高田馬場駅にある、タックイレブンというミャンマービルに行ってきました!(with友人すなかべ)

タックイレブンとは

在日ミャンマー人の多い高田馬場は、リトルヤンゴンとも呼ばれているそうです。
その高田馬場にあるタックイレブンというビルには、ミャンマー系の食堂や食材・雑貨店が集まっているんです。

sponsored link

タックイレブンまでのアクセス

タックイレブン
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2丁目19−7 タックイレブン高田馬場

JR高田馬場駅の早稲田口を出ます。

このガードレールのすぐそばにあります。
ガードレールの下には、手塚治虫氏のキャラクターたちが!!

ブラックジャックやお茶の水博士たちが、右方向を指さしています。
しかし、そっちの方向とは逆に進みます!

このレンガのビルが、タックイレブンです。
駅からすぐですね。

1階は飲食店

1階には何件かのミャンマー食堂があります。
飲食店の看板をみると3軒のミャンマー料理屋があるみたいですね。

1階にあるミャンマー食堂は、どの店もけっこう賑わっていました。(小窓から覗いてみた)

さて、私の目的は8階から上にある、ミャンマーストアーなので、エレベーターで上に上がります。
このエレベーターには、続々とミャンマー人客や日本人客が乗って来るので、すぐに満員になります。
タックイレブン賑わってますね!

ミャンマ系の商店

なんと、ミャンマー食材屋の方もけっこう賑わっています!
私たち以外にも、けっこう日本人客が来ていました。

ネットで下調べした情報では、お店は3軒くらいしかないのかな?と思ってましたが、もっと入っていました。

そのお店にも見たこと無い商品が並んでいて面白いです。
どの店の店員さんも、「これなんですか?」って聞くと、すっごく丁寧に教えてくれます。
押し売りみたいな感じが一切無いので、非常に楽しいお買い物ができます。
しかし日本に存在しない食材も多いので、説明を聞いてもイマイチよく分からない物も多かったです。(それもまた面白い)

航空券やビザなどを扱うお店もありました。

ブログ用に使う写真を撮っていた私に釣られて、写真を撮りだした友人すなかべ。
一体なにを撮っているのだろうか。

タックイレブンで買った物

もっとたくさん買ったと思ったけど、コレだけだった。
4軒くらいをはしごして、ちょこちょこと買いました。

こちらは、見ての通りミャンマーのお茶です。
色んな種類のお茶が売られていましたが、これは「もち米の味がする」という説明を聞いて購入したもの。

ミャンマーの商品には、英語表記が無い物がほとんどなので、このミャンマー文字が分からないと、まったく分かりません。
この感覚は凄く面白いですね。


(あ、左のはタイの店で買ったやつかも)

このミャンマーのハーブセットも、説明を聞いたんだけど...よく覚えていないです。
スープに混ぜて使うんだと思うけど、文字が分からないから調べるのも難しいですね。
でも、どうにかして調べて使ってみる予定です。

これは、「臭くて辛いソース」という説明をされたものです。
実際には、もっと色々と話してくれたんだけど、なんせ日本に無い物を説明しているので、私も店員さんも探り合いの会話です。
結局よく分からなかったけど、アミ海老(?)と唐辛子のイラストが、非常に食欲そそられたので買ってみました。
どんな、味なんだろう。

これは、説明を聞かずに買いました!
カレーパウダーなら、ちょっと調べれば分かるでしょう。
これでミャンマー風カレーが作れるのかな。
しかし、蟹と魚のイラストは何だろう...?海鮮エキス入りって事?

左からインスタントのミルクティー、コーヒー、そしてコーヒーティー...え?

4 in 1なので、コーヒー・紅茶・砂糖・ミルクの4つが入っているインスタントパウダーです。
これは未知の味です。

確か中学生の頃に、「コーヒーと紅茶を混ぜたら美味しいんじゃないか?」と思って、混ぜて飲んでみたことあるんだけど、味が混ざり合わなくて美味しくなかったんですよね...
そんな中学時代の私の発想を、実現してくれているインスタントコーヒーティーです。

実際に飲んでみたら、割と想像通りの味でした。
最初は、インスタントのカフェオレの味が強い思ったら、だんだんとミルクティーの味もしてくるという摩訶不思議な飲み物です。
不味くはないけど、ちょっとボンヤリとした味かな。

以上。
これだけ買っても、そんなに高くなかったです。
良心的なお店ばかりでした。

次はもっとミャンマー食材について勉強をしてから、タックイレブンに向かいたいと思います。
分からないまま買ってみるのも楽しいけど、使い道に困るので...

sponsored link