」くらい出来ました。
あれ?豆乳と水合わせて1100gくらいだったのに、850gに減っちゃった。
(どこいったの?蒸発したの??)

しかし、豆乳って思ったよりも簡単に作れるんですね。
慣れてくれば、分量とかは割と適当でいけます。
豆乳メーカーなんて使わなくても、全然いけますよこれ。

豆乳の保存

手作り豆乳はあまり日持ちしません。
冷蔵庫に入れて翌日までには飲みきるようにしましょう!

黒豆でも作れます

黒豆を使った黒豆豆乳も、同じ要領で作れます。

黒豆豆乳には、砂糖を多めに入れて甘くして飲むのが美味しいですよ!

おからを使ったレシピ

まず、手作り豆乳を始めると、持て余してしまうのが「おから」です。
毎日豆乳を飲む事は合っても、おからはしょっちゅう食べるもんでもないですよね。
てことで、おからを使ったレシピ!!(byサブブログ)

おからチヂミ

おからチヂミ(ビジジョン)レシピ

おからチヂミは、ちょーっと手間がかかります。
表面カリカリで食べ応えのあるおやつです。

韓国風おから鍋

ビジチゲ(おからチゲ)レシピ

韓国風おから鍋です。
キムチとおからの組み合わせは、意外と合うんです。
癖になるチゲです。

おから丸ごと豆乳スープ

ふと思ったんですよね。
おからと豆乳を分けなくても、そのまま食べていいんじゃないの?と。

てことで、おからと豆乳をわけずにスープを作ってみました。
台湾の朝食で食べられている、豆乳スープです。
元のレシピはこれ↓

【台湾の朝食】鹹豆漿/シェントウジャン(豆乳スープ)レシピ

これ、すごく簡単です。
前日に豆を水に浸けておいて、朝ミキサーにかけて温めるだけですから!!

豆乳メーカー買い直さないでよかったー
手作りなら少量を作るのも可能だしねー
あー、よかったー...

(最近は少量を作れる豆乳メーカーもあるらしい)

大豆のイソフラボン効果

私は毎日豆乳を飲んでいるので、イソフラボンの美容効果を存分に受けているはずです。
ご存知の通り、大豆には女性ホルモンに似た作用があると言われていて、それをイソフラボン効果〜とか言っているけど、実はそれはエクオールという成分なんですよね。

大豆等のイソフラボンを体に取り込むと、腸でエクオールと言う成分に変えてくれて、そのエクオールに美容効果があるのです。
しかし、エクオールを作る事が出来るのは、日本人では2人に1人以下と言われています。

自分がエクオールを作れる人か、作れない人か?は、エクオール検査「ソイチェック」で調べる事が出来ます。(尿を送って検査してもらう)
私は、かなり活発にエクオールを作れるという結果(レベル5)だったので、毎日豆乳生活を続けています。

sponsored link