タッケジャン

닭개장(タッケジャン)=鶏肉のユッケジャン

前回の戻し過ぎて余ったわらびを使って、ユッケジャン...ではなく、タッケジャンを作ります。

個人的に牛肉を食べないので、鶏肉にしただけです。
元々はユッケジャンのレシピなので、鶏肉を牛肉にして作ればユッケジャンが出来ます。

材料

タッケジャンの材料
1人分 300円 40分

※鶏肉を牛肉に変えれば、ユッケジャンになります。

  • 鶏肉 100g
  • もやし 50g(豆もやしの場合は尻尾をカットする)
  • わらび 50g
  • しめじ 50g
  • ネギ 10〜20センチ
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 卵 1個
  • サラダ油 大さじ2
  • にんにく 1片(みじん切り)
  • しょうゆ 適量
  • 塩 適量

sponsored link

作り方

鶏肉で出汁を取る
【1】鶏肉を煮て出汁を取る
まずは、鶏肉で出汁を取ります。
だいたい2カップくらいの水で、アクを取りながら鶏肉を煮込みます。
沸騰したら、火を弱めて10〜20分くらい煮込みます。
(水から煮た方が肉が柔らかく仕上がります)

野菜を切る
【2】野菜類を切る
野菜を食べやすい大きさに切ります。
しめじは手でちぎると、味が染み込みやすくなります。

野菜を蒸す
【3】野菜類を蒸す
鶏肉とは別の鍋で、玉ねぎ以外の野菜(もやし・しめじ・ネギ・わらび)を一緒に蒸します。
水は少なめでフタをして、鍋の中の蒸気で蒸らす感じです。
蒸した野菜は洗って、水をよく切っておく。

鶏肉を切る
【4】鶏肉を切る
出汁を取った鶏肉を、細かく切ります。

唐辛子ペースト
【5】ペーストを作る
鍋にサラダ油(大さじ2)をひき、粉唐辛子(大さじ1~2)とにんにく(みじん切り)を入れて火をつけます。
粉唐辛子に、よく油に絡ませて油をしみこませます。
鶏肉のだし汁を少し入れてペーストにする感じで、焦がさない様にじっくりと・・(焦げる直前くらいが美味しい)
良い香りがして来たら、玉ねぎ以外の蒸した野菜(もやし・しめじ・ネギ・わらび)と鶏肉をペーストに絡ませます。

煮込む
【6】煮込む
だし汁を入れて、しばらく煮込みます。
途中で塩としょうゆで味を整えてから、最後に玉ねぎを入れて煮込みます。
煮立って来たら、最後に溶き卵をたらして完成です。

最後のしょうゆと塩で味を整えるところが重要で、ここで味が決まる。
味が薄いなぁ〜と思ったら、塩を足していくといいんだけど、入れ過ぎるとしょっぱくなってしまう・・
(薄味に仕上げて食べる前に塩をふるコムタンスタイルでもいいかもしんない。)

タッケジャン

辛そうな油が浮いているのが美味しそう・・(インドカレーもそうだよね)
辛いけど、あっさりなスープです。

どっさりご飯を入れて、汗をかきながら食べるタッケジャンはまいう〜です。

タッ(鶏肉)で作る辛いスープ

ユッケジャンのレシピ

ユッケジャンの「ユッ(육)」というのは、漢字で書くと「肉」で、意味もそのまま肉の事です。
だから「ユッ(육)」だけでは、牛肉と言う意味ではないんだけど・・なぜかユッケジャンと言えば牛肉を使います。

で、タッケジャンの「タッ(닭)」は鶏っていう意味で、そのまま鶏肉を使った辛いスープということになります。
鶏肉は牛肉よりも安価で、出汁も出やすいからオススメです。

煮干しと合わせて出汁を取ると、しっかりと味が出るのでさらに美味しくなります。
最初に出汁を取る時に、鶏肉と一緒に煮干しを入れるだけでOKです。
(今回は鶏肉単品で作りました)