パッキーマオのレシピ

パッキーマオは、タイの辛〜い麺料理です。

基本はセンヤイと呼ばれる太めの米麺を使いますが、インスタント麺やスパゲッティを使うバージョンもあります。
とりあえず3パターン全て作ってみました★

パッキーマオとは

「パッ」は炒める、「キーマオ」は酔っ払い

という意味なので、パッキーマオで「酔っ払い炒め」です。
英語にするとDrunken noodlesで、酔っ払い麺ですね。

名前の由来は、
◎お酒(米酒)を使うことから(でも、タイの元々のレシピではお酒は使わない。)
◎酔っ払って家に帰って来ても、作れる麺
◎酒好きが冷蔵庫にある残り物で作った、お酒のつまみ
など、
まあ諸説あるみたいですが、とにかくパッキーマオとは辛い炒め麺の事です。

唐辛子だけの辛さではなく、本場では生こしょうの実(グリーン)を使って、より刺激的な味に仕上げる様です。
でも、日本ではなかなか生こしょうの実なんて手に入らないので、今回は使っていません。
(代わりにこれでもかっ!てくらいに普通の胡椒をふりかけてみました)

センヤイ・パッキーマオのレシピ

基本のパッキーマオレシピです。
麺は米麺(センヤイ)を使います。

sponsored link

材料

材料
2人分 400円 15分

  • クイティオ(センヤイ) 2人分
  • 豚肉 50g
  • 海老 4尾
  • 青菜(タイではカイランを使うことが多い。チンゲンサイや小松菜でOK) 60g
  • 玉ねぎ(小) 1/4個
  • にんにく 4片
  • プリッキーヌ(唐辛子) 6本
  • ガパオ 少々
  • ライム等の柑橘類(トッピング用) 1個
  • こしょう たっぷり
  • 食用油 大さじ1

※ガパオが無ければ、他のバジルで代用。私はタイバジルを使いました。
※プリッキーヌが無い場合は、普通の生唐辛子や鷹の爪などで代用。

ソース

  • シーユーカオ(薄口醬油) 大さじ1
  • シーユーダム(たまり醤油) 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • ナンプラー 大さじ1
  • パームシュガー 小さじ1

※シーユーダムが無い場合は、普通の醤油(大さじ1/2)にみりん(大さじ1/2)を混ぜる。もしくは、普通の醤油(大さじ1弱)に砂糖(小さじ1弱)を混ぜて下さい。
※シーユーカオが無い場合は、普通の醤油で代用。
※パームシュガーが無い場合は普通の砂糖で代用。少しだけ少なめにする。

作り方


【1】ソースを作る
ソースの材料を全て入れて、良く混ぜます。


【2】にんにくと唐辛子を細かくする
にんにくと唐辛子をすり鉢で砕きます。
面倒だったら、みじん切りにするだけでもOKです。


【3】材料を切る
適当な大きさに材料を切ります。


【4】にんにくと唐辛子を炒める
フライパンに多めに油をひいて、にんにくと唐辛子を炒めます。


【5】肉に火を通す
豚肉、海老、玉ねぎの順番に炒めていきます。


【6】ソースを加える
青菜を加えて、しんなりしてきたら、最初に作っておいたソースを加えます。
全体にソースを絡めながら炒めます。


【7】麺を炒める
麺を加えて炒めます。


【8】バジルを加える
バジルは火が通りやすいので、最後に加えます。
全体に火が通ったら、た〜っぷりと胡椒を振って完成です。

パッキーマオのレシピ

胡椒をどっさりと入れたので、非常に刺激的な味に仕上がりました。
でもきっと、本場のパッキーマオはもっと刺激的なんだろうな。

センヤイのレシピ

この麺(センヤイ)も、歯ごたえがあって美味しいです。
ちょっとだけコリッとしてる。
あんまり米麺は好きじゃないんだけど、これはかなり好きです。

センヤイ・パッキーマオに使った麺

乾燥センヤイ

通常は、クァイティオと呼ばれる米麺のうち、センヤイという太麺を使用します。
タイでは生のセンヤイがシート状で売られているようですが、日本では手に入らなかったので、普通の乾燥麺を使いました。

パッケージには「水で1時間戻す」と書かれていましたが、なかなか柔らかくなりませんでした...
なので、ぬるま湯にした方が良さそうです。
(私はけっこう高温のお湯を使っちゃいました)

クァイティオ10ミリ

これは、大久保のアジアスーパーストアーっていうタイ食材の店でで購入した米麺です。
幅が10ミリなので太麺ですが、実はもっと太いのも売ってました。
麺...ではなく、四角い形をしたプレートみたいなやつ(センクエチャップ?)で、それを切って使っても良さそうです。

もちろん生タイプが手に入るなら、それで作った方が美味しいと思います。
生タイプ食べてみたいな。日本じゃ手に入らないかな??

