ほうれん草と豆腐のごま和えレシピ

今回は、あんまり有名じゃない韓国料理です。
えごまの粉を使った食べ応えのある和え物を作ります。

シグムチトゥブッケムチム

レシピ

これも韓国の料理教室で習った物です。
시금치 두부 께무침(シグムチトゥブッケムチム)という長たらしい料理名です。
日本語にすると「ほうれん草と豆腐のごま和え」ですね。

和え物なので、これもナムルになるのかな??

sponsored link

材料

えごまムチム材料
1皿分 wallet2 250円 time2 20分

  • ほうれん草 100g程度
  • 木綿豆腐 1/2丁

【調味料】

  • ごま 小さじ1
  • エゴマの粉 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 塩 少々
  • ごま油 大さじ1
  • ニンニク 1片(みじん切り)
  • ネギ 5センチ程度(みじん切り)

エゴマの粉が無い場合は、すりゴマで代用出来ます。

作り方

ほうれん草と豆腐の和え物① 塩を入れたお湯でほうれん草を湯がきます。茎から入れて葉はサッと湯がくだけ。 ほうれん草と豆腐の和え物2② 水で良く洗って、しっかりと水気を絞ります。
ほうれん草を切る③ だいたい三等分くらいに切ります。 豆腐を潰す④ 包丁の柄の部分で豆腐を潰します。
豆腐を絞る⑤ 布で包んで、絞ります。ここでしっかりと水気を切りましょう。 調味料を作る⑥ ボールに調味料を入れます。
手で混ぜる⑦ 豆腐に調味料が混ざる様に、手で揉み込みます。 ほうれん草と豆腐の和え物完成⑧ 最後にほうれん草を入れて一緒に手で揉み込んだら、完成。

ほうれん草と豆腐のエゴマ和え
なぜエゴマパウダーが入ると、こんなにクリーミィな味になるんでしょうか!?
クリーミィだけど、ニンニクとごま油の香りがするところが、韓国料理っぽいです。

これはご飯と一緒に食べるよりも、酒のつまみで食べるのが合っているかな。
保存はきかないけど、一気に食べられちゃう和え物なので、是非作ってみてね。

保存には向かないので要注意

この料理は、味が変わりやすいので保存には向きません。
ナムルの様に味が染み込むのを待つのではなく、すぐに食べた方が良いです。

ほうれん草と豆腐を使ったシンプルな料理ですが、エゴマパウダーを使う事で、濃厚でちょっとクリーミィーな味になるんです。
エゴマには健康や美容に良いとされている成分がたっぷり含まれていて、スープに入れたりしても美味しいんですよ(*´艸`*)

今回は、日本産エゴマパウダーを使ってみたのですが、目が細かくて味(というか香り)が若干韓国の物とは違いました。
日本産でも美味しいけど、やっぱりもう少し粗びきで、香りの強い韓国産の方が、この料理には合っているかな。

ちなみに、エゴマと胡麻は、似ているけど全く違う物です。
でも、エゴマ代わりに白胡麻を使っても、それはそれで美味しいと思います。