満腹トド

どうしてもミャンマー料理が食べてみたい!!と思って探してみたら、なんと広島にあった!!
これは凄い事ですよ。
ミャンマー料理屋は、食べログで調べてみても、全国で10件も無いくらいレアな存在なのです。

だいたいミャンマー料理屋は、「リトル・ヤンゴン」とも呼ばれる東京の高田馬場に集まってます。(孤独のグルメに出てきたのも馬場の店)
その他、静岡・兵庫・沖縄にあるみたいですが・・・圧倒的に少ないです。
そんなミャンマー料理屋が広島にもあったんです!!

これは行くしか無い。
てことで、友人くちびるげと共に行ってきました。

ミャンマー食堂

佐伯区役所前駅から歩いて行ったんだけど、知らない土地なので30分くらいかかっちゃいました。
事前に地図を見た感じだと10分くらいかと思ったんだけど、歩きだと早くても20分はかかりますね。

ず〜っと大きな道(県道290号線)を歩いていたら、ようやくミャンマーの国旗の色の看板が見えてました。

▼わかりやすい看板
看板

お店の前には金持亀という縁起の良さそうな石像がいました。
是非なでまわしてからご入店下さい。

▼撫でるときっと、いいことあるよ!と書かれている。
金持亀

亀を撫でたら、突入!

ミャンマー食堂

ミャンマー食堂
広島県広島市佐伯区五日市5丁目4−25 のっぽビル1F Googleマップ
OPEN:17時〜翌2時
定休日:火曜日

店内は、和風な感じですが、ところどころにミャンマーらしさも・・・

▼カレン族(カヤン族)の絵
カレン族

そしてなんと、このお店は食券制w

食券機

ミャンマー料理を知らない日本人には、いきなり食券機は難易度が高すぎるぞ・・・と、思ったけど、店員さんが、「席でメニューみてからで大丈夫です」と言うので、まずは席でメニューを確認する事にした。
この店員さん、日本語は怪しかったけど、とても親切で感じ良いです。

sponsored link

ミャンマー料理

ミャンマー食堂メニュー

キンムンチにアーモンチョ!?いきなり初めて聞く食べ物の名前だ・・
何の説明も無く、写真で判断しろよ!!的なメニューです。
でも、説明が無いのが、かえって好奇心を刺激されて両方とも注文しちゃいました。
こういう作戦なのか??

ミャンマー食堂メニュー1

ミャンマー食堂メニュー2

どのメニューも美味しそうじゃないっすか!!
食べてみたかった茶葉飯セットとミャンマープレートに、もやしの炒め物等を注文してみました。

▼あれ?空芯菜の上に「ニワトリノクロズアンカケ」って書かれてるw

実は私、一度だけミャンマー料理食べた事あるんです。
新大久保のヤッタナーっていうミャンマー料理屋さんで、今はもう潰れちゃったんだけど、15年以上前に会社の昼休みに同僚とランチを食べに行った事がある。
その時は確か、お店の人が熱心に「日本人はミャンマー料理もタイ料理も一緒って思う人多いけど、全然違いますからね。ミャンマーの方が優しい味ですよ。」って説明してくれた記憶がある。
んで、確かに「タイ料理っぽいかと思ったんだけど、かなり違うなぁ。」って感じだった気がする。
でも、もう15年以上前のことだから味なんて全然覚えていない・・・

キンムンチ

まずは、キンムンチという得体の知れないおつまみ(?)が来た!!
乾燥海老と、茶葉を炒めたものかな??
これは、ビールとかご飯とかに合いそうな味です。

この茶葉は、ラペソーって言うミャンマーの「食べるお茶」ってやつだと思われます。
茶葉(緑茶)を発酵させているらしいので、体には良いはず。

アーモンチョ

続いて、同じく得体の知れないおつまみアーモンチョの登場。
あ、これは、えびせん的な奴ですね。

アーモンチョ

辛そうなタレをつけて食べます。
ちょっとしょっぱいけど、つまみとしては優秀です。
ビールが進みます。

もやしと厚揚げ炒め

もやしと厚揚げ炒め。
あらやだ、これ旨い。
これは、乾燥もやしってやつ?違う?
何か凄く美味しいんですけど〜

そして、メインの米料理。

ミャンマープレート

ゲゲゲー!!
ミャンマープレートが想像の2倍くらい大きかった。
大丈夫か?これ食べきれるか??

この真ん中のチャーハン?みたいのを食べて、少しだけ15年前に食べたミャンマー料理を思い出しました。
見た目は普通なので「こんな味かな?」って想像して食べるのと、実際に食べた時の味が違うのです。
シンプルで優しい味付けなんだけど、なんか異国の味がする・・・これがミャンマー料理だ。

ラペソー

食べるお茶「ラペソー」もついてきました。
ラペソーは、美味しいわけでも不味いわけでもないんだけど、とにかく初めて食べる味!!って感じです。
タイ料理やベトナム料理とは全然違う。多分日本人にとっては新しい味ですよ。

茶葉飯

そして、ラペソーを使った茶葉飯。
揚げたひよこ豆かな?ピーナッツかな??とにかく豆類と茶葉が入ったチャーハンも、初めて食べる味。

旨い。

旨いんだけど・・・量が多すぎて大変。
これ多分2人前くらいの米の量なんですよ。
一人で、茶葉飯だけ食べてもお腹いっぱいになれる量なんですよ。

最後の方は「ハァハァ」良いながら詰め込みました。

箸休め的な感じで、テーブルに置いてあった唐辛子パウダーでも舐めて休憩。

▼このチリパウダーは、そんなに辛く無い

香ばしくて、旨味もある唐辛子パウダーです。

先にビールやらつまみやらを食べていた私たちは、とどめの米料理で腹パンパン。
前チャックは途中まで下ろしたままで、店を出ました。
途中で止まったまま下がらないYKKのチャックは優秀ですね。

それにしても、ミャンマー料理はまだまだ未知の世界で、もっともっと知りたい&食べたいって思います。
エスニック料理が好きなので、しょっちゅう食べてるんだけど、初めての味に出会えるなんてなかなか無いんですよね。

帰ったらミャンマー料理作りにも挑戦だ!!

sponsored link