ミャンマー風チリソースのレシピ

ミャンマーの発酵ペースト「ンガピ」を使って、ミャンマー風のチリソースを作りました。
生野菜をディップしたり、白いご飯に乗せて食べてもご飯がすすみます!

ンガピとは

ミャンマーのンガピ

ンガピ(Ngapi)とは...魚、もしくはエビを塩漬けして発酵させたペーストです。
タイのカピ、マレーシアのブラチャン、インドネシアのトラシ、そしてミャンマーのンガピって感じですかね。

ミャンマー風チリソースのレシピ

ンガピ

今回使ったンガピは、ベーシックなエビの塩漬けペーストです。
ンガピは、タイのカピなどでも代用可能です。

sponsored link

材料

ンガピチャット

  • 玉ねぎ(大) 1/2個
  • トマト(小) 2個
  • にんにく 3片
  • 生唐辛子(赤) 1本
  • 粉唐辛子 小さじ1
  • 干しエビ 10g
  • レモンorライム 1/2個
  • ンガピ(又はカピなど) 小さじ1
  • ナンプラー 小さじ2
  • (これはお好みで)グリーンチリ 適量

作り方


【1】エビを砕く
ミルを使って、干しエビを粉状にします。


【2】材料を切る
玉ねぎ、にんにく、生唐辛子はみじん切りにする。
トマトは適当な大きさでOK


【3】ンガピを溶く
ナンプラー(小さじ2)にンガピ(小さじ1)を入れて、よく溶きます。


【4】炒める
1.鍋に油を多めに入れて、玉ねぎを炒める。
2.玉ねぎに火が通ったら、にんにく&唐辛子を入れて炒める。
3.【3】で用意しておいたンガピとナンプラーを加える。
4.トマトを加えてます。


【5】干しエビを加える
干しエビと粉唐辛子を加えて、しばらく煮込みます。
(途中で水分が減りすぎたら、少しずつ水を加えて焦げないようにする)


【6】仕上げ
最後に青唐辛子を加えて、レモンを絞ったら完成です。

ミャンマーのンガピを使ったレシピ

ンガピに加えて干しエビも入れているので、エビの旨味がギュッと詰まっています。

ミャンマー料理

好きな生野菜につけて食べると、とっても美味しいですよ。
きゅうり、大根、クレソン、オクラ、ちんげん菜をディップして食べてみました。

ミャンマーのソースレシピ

う、う、う、うますぎる!!
これは本当に、美味しいのでぜひ試して欲しいです。
旨味が凝縮されていて、商品化できそうなレベルです。
(安定の自画自賛)

ミャンマーカレー風

白いご飯に乗せて食べても美味しいですよ。
ご飯泥棒です。

ンガピを使った料理の種類

以下、英語版wikipediaのンガピに載っていた情報を元にしています。
わたし英語が微妙なんで正確ではないかもしれません。(ていうか、きっと色々間違っている)

Ngapi yay(柔らかいンガピ)
カレン料理みたいです。
魚のンガピを使うのかな?
玉ねぎ、トマト、にんにく、こしょうなどのスパイスと一緒にンガピを煮る。
緑がかった灰色のスープのような見た目です。
生食、または湯通しした野菜やフルーツをディップして食べます。

Ngapi thoke (ンガピサラダ...というか和え物)
ンガピをライムorレモンで薄めて、刻んだ玉ねぎと唐辛子を和えたサラダ。

Ngapi cyet (チャット=料理の意味ぽい)
季節の野菜や果物を、ンガピで調理したもの。
今回作ったチリソースも、Ngapi cyetというのかな?

Ngapi gyaw (ンガピ揚げ)
ンガピに、エビフレーク・玉ねぎ・にんにく・唐辛子を混ぜて揚げたもの。
(揚げるというか、た〜っぷりの油で炒める感じ?)
味付けは家庭やレストランによって様々なバリエーションがある。
あれ?今回作ったのはこっちかな?

Ngapi daung (砕いたンガピ)
フライパンで炒ったンガピを、にんにく、赤or青唐辛子と一緒にすりつぶす。
油を使わないのが特徴みたいです。

Ngapi kyeik (砕いたンガピ)
ラカイン地方の料理で、この地域のンガピは塩分が少ない
焼いたンガピに、大きな青唐辛子とニンニクを混ぜたもの
Ngayote kyeik (砕いた唐辛子)とも呼ばれる

Pè ngapi (豆のンガピ)
シャン州の高原で使われている、大豆で作られた植物性のンガピです。
(魚やエビじゃなくてもンガピと呼ぶのか?)
カレー作りなんかに使われているようです。
もしかして豆豉みたいなものかな?