テンジャンチゲ
1人分 20分 400円

テンジャンチゲは、韓国の味噌「テンジャン」を使った味噌鍋ですが、日本のみそ汁的な感じで家庭でも良く作ります。

韓国味噌は、日本の味噌と同じく、スープや鍋料理に使われます。
また、サムジャンと呼ばれる野菜に付ける味噌を作る時にも使われます。
(サムジャンの作り方は、テンジャン(韓国味噌)に、コチュジャン、胡麻、ごま油、玉ねぎ、にんにく、ネギなどを刻んで混ぜる)

煮立てる程に美味しくなる韓国味噌

テンジャンチゲレシピ

日本は最後に味噌を入れて、沸騰させない。
韓国は最初に味噌を入れて、沸騰させる。

これは、日本のみそ汁と韓国のテンジャンチゲ(味噌鍋)の作り方の違いです。
似ている様で似ていないのは、作り方に違いがあるからなのです。

日本の味噌は、沸騰させると風味が損なわれるので、沸騰させない様にします。
一方の韓国の味噌は、沸騰させればさせる程、風味が増すと言われているので、最初に味噌を入れて煮立てて使うのです。
しかも、韓国味噌は、ガンガン沸騰させても成分が失われる事はないそうです。

ということで、韓国味噌を使った鍋は超楽チンです!!
最初に味噌を入れて、材料を煮込むだけで美味しくなるんだもん。

韓国土鍋があると、さらに調理が楽チンです。

sponsored link

テンジャンチゲの材料

肉みそ鍋の材料

  • だし汁(出汁は煮干し) 2カップ程度
  • 木綿豆腐 1/3丁
  • 豚肉 お好みで(少量でOK)
  • ネギ 10センチ程度
  • 韓国カボチャ 50g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • じゃがいも 1/2個
  • 青唐辛子 1本
  • ニンニク 1片(みじん切り)
  • コチュカル(粉唐辛子) 大さじ1
  • テンジャン(韓国味噌) 大さじ1強

ズッキーニで代用しました。

作り方

材料を切る
【01】材料を切る
全部の材料を同じくらいの大きさ(小さめ)に切ります。
青唐辛子は無しでもOKですが、入れる場合は切った後に、水道水で種を洗い流した方が良い。(凄く辛いので)

韓国味噌を溶く
【02】味噌を溶く
煮干しから取ったダシ汁に、豚肉を入れる。
次に、テンジャン(大さじ1強)を漉しながら入れる。

切った野菜を入れる
【03】材料を入れる
最初に切った材料を次の順番に入れて行く。
じゃがいも→ズッキーニ→玉ねぎ→唐辛子→にんにく→豆腐→コチュカル(粉唐辛子)→ネギ
(火の通りにくい材料を下の方にします。)

煮込む
【04】煮立てる
あとはグツグツと煮立てて、材料に火が通ったら完成!!
とっても簡単だよ。

テンジャンチゲレシピ

韓国では、焼肉屋に行くと必ずサービスでテンジャンチゲが出て来ます。
白いご飯とテンジャンチゲと焼肉は、韓国焼肉の定番!!

韓国味噌鍋

テンジャンチゲは、麦ご飯や玄米ご飯との相性もバッチリです。
ヘルスィーだけど、トド腹大満足のテンジャンチゲ。