ハヤシドビーを持つトド江
懐かしいパッケージにつられて、即席ハヤシドビーという物を買ってみました。
この懐かしいカレー粉(ハヤシ粉?)を使って、調理してみます。

即席ハヤシドビーとは

ハヤシドビー

ハヤシドビーは、昭和20年創業の株式会社オリエンタルが発売しているハヤシライスの粉です。
同じくレトロなパッケージで有名な「即席カレー」の姉妹品です。

ハヤシドビーの原材料

原材料名

小麦粉、豚脂、トマトペースト、食塩、砂糖、香辛料、ピーナッツバター、オニオンパウダー、クリーミングパウダー、トマトパウダー、チキンパウダー、粉末ソース、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(原材料の一部に乳成分・大豆を含む)

ハヤシドビー

ハヤシドビーの粉は、もっと焦げ茶色かと思ったんだけど、明るい黄土色でまるでカレーの粉みたい。
香りは、なんかガラムマサラみたいな香りがします。
ハヤシってこんな香りなんだっけ?
凄くインドっぽくて、私的にはたまらん香りです。

※間違えて、カレーの材料でハヤシドビーを作ってしまいました。
作り方は、カレーを作る要領でカレールーの代わりにハヤシドビーを入れただけです。

カレーの材料でハヤシドビーを調理

ハヤシドビー

うっかりカレーを作るつもりで煮込んでいた鍋に、即席ハヤシドビーを一袋(5皿分)入れます。
(材料は、にんにく・唐辛子・じゃがいも・玉ねぎ・椎茸・ダルにローリエを二枚程です)

ハヤシドビー粉

見た目も香りもハヤシではない感じです。
なんだろう、この、ちょっと甘い様なインドっぽい香り?
やっぱりガラムマサラみたいな香りが強いです。(とてもいい香りです)

ハヤシドビーを食べてみた

ハヤシドビーでカレーが出来た

見た目は完全にカレーです。(毎度の事ながら、盛り過ぎている)

ハヤシドビー

なんと、驚いた事に・・味もカレー!!でした。
ガラムマサラが凄く効いているカレーの味がします。

あれれ??

原材料にある「香辛料」というのが気になりますね。
この中にターメリックとかクミンとかカレーぽいスパイスが入っているのかな?
ここにチリパウダーを足せば、私好みのインド風カレーの味になりそうな感じです。

旨いのか不味いのかで言うと、意外にもハヤシドビーはとても旨かったです。

そして想定内でしたが、5皿分のハヤシドビーは3回で食べ終わりました。
よくあることです。

本当は「即席カレー」を買いたかった

まだある

「ルウ」というものが一般化する以前、家庭でカレーを作るには、まず「コレー粉と小麦粉をバターでひたすら炒め続ける」という工程からはじめなければならなかった。
かなり手間のかかる料理だったのだ。「オリエンタル即席カレー」は、そうした時代に画期的な商品として登場。

引用元:書籍[まだある。食品編 改訂版 (大空ポケット文庫)]

最初に私が買おうとしていたのは、こっちの商品です。

本を読んいてで「カレールウの元祖か〜試してみたいな〜」と思って、買いに行ったんです。
でも、原材料を見たら牛脂とビーフエキスが入っていたから諦めて、その隣にあったハヤシドビーを買ったのです。

結果としては、ハヤシドビーでも全く問題なく美味しいカレーが作れました。

sponsored link