ケンニプチャンアチ(깻잎장아찌)エゴマの葉の醤油漬け

エゴマの葉を使った、甘辛しょうゆ漬けです。
以前に作ったエゴマの葉のキムチ同様に、ご飯泥棒な一品です。

ケンニプチャンアチの材料


10枚分 100円 一晩〜

  • エゴマの葉 10枚
  • だし汁(カタクチイワシ) 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • 水あめ 大さじ1
  • にんにく 1片(みじん切り)
  • 鷹の爪 1本(輪切り)
  • 白ごま 小さじ1

水あめが無かったら、砂糖でOK。(少し量は減らした方が良いかも)

sponsored link

ケンニプチャンアチの作り方


【1】茎を切る
エゴマの葉は良く洗ってから、キッチンペーパーなどで水気をしっかりと取ります。
茎の部分は、キッチンハサミなどで切っておきます。


【2】漬け汁を作る
鍋に、「しょうゆ・だし汁・にんにく・鷹の爪・水あめ」を入れて一煮立ちさせてから冷ます。
最後に白ごまを混ぜる。


【3】葉を漬ける
保存容器に、エゴマの葉を1枚ずついれて、冷めた【2】の汁をかけていく。


【4】1晩寝かせる
そのまま冷蔵庫に入れて、一晩寝かせます。


【5】完成
葉が柔らかくなって、汁が染み込んだら完成です。

1枚ずつ箸でつまんで食べます。
10枚は本当にあっという間に食べてしまうので、50〜100枚くらい一気に作っちゃった方がいいかもしれない。

白いご飯に、海苔みたいな感じで乗せて食べると、あっという間に完食しちゃう。
食べ終わった後の漬け汁は、スープやみそ汁に入れたり、チャーハンに入れたりしても美味しかったです。

ゴマとエゴマ

最近は健康に良いという事で、エゴマ油が流行ってますよね。
韓国では、昔から一般的に使われていて、実は私のレシピに出て来る「ごま油(チャムキルム)」は、本来は「えごま油(トゥルキルム)」を使うというレシピも結構多いんです。
(でも、全部ごま油で統一しちゃってます)
特に、和え物なんかに使う油は、「ごま油」と「えごま油」のミックスだったりします。

韓国の料理教室に通っていた当時、「ごま油」と「えごま油」の違いは、色が少し違うから精製の割合が違うのかな〜って程度に思ってました。
そしたら、全く別物だったんですね。(日本でエゴマ油ブームが来てから知りました。)
そもそも私は「エゴマ」と「ゴマ」の違いも、良く分かっていませんでした。

正確には、ゴマはゴマ科ゴマ属の一年草で、エゴマはシソ科シソ属の一年草なんですね。
ゴマ科とシソ科・・・けっこう違いますね・・・。

韓国料理では「ごま」も「えごま」も頻繁に使う食材ですが、特に「えごま」の方が、「ごま」よりもどっさりと使う印象があります。
えごまは華やかな香りがして、ごまよりもサッパリしているから大量に使ってもしつこくならないのかな。

今回は、そんな香りの良いえごまの葉っぱを使ってしょうゆ漬けにするレシピです。
そういえば、「えごま」ではなく、「ごま」の葉っぱも食べられるんだろうか??