ヒューマンセンサートド
ヒューマンセンサーの測定に行ってきました。

右脳派か左脳派かみたいなやつあるじゃないですか?
あんな感じのもっと詳しいバージョンみたいな感じで、自分の脳のタイプを診断してもらったんです。

話を聞いた時は怪しすぎると感じましたが、なんせ怪しいものが3度の飯よりも好きなのでノコノコと行ってきました。
で、やってみたら凄く面白かったんですよ。
なので、仲の良い友人たち(3名)にもおすすめしてみたら、みんな興味を持って診断してもらいました。
なんて騙しやすいやつらなんだ。

ヒューマンセンサー【利き脳】とは?

ヒューマンセンサーの結果

右利きとか左利きとかの利き腕があるように、脳にも「利き脳」があるそうです。
ヒューマンセンサーでは、この利き脳を13パターンに分けています。

よく「芸術系は右脳」とか「理数系は左脳」とか言われてますよね?
そんな感じで、人によって脳の得意分野が違うんだそうです。

ネット上の診断テストとかであるような自己申告の診断テストとは違って、ヒューマンセンサーでは指先に電極をつけて自分の脳を測定します。
なので、正しい利き脳が分かるんだそうです。

くわしくは、公式サイトを読んでみてください。
ヒューマンセンサー

どうです、面白そうでしょ?

でもね、
測定料金が2万円するんですよ。

2万円って、私の10ヶ月分の米代なんですよ。
そんな大金を払ってまで、こんな怪しい測定受けるつもりはなかったんです。
なかったのに、気がついたら2万円握りしめて銀座の測定会場に座ってました。
くっそー
怪しいものってなんでこう魅力的なんだ。

*現在の会場は虎ノ門で、料金は25,000円になっています。

測定結果

ヒューマンセンサーの結果
(私と友人達の利き脳測定の結果)

では、気になる測定の結果発表です。

スポンサーリンク

私の測定結果→CB-b

ヒューマンセンサーの結果cbb

CB-bでした。

スポーツマンの右脳タイプです。
測定前から完全な左脳では無いとは思ってたけど、だからといって完全に右脳ってタイプでもない気がしていたので、両脳タイプかな?と思っていたら、これでした。

私は体を動かしていないと、本来の能力が発揮出来ないタイプなんだそうです。
しかし、スポーツが得意...か?
うーん、スポーツは嫌いじゃないけど、外で体を動かすよりも家に引きこもるのが大好きなんですよ。
それなのに、スポーツマンタイプなの?

ちょっと納得いかない部分があったので、個人的に質問もしてみました。
すると、私は「左脳に憧れてる右脳タイプ」らしいです。
ほ、ほう。
確かに左脳に憧れて、今まで色々と左脳の得意分野に挑戦したことがあるけど、見事にうまくいっていない気もします。
でもそれを言うと、右脳の得意分野でも成果を出していないような...ゴホッ

まあとにかく、言われた通りに「外に出て体を動かす」ということを、しばらく試してみようと思います。
どちらかというと室内で行うヨガとかが好きなんだけど、私は外で体を動かす方が向いているって言われました。
しかも集団スポーツが良いらしい。

でも昔っから外でやる集団スポーツ嫌いなん...ゴホゴホッ
とりあえずは、試してみないとね!
まずは一緒にスポーツしてくれる人を探さなくては。

それと、CB-bタイプと同じ横ラインにいる4パターンの脳は、人の好き嫌いが激しいんだそうです。
ここはとても当たっていました。
しかし大人になってからは、「理由もなく人を嫌うのはよく無い!人の良い部分を見つけるようにしよう!」という心がけをしてるので、そんなに嫌いな人はいなくなりました。
でも、これって脳の性質に逆らってるから、ヒューマンセンサー的にはダメみたいです。

好き嫌いする気持ちを解放した方がいいのだろうか?
ただ、私自身が「好き嫌いが激しい人」が苦手なんですよね〜
そういう人間になりたくないって思っているところがあるので、難しいっすねー

あ、でも、好き!って思った人にはとことん好きを貫くところは脳の性質を生かしてます。
小さい頃から、気に入った友達には執拗につきまとっていましたからね(ストーカー気質)
こわっ。

ちなみに、私にヒューマンセンサーを紹介してくれた弟子はCCという両脳タイプです。
CCは全ての脳の中でも1番ピュアな、子供みたいな脳らしいですよ。

友人Aの結果→BB

BB(オールマイティーな脳)

1人目の友人は、小学校の頃からのお友達ヒロポンです。
まさに、私が執拗につきまとっていた友人です。
私の予想では「AC-a」の観音菩薩タイプ脳だろうなと思っていた慈悲深い人です。
しかしヒロポンは昔から絵の才能がある人だったから、もしかしたら右脳タイプなのかな?とも思っていました。

その結果ヒロポンは、観音菩薩タイプの隣に位置するマルチ脳タイプのBBでした。

BBタイプはウン十万人に1人しかいないという、珍しい利き脳タイプです。
13タイプの全ての能力を使うことが出来るという、オールマイティーなタイプとのことです。
すべての能力を使えるので、両脳タイプになります。
すぎょい!