ママー・パッキーマオのレシピ

ママーパッキーマオのレシピ

続いて、インスタント麺で作るパッキーマオです。
1人分のレシピになります。

sponsored link

材料

材料
1人分 200円 15分

  • インスタント麺 1個
  • 豚肉 50g
  • 玉ねぎ(小) 1/4個
  • 青菜 30g
  • バジル 少々
  • にんにく 2片
  • プリッキーヌ 3本
  • 胡椒 たっぷり
  • 食用油 大さじ1
  • 柑橘類(トッピング用) 少々

ソース

  • シーユーカオ(薄口醬油) 大さじ1/2
  • シーユーダム(たまり醤油) 大さじ1/2
  • オイスターソース 大さじ1/2
  • ナンプラー 大さじ1/2
  • パームシュガー 小さじ1/2

作り方


【1】材料を切る
適当な大きさに材料を切ります。


【2】麺を茹でる
インスタント麺を茹でたら、冷水にさらしてしめます。
(冷水にさらすと、食感が良くなる)


【3】材料を炒める
油をひいたフライパンで、ニンニクと唐辛子を炒めます。
豚肉→玉ねぎ→青菜の順に炒めていき、ソースを混ぜます。


【4】バジルを入れる
麺を入れて、バジルを追加して軽く炒めたら、最後にこしょうを振りかけて完成です。

インスタント麺パッキーマオのレシピ

ほとんど作り方は同じですが、麺が違うだけでちょっと雰囲気が変わりますね。

ママーパッキーマオのレシピ

インスタント麺の方が味が絡みやすいので、少し調味料は少なめにしても良いかもしれません。

ママー・パッキーマオに使った麺

タイのインスタントラーメン

ママーは、右上の写真に写っているインスタント麺のメーカー名です。
タイではインスタント麺と言えばママーらしい。

でも、インスタント麺に入っている調味料は使わないので、使う麺はママーじゃなくても全然OKです。
写真に写っているママー以外の麺は、業務スーパーで買った200円以下(5個入り)のタイラーメンですが、どれも麺は同じ様に感じる...

スパゲッティ・パッキーマオのレシピ

スパゲッティ・パッキーマオのレシピ

スパゲッティで作るパッキーマオです。
トマトとブロッコリーを入れて、ちょっとだけ洋風テイストを加えてみました。

sponsored link

材料

材料
1人分 200円 15分

  • スパゲッティ 100g
  • 豚肉 30g
  • 海老 2尾
  • 玉ねぎ(小) 1/4個
  • ブロッコリー 100g
  • トマト(小さめ) 3個
  • バジル 少々
  • にんにく 2片
  • プリッキーヌ 3本
  • 胡椒 たっぷり
  • オリーブ油 大さじ1
  • 柑橘類(トッピング用) 少々

ソース

  • シーユーカオ(薄口醬油) 大さじ1/2
  • シーユーダム(たまり醤油) 大さじ1/2
  • オイスターソース 大さじ1/2
  • ナンプラー 大さじ1/2
  • パームシュガー 小さじ1/2

作り方


【1】材料を切る
適当な大きさに材料を切ります。


【2】パスタを茹でる
パスタを茹でておきます。(好きな固さで)


【3】材料を炒める
オリーブ油をひいたフライパンで、ニンニクと唐辛子を炒めます。
豚肉→海老→玉ねぎ&ブロッコリーの順に炒めていき、ブロッコリーに火が通ったらソースを混ぜます。


【4】仕上げ
パスタを入れて、バジル&トマトを追加して軽く炒めたら、最後にこしょうを振りかけて完成です。

スパゲッティ・パッキーマオのレシピ

パスタでも無く、焼きそばでもない不思議な炒め物が出来上がりました。
この調味料でパスタは合わないだろう...と思ってたんだけど、これはイケる!

パッキーマオスパゲティのレシピ

そういえば辛くて刺激的なスパゲッティていうと、プッタネスカを思い出しました。
スパゲッティ・パッキーマオは、タイ風プッタネスカって感じじゃない?

スパゲッティ・パッキーマオに使った麺

普通のスパゲッテッィを使いました。
結構しっかりとした味付けなので、細い麺を使うよりは、ちょっと太めの方がいいかなと思います。