←友人くちびるげが前々から気になっていたという、十日市町にある青葉という台湾料理屋へ行ってきました。
薬膳鍋が食べられるお店だそうです。

台湾名物料理「青葉」行ってきました

台湾料理 青葉
広島県広島市中区広瀬町7-2 Googleマップ
OPEN:(月〜金)11時半〜14時、17時〜22時/(土・日・祝)17時〜22時
定休日:不定休

青葉は、市電の十日市町駅から歩いて5分くらいのところにあります。住宅街の中にあるお店です。

ご機嫌なヒゲオヤジが迎えてくれます。
美酒佳肴(びしゅかこう)は、うまい酒とうまい飯って意味です。よね?

スポンサーリンク

店内の様子

店内には、漢方生薬のビンがズラリと並べられています。
漢方好きなので、これだけでテンション上がるぅう〜


くちびるげが18時からで予約してくれていたので、御予約席に座りました。
(写真に写ってる方じゃなくて、手前の席)

ゴチャゴチャした内装もイイ感じです。

さて、我々のお目当ては、この薬膳鍋「沙茶火鍋」です。
体に良さそう♪

食前の薬膳酒

まずは、食前の薬膳種を頼みました。
くちびるげが人参酒(右)を、私が棗酒(左)です。

思った以上にアルコールが強い。
小さなおちょこ一杯でも、なかなか飲みきれませんでした。
棗酒は、一口飲む度に火を吹きそうほどキツいけど、甘味もあって美味しいです。
これは体が温まります。

薬膳鍋の登場

来ました、薬膳鍋登場。
しめじに1本だけ椎茸風の切り込みが入ってます。
可愛い。

魚介はイカ、カニ、海老、貝類などなど、それに鶏肉も3種類くらい入ってます。
かなり豪華です。
いい出汁でそう。

写真からでは伝わらないけど、薬膳の香りがプ〜ンと漂っています。

グツグツと煮えてくると、さらに漢方の香りが広がります。

思った通り、濃厚な出汁が出ていました。
見た目通りの豪華な味わいです。
おいC

我々はいつものように陰謀論などについて熱く語り合いながら、薬膳鍋をつつきました。
ちなみに、この日は確か「地球は刑務所説」について話していた気がします、確か。

〆は、麺か春雨かを選べます。
炭水化物好きな私は、もちろん麺にしてもらいました。
最後までおいしくいただきました。

寒い冬に、薬膳鍋と薬膳酒の組み合わせは最高です。
びっくりするくらい体がポカポカになりました。

薬膳鍋の効果

青葉のレジに置いてあった薬膳鍋の説明プリントによると、こんな感じの事が書かれていました。

コラーゲン補給、免疫力、冷え改善、利尿、新陳代謝、ホルモン調整、滋養、体質改善、血管強化、松の実、鉄分、肌荒れ、浄血、アンチエイジング、風邪予防、鎮静

実際に食べてみて感じたのは、冷え改善かな?
薬膳鍋の効果か、薬膳酒の効果だかは分かんないけど、とにかく体がポカポカになりました。
体が熱くなるというよりも、温泉に入った後みたいなポカポカです。

sponsored link