CCタイプの弟子も同じ両脳タイプだけど、特徴はかなり違います。

  • CCタイプ

    自分が喜ぶ事をすると能力が発揮される

  • BBタイプ

    自分の為にはNG!(自分と関わりのある)人の為になることをして能力が発揮される

ヒロポンは絵を描く事が仕事です。
なので、「自分が楽しいから自分の為に描く」よりも、「誰かが喜んでくれるから他人の為に描く」という風にすると、成功しやすいんだそうです。

ちなみに、私の利き脳タイプは「自分のために」も「人のために」でもどっちでもOKです。
理想は、「自分の好きな事で、誰かが喜んでくれたら嬉しい」という環境だそうです。

友人Bの結果→CC


CC(ピュアな赤ちゃん脳)

何度かこのブログに登場している友人くちびるげは、CCタイプでした。
弟子と同じです。

CCタイプは、まわりから可愛がられると能力を発揮できます。
しかも動物セラピー的な感じで、可愛がる方も癒されるんだそうですよ。
逆にCCタイプをいじめると、いじめた側の運気が下がってしまいます。

ついついいじめたくなってしまうので、今後は気をつけます。
自分の運気を守るために!

友人Cの結果→AC-a

AC-a(観音菩薩タイプ脳)

同じく、何度かこのブログに登場している砂壁さんも測定してきました。
その結果がまさかの観音菩薩タイプでした。

正直この結果には驚きすぎて、「あれ?ヒューマンセンサーって間違うこともあるのか?」と思ったほどです。
共通の友人くちびるげにも連絡したら、驚きすぎて飛び出た目玉が行方不明になったそうです。

   。 。
  / / ポーン!
( Д )

この結果をヒューマンセンサーの解釈で考えると、砂壁さんは自分の脳の特性を生かしていないことになります。
観音菩薩タイプは、人のために生きるはずなのですが...砂壁さんは、どう考えてもCCタイプのような生き方をしている人です。
(全力で自分が楽しいことをして、人生を楽しんでいる)
しかも、私のまわりにいる友人の中で一番お金を稼いでいるので、間違いなくCCだと思っていました。
こんなこともあるんですね。

ちなみに、人のために生きるタイプなので、相談事をするならこのタイプだそうです。
今までは「砂壁だけには相談をしないようにしよう」と思ってましたが、今後は相談するなら.......どうしようかな。

追記:私の思うこと

今でもヒューマンセンサーは、受けてよかったと思っています。
しかし、診断を受けた当初とはけっこう考え方が変わりました。

「基本的に、ヒューマンセンサーで1度出た測定結果は変わりません。
だから、占いのように何度も通う必要がないのです。」
(事故で頭を大ケガをしたり、生きるか死ぬかのレベルのストレスを受けたりすると、まれに利き脳が変わる事はあるそうです。)

こう言われた時は、なんてお得なんだ!と思いました。
しかしよく考えてみると、これちょっと違うかも?と思ったりします。
確かに測定結果はずっと変わらないけど、その解釈は変わるのでないか?と思うのです。

例えば、四柱推命という有名な占いがあります。
生まれた生年月日と時間から、その人の命式を出して占うのが四柱推命です。
この「命式」にあたるのが、利き脳の「測定結果」なんじゃないかな?と思うんですよ。
四柱推命では、この命式が変わることはありえません。
(例え、大事故にあって頭を打っても変わりません)

しかしながら、この命式の読み方は占い師によって違います。
同じ命式でも、占い師の解釈によって結果が変わってしまうのです。

四柱推命ができたのは、今から1,000年ぐらい前のことです。
その頃からずっと命式は変わりません。
しかし命式をどう解釈するかは、時代によっても誤差があるだろうし、占いの流派や占い師個人の考えで変わるんです。
同じ命式でも、下手したら1000年前とは真逆の解釈をするくらい変わったこともあるかもしれません。

実は私、少しだけ占い(紫微斗数)を習っていたことがあって、その時に先生に言われたことがあるんです。

先生先生

占いができた当時の時代の価値観と、今の価値観ではだいぶ違います。
例えば、当時の中国での良い結婚の判断基準は、結婚前よりも裕福になれるかどうかです。
見た目がどうとか、好きな人と結ばれるか?なんて概念自体がありませんでした。

これを今の価値観(好きな人と両思いになれますかあ?とか)に合わせて占ったら、そりゃー占い師によって言うことが変わってきますよね。

これってヒューマンセンサーにも同じことが言えるのでは?と思うのです。
利き脳を13タイプに分ける診断方法は、今の所ヒューマンセンサーでしか行なっていません。
しかし、利き脳測定が四柱推命レベルに世界中に広まれば、もっとさまざまな解釈が出てくるのでは!?
てなことを、ふと思ったんです。

ちなみに、右脳タイプの私に合っている職業としてデザイナーがありました。
クリエイティブで右脳タイプっぽい職業ですよね。
しかし実はAIって、デザイン分野がとても得意なんですよね。
未来には、デザイナーに向いているのは、AIをうまく使いこなせる人になるのかもしれません。
そうなるとデザインが得意なのは右脳タイプなのかな?左脳タイプなのかな?
この辺りも、時代によって変わりそうです。

だからですね、あんまり細かく診断結果の全てを受け入れなくても、いいんじゃないかな?と思うのです。
特に向いている職業とかは、おおまかな解説だけを聞くようにして、あくまでも楽しく生きていくためのヒントくらいに捉えるくらいがいいのかな?と。

自分の才能や生き方に悩んでいて、自分探しの旅をしている人や色んな占いに行きまくっている人は、1度ヒューマンセンサーを受けてみるのもいいんじゃないかと思います。
測定&説明会はとっても面白いし、何度でも無料で説明を聞きに行けますので。

sponsored link