ヒューマンセンサートド
ヒューマンセンサーって知ってますか?
人の脳には「利き脳」というのがあるそうで、ヒューマンセンサーでは利き脳のタイプを13パターンに分けているんだそうです。
よく「芸術系は右脳」とか「理数系は左脳」とか言われているけど、人によって脳の得意分野が違うんだそうです。
ネット上の診断テストとかであるような自己申告の診断テストとは違って、ヒューマンセンサーでは指先に電極をつけて自分の脳を測定するので正しい利き脳が分かるのです。

ヒューマンセンサー公式サイト ▶︎ヒューマンセンサー

基本的に「利き脳」は一生変わらない

ヒューマンセンサーの結果

事故にあって脳が大ケガをしたり、生きるか死ぬかの様な重大なストレスを受けたりすると、まれに利き脳が変わる事があるそうです。
でも、基本的には利き脳が変わる事はないので、一度出た測定結果は一生変わらないのです。

実はこのヒューマンセンサーの利き脳の測定・・2万円するんですよ。
正直言って2万円も出して、こんな怪しい測定受けるつもりは無かったです。

でも、先に利き脳を測っていた弟子が、ヒューマンセンサーの診断結果の冊子を持っていて、それを読んでたら、自分の利き脳を知りたくなって来ちゃったんです。

「本当の自分の事が知りたい・・自分の得意な分野を知りたい!!あと、不得意分野も」

と、いうことで、諭吉を2枚握りしめて銀座(今は虎ノ門)に測定に行きました。

sponsored link

まさかの測定結果・・

測定前から完全な左脳では無いとは思ってました。
だからといって完全に右脳ってタイプでもないよなぁ〜、だから両脳タイプかな?と思っていたのですが・・

ヒューマンセンサーの結果cbb

私はCB-bという完全に右脳なタイプでした。
しかも、カラダを動かしていないと能力が発揮出来ないスポーツが得意なタイプなんだそうです。
これはかなり意外でした・・。

ちょっと納得いかない部分があったので、個人的に質問してみたのですが「左脳に憧れてる右脳タイプだ」と言われました。
なるほど、確かに左脳に憧れて、今まで色々と左脳的な事に挑戦してみたこともありますが、見事にうまくいっていないんですね。
本当は左脳的な仕事をすると、頭から煙が出て来ちゃうんだけど、カッコいいから無理して出来るフリをしていた所があります。

あと、このCB-bタイプと同じ横ラインは、4パターンあるのですが、ここのラインは「人の好き嫌いが激しい」んだそうです。
これは・・ふふふ、当たってます。
当たってますっていうか、そういう脳だから仕方なかったんですね。

ちなみに、私にヒューマンセンサーを紹介してくれた弟子はCCという両脳タイプです。
CCは全ての脳の中でも1番ピュアな、子供みたいな脳らしいです。

なんと友人2名も利き脳測定を受けに行った

面白いんだけど2万円もするから、興味を持っても行かないだろうな〜と思いつつも、仲の良い友達に話してみました。
そして、まさかホントに行くとは思わなかったんだけど、友達2名がヒューマンセンサーを受けに行きました。

まず、1人目は小学校の頃からのお友達Hちゃんです。
私の予想では「AC-a」の観音菩薩タイプ脳だろうな予想していたHちゃん。
とにかく、絵が天才的に上手な人だから右脳タイプかな?とも思ってたんだけど、人を受け入れる優しさみたいな物がある気がして「AC-a」タイプだと予想してました。

その結果・・Hちゃんは「AC-a」の隣の「BB」タイプ!!
なんと、BBタイプはウン十万人に1人の珍しい利き脳タイプで、13タイプの全ての能力を使う事の出来る事の出来るオールマイティーな脳なんです。
すべての能力を使えるので、当然「両脳タイプ」になります。

弟子の「CC」と同じく「BB」も両脳タイプなのですが、特徴はかなり違います。
1番大きく違う点は、「CCは自分が喜ぶ事をすると能力が発揮される」というのに対して「BBタイプは自分の為にはNG!!(自分と関わりのある)人の為になることをして能力が発揮される」という事です。
例えば、Hちゃんは「絵を描く事」が仕事なんだけど「自分が楽しいから自分の為に描く」よりも、「誰かが喜んでくれるから他人の為に描く」という風にすると成功するんだそうです。

ちなみに、私の利き脳タイプ「CB-b」は、その間にあるので、「自分のために」も「人のために」でもどっちでもOK。
理想は、「自分の好きな事で、誰かが喜んでくれたら嬉しい」という環境だそうです。

+ + + + + + + + + +

さらに別日に、何度か登場している友人くちびるげも測定しに行きました。
実は、くちびるげも「AC-a」の観音菩薩タイプ脳なんじゃないかと予想していました。
なんというか、くちびるげも「すべてを受け止めてくれそう」な感じがしていたので。

しかし、実際に測定してみた結果は・・「CC」タイプ!!
なんと弟子と同じくCCタイプでした。

CCタイプは、まわりから可愛がられると能力が発揮出来ます。
しかも、可愛がってあげた人間側も、癒されるんだそうです。
動物セラピー的な感じらしいです。
逆にCCタイプをいじめると、いじめた側も運気が下がります。
気をつけないと!!

脳のタイプを乗り物に例えてます

ヒューマンセンサーの結果

上の表が私と友人達の利き脳測定の結果です。

同じCCなのに、弟子とくちびるげの位置が違います。
これは、利き脳タイプの中でも、さらに細かくタイプを分けた結果を元にしています。
弟子は、CCの中でもBAという「ナチュラリストな脳」の要素を持っています。
くちびるげは、CCの中でもBC-aという「お世話好きな脳」の要素を持っているんです。

私も、サブの利き脳は弟子と同じくナチュラリストです。
Hちゃんは、なんとサブもBBという、この表のど真ん中の位置にいます。

+ + + + + +

ヒューマンセンサーでは、脳のタイプを、わかりやすく「乗り物」に例えています。
もちろん、どこのタイプが良くて、どこのタイプが悪いとかありません。

例えばCCタイプはスポーツカーに例えられています。
スポーツカーは見た目も派手で、走りやすい道をピューッと飛ばして運転するのにピッタリな乗り物です。
だけど、ABタイプのレスキューヘリの様な人命救助の役目はスポーツカーには出来ません。
これは、CCタイプの人が、頑張って世の中の為になることをしようとしても、なかなかうまく行かないって事らしいです。
CCタイプは自分の為に動かないと能力が発揮されない・・まさに、乗ってる本人が楽しむためのスポーツカータイプなんですね。

この利き脳ってのには、それぞれのタイプに、たっくさんの特徴があるのですが・・その辺の細かい説明は「CB-b」のトドには無理なので省略。
今も頭から煙が出ています。

sponsored link