タットリタンのレシピ

私の大好物タットリタン(닭도리탕)は、韓国の肉じゃがとも呼ばれています。
肉じゃがとは違って、タットリタンでは鶏肉を使いますが、確かに肉じゃがっぽいです。

タットリタンの材料


2人分 500円 40分

  • 骨付き鶏肉 400g
  • じゃがいも 2〜3個
  • 韓国唐辛子 1本
  • 玉ねぎ(中) 1/2個
  • ねぎ 少々

ヤンニョム

  • コチュカル 大さじ1
  • コチュジャン 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • にんにく 1片

sponsored link

タットリタンの作り方


【1】鶏肉を茹でる
鍋に水(鶏肉が浸るくらいの量)を入れて、鶏肉を茹でます。
15分くらいしたら、アクを取る。


【2】野菜を切る
野菜は、大きめに切っておきます。


【3】ヤンニョムを作る
ヤンニョムの材料を全て混ぜ合わせておく。(にんにくはみじん切り)


【4】じゃがいもを煮る
アクを取った鍋にじゃがいもと、ヤンニョムを入れて、フタをして10分程度煮込みます。


【5】玉ねぎ、唐辛子を入れる
じゃがいもが柔らかくなったら、玉ねぎと唐辛子を入れて、フタをして、さらに5分程度に混みます。


【6】水分を飛ばす
フタを取って、ネギを入れ、5分程度煮込んで水分を飛ばします。

鶏の出汁が染み込んだ、ホクホクのじゃがいもが美味しい。
今回は、骨付き肉だけじゃなくて、普通の胸肉も混ぜたんだけど、骨付き肉の方が出汁が良く出るし、肉も柔らかいのが良く分かる。

いつもの通り、これも白いご飯に良く合う料理です。

タットリタンはごちそう

韓国と言えば、焼肉!のイメージが強いですよね。
でも、韓国の下宿に住んでいた頃、下宿で出されるご飯は、ナムルとか海苔とかキムチとか...ほぼ100%野菜で、肉なんて1週間に1度くらいしか出て来ないんです。
今思えば、むしろ野菜ばっかりの方が豪華だよな〜と思うんだけど、当時は肉食べたかったですね〜

で、たまに出てくる肉料理がこのタットリタン!
私の住んでいた下宿のタットリタンは、今回作ったのよりも、もっと水分を飛ばした感じのタットリタンでした。
具材も、鶏肉とじゃがいもオンリー(じゃがいも多め)。
で、私はいつも遅い時間にご飯を食べていたので、食べる頃には、完全に冷めた状態のタットリタンでした。
しかし、それでも美味しかったんですよね。

あのタットリタンまた食べたいなぁ〜。