ムオイ オト トムを使ったレシピ

ムオイ オト トム(muoi ot tom)っていうベトナムの粉末調味料を買ってみました。
えび塩のことみたいです。

ベトナムのえび塩「ムオイ オト トム」とは

muoi-ot-tom

「エビ味の塩か〜、漬物に使ったら美味しいかも!」と思って、これをキュウリに塗り込んでみたけどイマイチでした。
炒め物に使ったりする物なのかな?

muoi-ot-tom

原材料はこんな感じです。

食塩、唐辛子、干しえび、にんにく、砂糖

アミノ酸やグルタミン酸は入ってないので、だしの素や味の素代わりにはなりません。

海老とニンニクが入ってるので、炒め物やラーメンに振りかけたら美味しいかも。
肉に振りかけて焼いてもいいかな。

muoi-ot-tom

そのまま舐めてみました。
う〜ん。
味は塩っていうよりも...火を通した方が旨そうな味です。


えび塩( 粉末調味料)ムオイ オト トム

ベトナム風もやし炒めレシピ

試しに「ムオイ オト トム」を使って、もやし炒めを作ってみました。

sponsored link

材料

もやし炒めの材料

2人分です

  • もやし 1袋(200g)
  • ニンニク 2片
  • 唐辛子 2本
  • 砂糖 小さじ1/2
  • ニョクマム(又はナンプラー) 小さじ1程度
  • 海老塩 適量
  • ピーナッツ 少々
  • パクチー 少々

豆もやしを使いましたが、普通のモヤシでも大丈夫です。

作り方

もやしのシッポ
【1】もやしのシッポを取る
面倒だけど、もやしのシッポは取った方が美味しくし上がります。

もやしをゆでる
【2】もやしを茹でる
沸騰したお湯で、もやしを1〜2分間茹でます。
その後、流水で洗って水気を切っておきます。

別に茹でなくてもいいんだけど、ベトナムの空芯菜炒めが茹でてから炒めるレシピだったので、茹でてから炒めてみました。

もやしを炒める
【3】もやしを炒める
フライパンに油をひいて、にんにくと唐辛子を軽く炒めます。
そこへ水気を切ったもやしをいれて、一緒に炒めます。

ニョクマムを入れる
【4】味付けをする
ニョクマムと砂糖を入れて、炒めながら全体を良く混ぜます。

エビ塩を入れる
【5】えび塩をふりかける
最後にムオイ オト トムをふりかけて完成。

ピーナッツと刻んだパクチーも振りかけてみました。

ベトナム風もやし炒め

ちょっとピリ辛なもやし炒めです。
もやしは一度茹でているのに、思ったよりもシャキシャキとした仕上がりになった。
強火でサッと炒めたからかしら。

ベトナム風もやし炒め

エビ塩は、なかなかいい感じです。
肉無しだけど、これだけで満足できる味です。

業務スーパーにも似たようなベトナムのえび塩が売ってるみたいです。
えび好きは是非おためしあれ。

sponsored link