バズン・ヒンレシピ

海老を使ったミャンマーカレーを作ります。
正確にはカレーではなく、ヒン(油戻し煮)という料理です。

バズン・ヒンで、海老の油戻し煮という意味らしい。

バズン・ヒン材料

バズンヒンの材料
2人分 500円 40分

  • 海老 100g(6尾くらい)
  • 玉ねぎ(中) 1個
  • トマト(小) 1個
  • にんんく 1片
  • 油 大さじ2
  • タマリンドペースト 小さじ1/2
  • ナンプラー 適量
  • ターメリック 小さじ1/2
  • チリパウダー 小さじ2
  • パクチー(トッピング) 適量

※タマリンドペーストは、無かったら入れなくても良いです。

sponsored link

バズン・ヒンの作り方

海老をナンプラーに漬ける
【1】海老をナンプラーに浸ける
海老の殻と背わたを取り、ナンプラー(小さじ1)&ターメリック(小さじ1/2)をよく絡めて、10分程度浸けておきます。

野菜を切る
【2】野菜を切る
玉ねぎとニンニクはみじん切りに、トマトは小さめに切っておきます。

玉ねぎを炒める
【3】玉ねぎを炒める
鍋にたっぷりと油(大さじ2)をひいて、玉ねぎを弱火で5〜10分程度炒めます。
玉ねぎがきつね色になってきたら、ニンニクを入れて香りが出て来るまで炒めて、最後にトマトを入れます。

スパイスを入れる
【4】スパイス類を入れる
ターメリック(小さじ1/2)、チリパウダー(小さじ2)、タマリンドペースト(小さじ1/2)を入れて良く混ぜます。
焦げそうになったら、少しだけ水を入れます。

海老を炒める
【5】海老を炒める
海老を入れて、火が通るまで炒めます。

煮込む
【5】煮込む
具が浸るくらいの水(1カップくらい)を入れて、弱火で15分くらい煮込みます。
最後にナンプラーで味付けしたら完成です。

ミャンマーのエビカレーレシピ

美味しそうな油がプカ〜っと浮いていますね。
パクチーは油っこいカレーとの相性が良いです。レモンやライムを絞ってもいいかもな。

海老ヒンのレシピ

油っこいけど、海老の味がしっかりと出ているのでご飯が進みます。
油の戻し煮という意味通り、濃厚なエビ油を食べている感じですね。

海老の油戻し煮

相変わらず、ミャンマーには行った事無いけど、またミャンマー料理を作ってみました。
自分的には現地の味っぽく仕上がったんじゃないかと思います。(行った事無いのにどうしてわかるのか...)

ヒンの味は、インドカレーとは全くの別物です。
日本のカレーとも、タイカレーとも違います。
しいて言うなら、マレーシアのカレーとかに近いのかな?いや、そうでもないな...
まあ、そんな感じの味に仕上がりました。
果たして、本場ミャンマーの味はどんな感じなのだろうか!?

先にも書いた通り、ヒンはカレーではなく「油戻し煮料理」です。
油の戻し煮...と、聞くと...なんだかとんでもない物を食べている気になってしまいますね。