安東チムタクのレシピ

安東チムタク(안동 찜닭)は、韓国の東南部にある慶尚北道の安東市の郷土料理です。
前回作ったタットリタンが、元になっているという説もあり、作り方が似ています。

安東チムタクのレシピ

安東チムタクのレシピ

チムタクは、チムラタクヤの略ではありません。
チムは蒸す、タクは鶏肉という意味です。

安東チムタクは、安東(アンドン)地方の郷土料理です。
いつからある料理なのかは不明だけど、慶尚北道の安東市が起源みたいです。

sponsored link

材料

2人分くらいの分量

  • 骨付き鶏肉 400g
  • じゃがいも(小) 2個
  • にんじん(小) 1/2本
  • 玉ねぎ(中) 1/2個
  • ネギ 1/3本
  • 韓国唐辛子(生) 2本
  • 韓国春雨 50g
  • 白ごま(トッピング) 適量
ヤンニョム
・にんにく 2片
・しょうゆ 1/2カップ
・酒 大さじ1
・砂糖 小さじ2
・水あめ 大さじ1

作り方


【1】鶏肉を茹でる
鍋に水(鶏肉が浸るくらいの量)を入れて、鶏肉を茹でます。
15分くらいしたら、アクを取る。


【2】野菜を切る
野菜は、写真の様に大きめに切っておきます。


【3】ヤンニョムを作る
ヤンニョムの材料を全て混ぜ合わせておく。(にんにくはみじん切り)


【4】春雨を水に浸ける
韓国春雨を水に浸けて、ほぐしておく。


【5】じゃがいも、ニンジンを煮る
アクを取った鍋にじゃがいも、ニンジンと、ヤンニョムを入れて、フタをして10分程度煮込みます。


【6】玉ねぎ、ネギ、唐辛子を入れる
じゃがいもが柔らかくなったら、玉ねぎ、ネギ、唐辛子を入れて、フタをして、さらに5分程度煮込みます。


【7】春雨を入れる
フタを取って、韓国春雨を入れてから、少し煮込んで水分を飛ばします。
最後にゴマを振りかけたら完成。

安東チムタクのレシピ

甘味もあるけど、唐辛子を種ごと入れたからすごく辛いです。

チムタクレシピ

安東チムタクは、マッコリにとても良く合う食べ物です。
タットリタンはご飯に良く合う家庭料理だけど、これはマッコリに良く合うつまみ料理ってイメージ。

安東(あんどん)に行きたい

安東は、昔の韓国農村の古民家などが保存されている民俗村(河回村)がある所です。

私がまだ10代だった頃。
家の近所にオシャレな骨董品屋が出来たんです。
そこの店名が「チョガ」という珍しい名前でした。

店主に
「チョガってどういう意味ですか?」
と聞くと、
「韓国の昔の家でね、藁葺き屋根の家のことなんだよ。安東という地方に行くと、今でも見られるんだよ!」
と教えてもらった事があります。

店主は日本人の方だったんだけど、韓国の骨董品がとても好きだったみたいです。
で、安東について色々と教えてくれました。

当時はアニョハセヨという挨拶すら知らなかった私ですが、
「いつか韓国に行くことがあったら、まずは安東に行ってみよう!そんで、チョガを見学してみたいな。」
と思ったのです。

しかし、それから韓国に興味を持ち、何度も旅行に行ったり長期滞在までしてみたのに、1度も安東に行ってません。
チムタクを食べるたびに、チョガのことを思い出すんだけど、タムタク食べただけで満足しちゃうんです。
でもいつかは安東に行って、本場のチムタクを食べてみたいと思ってます。
(微妙に目的が変わっている)

sponsored link