サテトム

ベトナムの人気調味料サテトムを使ってみました。
サテトムは、エビ風味のチリペーストです。

サテトムとは

ベトナムのサテトム

サテ=ペースト、ソース
トム=エビ

という意味みたいです。

サテは、中国の沙茶醤のサーチャーと同じ意味なんだとか。
さらに調べてみると、沙茶醤は東南アジアのサテソース(焼き鳥につけるソース)から来ているらしいです。

原材料は...ベトナム語なんで分かりません!
そうだ、グーグル先生に聞いてみよう。
翻訳したい部分のベトナム語にカメラを向けてポチッとな...

あら?
何度やってもヘンテコな翻訳が...
狡猾とかずるいずるいって何だろう(笑)

どうにかして調べてみました↓
(正確では無いと思います)

原材料:唐辛子、食塩、玉ねぎ、ガランガル 、食用油、酢、ニンニク、エビペースト、調味料、保存料

使い方1:そのまま使う

使い方は、そのまま使ってもOKだし、料理に使ってもOKとのことです。
実際にこれで料理を作ってみたんだけど、火を通すと辛さがけっこう弱まります。
なので、個人的にはこのまま使う方が好きです。

まずは、そのままのサテトムを使ってみました。

sponsored link

麺料理に

まずはベトナムの定番料理、フォーに混ぜて食べてみました。
けっこう辛さが際立ってます。
普通のラーメンや、焼きそばに入れても美味しいと思います。

炒め物に

オイスターソースで炒めたシンプルなもやし炒めに、サテトムを少しずつ混ぜて食べました。
実は最初サテトムも一緒に炒めたんだけど、あんまり味と辛さがわからなかったので、やはり食べるときに加える方が良いと思います。

揚げ物に

コンビニのチキンを乗せただけのチキンライスです。
ご飯とチキンにサテトムを加えて混ぜて食べたら、けっこう辛くて美味しかったです。
これ簡単なんで、おすすめです。

チャーハンに

かなりシンプルなチャーハン(質素ともいう)に、サテトムを加えてみました。
なかなか合います。

使い方2:サテトムを使ったレシピ

サテトムを使って、ソースを作ってみました。
さらにそのソースを使った簡単レシピも。

みそソース→チキンライスに

鶏ささみ肉のチキンライスレシピ

安くて超かんたんだけど、けっこう美味しいんですよ。

みそソースの材料(2人分)

・タオチオ(または味噌) 小さじ2
・しょうゆ 大さじ1
・にんにく 1片(すりおろす)
・サテトム 小さじ1
・酢 小さじ1
・パームシュガー(または砂糖) 小さじ1

すべての材料を混ぜるだけです。
味噌を使うなら白味噌がおすすめです。
生のにんにくは臭いが気になる!という場合は、刻んだネギに変えても良いと思います。

チキンライスの材料(2人分)

・みそソース 
・鶏ささみ肉(もしくは胸肉) 2本
・チキンスープの素 1個
・お好みでパクチーなど 適量

1.チキンスープの素を入れた鍋で、鶏肉を茹でます。
2.鶏肉に火が通ったら、スープをみそソースに加えます。(大さじ2くらい)
3.ささみ肉はほぐして、白飯の上に乗せます。
4.その上からソースをかけるだけで完成!

さっぱりソース→もやしの和え物

簡単エスニックなもやしレシピ

エスニックなナムルみたいな和え物です。
さっぱりとした酸味が美味しい!

茹でたもやし(1袋)に、作ったソースを和えるだけの簡単な和え物です。

さっぱりソースの材料(2人分)

・食用油 小さじ1
・ナンプラー 小さじ2
・にんにく 1片(すりおろす)
・レモン汁 小さじ2
・サテトム 小さじ1
・パームシュガー(または砂糖) 小さじ1

これも、すべての材料を混ぜるだけです。
同様に臭いが気になる場合はニンニクを刻んだネギに変更してね。

もやし和えの材料(2人分)

・さっぱりソース 
・もやし 1袋

1.もやしを茹でます
2.よ〜く水気をきってから、さっぱりソースに和えるだけです。

ぞうきん絞るみたいにして、水気をきったほうが良い。

食べるラー油→ご飯にかける

エビとニンニクと油に辛味も混ぜて美味しくないわけがない!
とてもご飯が進むラー油です。

食べるラー油レシピ

食べるラー油の材料(2人分)

・干しエビ 5g
・にんにく 1片
・ネギの白い部分 適量
・食用油 大さじ1
・ナンプラー 小さじ1
・パームシュガー(または砂糖) 小さじ1/2
・サテトム 小さじ2〜3

食べるラー油の作り方

1.ニンニクとネギの白い部分をみじん切りにする
2.フライパンに油を引いて、ニンニクとネギを炒めます。
3.桜エビを炒めます。
3.砂糖、ナンプラー、サテトムを加えます。

さらに、火を止めてからサテトムを少し混ぜると美味しい。

食べるラー油レシピ

白いご飯に乗せて...うまい、うますぎる。

sponsored link