ラッシー

みんな大好きなラッシーを作ります。

ラッシーとは…って、知らない人はいないと思うけど、インド版の飲むヨーグルトの事です。
牛乳とヨーグルトを撹拌するだけで作れる、簡単で美味しい飲み物の事です。

ラッシーには二種類の味付けがある

本場インドのラッシー
本場インドのラッシー

インドでラッシーを頼むと、基本は超甘〜いラッシーが出てきます。
砂糖を少しにしてくれって注文しても、だいたい凄く甘いです。

実は、ラッシーにはスウィート(砂糖)とソルティ(塩)があって、ソルティを頼むとしょっぱいラッシーが出てきます。
甘いのが苦手な人はソルティを…と言っても、ソルティは、なんていうか、プレーンヨーグルトに塩を入れた感じの飲み物なので、美味しい♪って感じでもないんですよね。

ある日インドのカフェで、店員さんに「俺のオススメはスウィート&ソルティだぜ」って言われたので、期待して頼んでみたんだけど、砂糖が圧勝していました。
甘かったです。
凄く甘かった。
ほのかに塩味がした気もするけど、基本は砂糖をドバドバ入れる物みたいです。
甘さ控えめとかいう考えは無いのかな。

でも、スウィート&ソルティは、量を控えめにすればとっても美味しく仕上がります。
自分で作る時はスウィート&ソルティがオススメ。
まあ、砂糖や塩は好みで調節して下さい。

今回は、ノーマルラッシーだけではなく、豆乳や豆乳ヨーグルトを使ったラッシーも作ってみます。
基本の分量は、ノーマルラッシーと同じです。

sponsored link

ノーマルラッシーのレシピ

ラッシーの材料

1杯分(300ml)の材料

  • プレーンヨーグルト 150ml
  • 牛乳 150ml
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩 少々
  • シナモン、ミントなど お好みで

シナモンを入れる
【1】材料をミキサーに入れる
ヨーグルトと牛乳を、1対1の分量で入れるのが基本です。
砂糖や塩を入れて、お好みでシナモンパウダーを入れても美味しいです。

ミキサーをかける
【2】ミキサーで混ぜる
あとは、ミキサーで混ぜるだけで完成です。
非常に簡単です。

ラッシーの作り方

塩を入れ過ぎると「ん??」っていう微妙な味になっちゃうので要注意。
ちょこっと入れるくらいが美味しいのです。
辛〜いカレーと一緒に飲みたいラッシーです。

シナモンラッシー

ミキサーで混ぜる時にもシナモン入れたんだけど、更にとどめのシナモンパウダーを振りかけました。
個人的にはシナモンどっさりが好きです。うまいよ。

ミントラッシー

こっちは、スペアミントの葉を浮かべました。
もっとミント感を出したいなら、ミキサーで一緒に混ぜると良いです。
ちなみに、ミントラッシーはインドでも飲まれています。

豆乳ラッシー実験

豆乳ラッシー

では、豆乳ラッシーも作ってみます。

◎ノーマルラッシー(ヨーグルト+牛乳)
◎豆乳ラッシー(豆乳ヨーグルト+豆乳)※完全植物性
◎牛乳の代わりに豆乳を混ぜたもの(ヨーグルト+豆乳)
◎ヨーグルトの代わりに豆乳ヨーグルトを混ぜたもの(豆乳ヨーグルト+牛乳)

以上、4パターンの組み合わせでラッシーを作ってみました。

豆乳は無調整豆乳を使ったんだけど、調製豆乳だとまた味が変わるかも。
豆乳ヨーグルトは手作りの物を使ったけど、市販の物を使った方が、味が安定しているので良いと思います。

▼豆乳ラッシー(左)、ノーマルラッシー(右)
豆乳ラッシー

比べてみると、微妙に豆乳を使った方が茶色っぽくなるんですね。
味もかなり違います。

ノーマルラッシー【ヨーグルト+牛乳】
ノーマルラッシーです。普通に美味しいです。まさに飲むヨーグルト。

豆乳ラッシー【豆乳ヨーグルト+豆乳】
植物性ラッシーですね。ちょっと酸味が強い。サッパリだけど、あんまりラッシーぽくない。

【ヨーグルト+豆乳】
ノーマルラッシーよりも濃厚な味に感じます。豆乳を使うと泡立ちも凄くなるみたい。

【豆乳ヨーグルト+牛乳】
ノーマルラッシーよりも薄い味に感じます。ちょっと物足りなく感じる。

ということで、4つの組み合わせを飲んでみましたが、1番美味しかったのは【ヨーグルト+豆乳】でした。
濃厚で飲み応えがあるし、ラッシーっぽいけど豆乳の味も感じられて美味しい。

みんなも、試してみてください。