トラジムチムのレシピ

トラジというのは、桔梗の根のことです。
トラジ ムチム(도라지 무침)は「桔梗の根の和え物」の事です。

トラジなんて食べた事が無い人が多いと思うけど、あの食感は一度食べるとヤミツキです。
しかも、と〜っても体に良いらしいです。
根っ子とは思えないくらい、シャキシャキしていて美味しいのです。

生のトラジはなかなか手に入らないので、乾燥トラジを使って和え物を作りたいと思います。
元のレシピは「ツルニンジンの生和え」という、これまた手に入りにくい物なのですが、「トラジは無いけど、なぜだかツルニンジンなら持ってるよ!」という場合は、ツルニンジンで作ってもOKです。もちろん生ツルニンジンがあるなら、それで。

乾燥トラジの戻し方

乾燥トラジ

今回使う乾燥トラジも、前回のわらびと同様に韓国食材店で購入した中国産のトラジを使います。

あく抜きには米のとぎ汁と塩を使います。
(重曹や米ぬかでもあく抜き出来ると思うけど、やったことないので分かりましぇん。)

注意点は、煮てはいけないという事です。
わらびの時みたいに煮ちゃえば、しっかりあく抜き出来そうなんだけど、身がボロボロになっちゃうらしいんでトラジは煮込んじゃダメみたいです。
(お湯を注いで、冷めるのを待つくらいなら大丈夫だと思います。)

今回は、乾燥状態で50gくらいを戻しました。

乾燥トラジの戻し方
【01】とぎ汁に浸ける(最低2時間)
乾燥トラジを良く洗ってから、米のとぎ汁に2時間以上は浸けておきます。

乾燥トラジのあく抜き
【02】塩を揉み込む
水を切って良く洗い、小さじ1〜2杯くらいの塩を手で揉み込みます。

乾燥トラジのあく抜き
【03】水で洗い流す
水で塩を洗い流したら、試しにかじって苦く無いかを確かめてみます。
物によって苦みの強さが違うので、必ずえぐみが取れたかを確認してから調理します。

ここで苦く無ければ完成です。
今回のトラジもここで苦みがなくなっていたので、そのまま調理に使いました。

もしも、まだ苦みが残っていたら、再び水に浸けて1時間くらい置いておく。
(味を見ながら繰り返す。)

sponsored link

トラジムチムの材料

トラジの生和えの材料

  • トラジ(ツルニンジンでもOK) 100g
  • にんにく 1片(みじん切り)
  • ネギ 5センチ(みじん切り)

タレ

  • コチュカル(粉唐辛子) 小さじ1
  • コチュジャン 大さじ1
  • さとう 小さじ1
  • 酢 大さじ1
  • 塩 少々
  • 白ごま 適量

トラジムチムの作り方

トラジを切る
【01】トラジを切る
トラジを食べやすいサイズに切ります。

トラジナムルのタレ
【02】タレを作る
コチュカル、コチュジャン、砂糖、お酢、塩、白ごまに、みじん切りのネギとニンニクを混ぜてタレを作ります。
(お酢と砂糖が同量になる様にすると美味しい。)

ナムルを手で混ぜる
【03】手で混ぜる
手で揉み込む様にして混ぜて、最後に白ごまをふりかけて完成です。

トラジの和え物レシピ

甘辛さと、お酢の酸っぱさが混ざったサッパリ系の和え物です。
シャキシャキとしたトラジの歯ごたえが酒にも合います。

乾燥トラジは水で戻す時に、ちゃんと苦みが取れたかを確認せずに調理してしまうと、取り返しがつかなくなりますので、ご注意ください。

トラジ(도라지)の効能

ツルニンジン生和えのレシピ
↑これが元レシピ(ツルニンジンの生和え)

トラジのナムルは美味しいんだけど、あく抜きに失敗すると超えぐいです!!
苦くて食べられないです。

この独特の苦みの正体はサポニンという成分です。

トラジには、サポニンやイヌリンという成分が豊富に含まれているので、漢方にも使われています。

【トラジの効能】

  • 免疫力アップ
  • 咳や痰をきる効果(呼吸器系に良い)
  • 血糖値を下げる効果(糖尿病予防)
  • コレステロールを下げる効果

効能がたくさんあって体に良いんだけど・・・そのままでは苦すぎて美味しく無いので、調理する前には必ずあく抜きを行います。

冒頭にも書きましたが、元々のレシピはツルニンジン(더덕)です。


え?ツルニンジンって何??

ツルニンジンはトラジと同じくキキョウ科の植物で、同じ様に乾燥状態のツルニンジンが売られています。
高麗人参と同じ様な効能があると言われていて、漢方でも使われています。

ちなみに、生のツルニンジンを使って調理した時は、包丁で皮を剥いて切った後に軽く塩揉みして水洗いした程度で苦みはありませんでした。
生ツルニンジンとか生トラジとか、日本でも手に入るのかな。自分で栽培するしか無い?