トド江カボチャ

日本ではなかなか売られていない韓国カボチャを育ててみます。
韓国カボチャは炒め物やチゲ類に入れて食べると、と〜っても美味しいんです。

韓国かぼちゃとは?

韓国かぼちゃと呼ばれているものはエホバク(애호박)と言って、ズッキーニに似ているカボチャです。
エホバクは、ズッキーニよりも皮の色は薄いけど実の色は濃い(黄色い)です。
無理やり違いを例えると...ズッキーニはきゅうりに近く、エホバクはナスに近い感じ?かな。
まあ、韓国ではズッキーニのことも「ズッキーニ エホバク」と言うみたいなので、ズッキーニもエホバクの一種なんだと思います。

ちなみに、日本で一般的にみかけるカボチャは「甘いかぼちゃ」という意味のダンホバクといいます。

で、今回育ててみるのは、エホバクのマッチャンという品種です。
日本の種メーカー(サカタのタネ)から販売されているものを使います。
名前の意味は、おそらく「味最高」という意味のマッチャン(맛짱)じゃないかな?と。

マッチャン栽培記録

マッチャンの種

3粒植えます。
大きいタネは扱いやすいですねー

発芽温度は25~30度で、だいたい1週間もすれば発芽するそうです。

4月19日 種まき

韓国カボチャ種まき

暖かくなって来たけど気温はまだ20度を超えていないくらいなので、発芽まではちょっと時間がかかるかな?

5月5日 発芽

韓国カボチャ発芽

種まきしてから15日目で、1つだけ発芽しました!
この日は曇りだけどジメジメしていて、最高気温が25度くらいでした。

5月10日 本葉

韓国カボチャの発芽

本葉が出て来ています。(真ん中に)
しかし、あとの2つは発芽する気配なし...

5月21日 植え替え

朝水やりをしようと思ったらしおれていたので、あわてて庭に植え替えました。
もう少し大きくなってから植え替えたかったんだけど仕方ない。

発芽しなかった2つは諦めました。

== 続く ==

sponsored link