カレースパイス

インドカレーを作るのに必要なスパイスのリストです。

だいたいどのスパイスも、油で炒めたり加熱したりして使うのが基本です。
そのままだと苦かったりもするので。

私は南インド料理をほとんど知らないので、そっち方面だとこれらとはまた違ったスパイスを使うと思われます

基本スパイス6種(これさえ揃えればインドカレー作れます)

基本のカレースパイス

かなり基本のスパイスで、和食のさしすせそ的な感じ。
これだけ揃っていたら、問題なくインドカレーが作れます。

クミンシード

クミンシード

味と香り:いわゆるカレーっぽい香り

まず始めにクミンシードを油で炒めて、油にクミンの香りを移すところからインドカレー作りは始まります。
食欲をそそる香りで、インドカレー作りには欠かせないスパイスです。

ターメリックパウダー

ターメリックパウダー

味と香り:苦い、薬っぽい

ターメリック自体にはあまり味は無いけれど、カレーの黄色い色味を出すために必ず入れるスパイスです。
入れすぎたり、十分に火を通さないと苦いので要注意。
抗菌作用や防腐効果があるので、食中毒予防にもなります。

チリパウダー

チリパウダー

味と香り:辛い

唐辛子を粉状にしたもので、辛味付けに使います。
辛さの調整は個人によって好みがかなり分かれるので、作るときは最低限の量を使い、出来上がったカレーに追加して使うのが無難かも。

クミンパウダー

クミンパウダー

味と香り:クミンシードよりも香りが弱い

最初に使うクミンシードとは別に、パウダー状のクミンもカレーに入れることが多いです。
ホールに比べると香りは弱いですが、カレーなどの煮込み料理に入れると味が深くなります。

コリアンダーパウダー

コリアンダーパウダー

味と香り:生パクチーを弱くした香り、爽やかで甘い香り

パクチーの種を粉状にしたもので、パクチーのような独特なカメムシ臭はしません。
カレーにはクミンパウダーとセットで使うことが多く、やはり味に深みが増します。
若干のとろみもつきます。

ガラムマサラ

ガラムマサラ

日本でもおなじみのガラムマサラ。
北インドでは必ずカレーの仕上げに使う隠し味的なスパイスです。
これで劇的に味が変わるわけでは無いけど、ガラムマサラがあるとないでは仕上がりが大きく違います。

これら基本スパイスの使い方は、「インドカレー【バターチキン】基本レシピ」という記事が参考になるかも。

個人的おすすめスパイス9種(味に変化をつけたい時)

おすすめカレースパイス

必須スパイスではないけど、私がよく使っているスパイスです。
特に、ヒングとミックスマサラはあると便利!

ヒング

ヒング

味と香り:ニンニク系の強い香り

ヒングは通称「悪魔の糞」とも言われていて、ニンニクや玉ねぎ系の強い香りがしてちょっと臭いです。
しかし、ごく少量を油に加えて炒めるとたまらん香りになります。
豆料理との相性が良いスパイス。

ヒングの使い方は、「悪魔の糞ヒング使用!アルーサブジ(じゃがいも炒め)レシピ」という記事が参考になるかも。

(アサフェティダ)

市販のミックスマサラ←便利です

mix masala

あらかじめ色々なスパイスが調合されている商品です。
使うタイミングは、他のパウダースパイスと同時が直後くらいです。

「なんか味が足りない気がするなーっ」て時は、これを使うと美味しくなります。
こんなに簡単に美味しくなるのに、インド製のミックスマサラは化学調味料が入っていないので安心です。

マスタードシード

イエローマスタードシード

味と香り:辛い、苦い

マスタードシードを使うと、辛味というよりも風味が増します。
カラシの原料ですが、そこまで辛くないです。
使うタイミングは、一番最初にクミンシード等と一緒に油に香りを移して使います。
油でパチパチと跳ねやすいので要注意。

フェヌグリークシード

フェヌグリーク(メティ)

味と香り:香ばしい、メープルシロップの香り(らしい)、若干苦い

個人的にヘビーユーズしているスパイスです。
私はどんなカレーにも、フェヌグリークシードを入れてしまいます。
これも、クミンシードと一緒に油で炒めて香りを出してから使います。
何とも言えない美味しそうな香りが癖になるスパイスです。

カルダモン

カルダモン

味と香り:甘い、ちょっとフルーティー

とても香りの良いスパイスです。
手で半分に割ってから入れると香りが出やすい。

「カルダモン・クローブ・シナモン」は、チャイに入れても美味しいスパイスです。
また、これらのスパイスでチキンカレーを作ると、いわゆるスパイスカレーっぽくなります。

カルダモン・クローブ・シナモンを使った「本格マサラチャイのレシピ」という記事が使い方の参考になるかも。

クローブ

クローブ

味と香り:甘い、痺れる

クローブは歯医者さんの香りがするので最初は苦手だったんだけど、慣れるといい香り。
入れすぎると癖が強いので注意。
1〜2粒から試してみるのが良いと思います。

シナモン

シナモン

味と香り:甘い、濃厚、少し辛い?

シナモンは説明するまでもなく、お菓子なんかによく使われているあれです。
これも入れすぎるとちょっときついけど、カルダモンなどと一緒に1カケラくらいをチキンカレーに入れると美味しい。

フェンネルシード

フェンネルシード

味と香り:甘い、爽やか、スースーする

爽やかな香りで口臭予防にもなるスパイスです。
インドでは、食後に丸ごと食べたりもします。
一般的には魚料理に使われることが多い。
カレーに入れるときは、やはり始めに油で炒めてから使います。

パンチフォロン

パンチフォロン

パンチフォロンは、主にベンガル地方で使われているミックススパイスのことです。
「フェヌグリーク・ニゲラ・クミン・マスタード・フェンネル」が同じ分量で丸ごと入っている。
私はこのミックススパイスが好きでよく使ってます。

詳しくは、「パンチフォロンというベンガル地方の5スパイス」という記事で紹介してます!

カレースパイス買うならここ

私がスパイスを買う時によく使っている通販サイトです↓

アメ横大津屋 (Amazon楽天市場自社サイト
アメ横にある老舗のスパイス屋さんです。
スパイスや豆類なら何でもあります。
メール便で送ってもらえるので、1点だけ買う時とかによく利用してます。

TIRAKITA (楽天市場自社サイトYahoo!
おなじみのティラキタでも、他の食材と一緒に足りないスパイスを買うことがたま〜にあります。

あとはやはり、新大久保のイスラム横丁にあるスパイス屋さんに直接買いに行くことが多いです。
大久保じゃなくても、近くにインド食材店やハラールフード店があるなら一度覗きに行ってみると楽しいですよ!
わからないことがあったら店員さんに直接聞けるので、行ける距離に店舗があるなら是非。

自分の好きなスパイスが見つかると、カレー作りが1.7倍くらい楽しくなるので、ぜひ色々と試してみてね

まれにスパイスでアレルギーを起こす場合もあるらしいので、食物アレルギーがある方はご注意ください(フェヌグリーク・フェンネル・コリアンダーなど)

sponsored link